音楽編集アプリをiPhoneで使うには?おすすめアプリもご紹介

2019.02.23

スマートフォンの中でも人気の高い『iPhone』ですが、対応アプリの数もスマホの中では最大です。特に音楽編集アプリの進化には勢いがあり、簡単にプロ並みの編集ができると評判です。そこでここではおすすめの音楽編集アプリを紹介します。

iPhoneで音楽編集をするには?

iPhoneは、最初から備わっている機能が多様で、特にアプリを追加しなくても、色々なことができます。

ただ、ちょっとアプリを追加すれば、ひと昔前ならプロレベルでなければできなかったことが極めて簡単にできるようになっています。特に音楽編集アプリは有能なものが多く、音楽好きな人なら楽しめる機能が多く備わっています。

音楽編集アプリを使う

音楽編集アプリをiPhoneにダウンロードすれば、好きな音源を自在に編集し、共有できます。アプリの使い勝手もよく、色々と工夫されており、性能の高いアプリがたくさんあります。

オリジナルの演奏や歌の音源、あるいはお気に入りの音楽を自分のセンスで自由に編集する作業は、音楽好きにはたまらないものです。

選ぶ際はユーザーの評価を参考にする

ほとんどのアプリについて『ユーザーの評価』をネット上で読むことができます。もちろん評価の全てを鵜呑みにするのはよくありませんが、全体的に眺めれば大体の性能を知ることができ、使うかどうかの参考になるでしょう。

音楽のタグ編集はiTunesで行おう

たいていの音楽ファイルには曲名やアーティスト名、アルバムタイトルなどの情報(タグ)が書きこまれています。

多くの場合は正しい情報が入力されていますが、ジャケット写真がまったく関係のないものになっていたり、同じアーティストでも別のアルバムだったりなど情報が間違っていたり欠損していたりすることもあります。

また、データベースに情報自体がない音楽ファイルもあるでしょう。

こうした場合に修正を施す方法はないのでしょうか?iPhone上ではできませんが、パソコンでiTunesを使えば、書き換え、修正が可能です。

iPhoneの音楽動画編集おすすめアプリ

動画編集アプリを利用すれば、音楽の編集が可能です。音楽と動画をリンクさせることができますから、iPhoneでムービー付きの音楽として楽しめるデータを作れます。おすすめの動画編集アプリを紹介しましょう。

音楽付きの動画を簡単に作成編集 InShot

『InShot』の特徴は使いやすさに加えて機能の豊富さです。しかも『縦画面のまま動画編集』ができます。保存してそのまま、インスタグラムのストーリーにのせることができるのも人気の理由です。

InShotはトリミング、トランジション(次の画面への変わり方)の設定、速度調整、音楽の追加ができます。

フィルター適応やテキスト追加、ステッカーの追加などもできるため、パソコンで編集作業をするのと同等の機能を備えているといえます。

時間制限なし VideoShow

「インスタのストーリーで知り合いや友達と差をつけたい」という人にうってつけのアプリが『VideoShow』です。動画編集をした経験がなくても、スマートフォンで手軽に動画編集ができるアプリとして人気があります。

写真・動画・音楽などスマホ内にストックしてあるものを題材にして編集ができるアプリです。動画の時間制限がなく、無料で多くの機能を利用することができます。

初心者でも簡単 VivaVideo

『VivaVideo』は操作がシンプルで、使いやすいアプリです。特別な操作をしなくても、簡単にきれいな動画ができあがります。あまりこだわらず、気軽に編集をしたい人におすすめです。

様々な機能も魅力的 Perfect Video

『Perfect Video』は使いやすくて機能が満載のビデオ・スライドショーの編集アプリです。無料版と有料版があります。

クリップの切り取り・結合・逆再生・分割・回転・反転、字幕・モザイクの追加、ビデオクリップの書き出しなど、これらすべての操作が簡単にできます。

ダンス曲の編集にも PicPlayPost

ダンスに使う曲を編集し、ダンス動画を作るなら『PicPlayPost』がおすすめです。ダンス動画を利用して練習したり、動画をSNSで共有したりするのにも使えます。

スローやコマ送りで振り付けの細かい部分を確認するという使い方も可能です。上手にアプリを使えば、とても効率よく振り付けの解析や復習を行うことができます。

カットして自動調整してくれる Quik

クールな動画を作成したいときに使えるアプリが、本格的な動画を自動編集できる『Quik』です。まず編集したい動画を選択して、次に自分のお気に入りのスタイルを選びます。

フィルター・グラフィックの変更もできます。必要な場合には、動画に音楽を添えることも簡単です。音楽をカットして自動編集までしてくれるので便利ですね。

トリミング・絵文字も自由自在に使えて便利です。編集が終わるとスマートフォンに保存できて、お気に入り動画が作成できたらSNSで共有することもできます。

若年層に人気 MixChannel

楽曲のサビやある特定の部分、気に入った部分だけを動画で使いたいなら『MixChannel』がおすすめです。

BGMが動画とマッチしていない部分があったり、盛り上げたいところにサビがこなかったりするときこそ、MixChannelの出番です。

楽曲を部分的に使いたいときは、切り取って編集することができるアプリでうまく編集して楽しみましょう。

iPhoneの音楽編集アプリ

次に、純粋に音楽編集のためのiPhoneアプリを紹介します。

様々な加工に GarageBand

『GarageBand』を使うと楽曲の編集が自在にできて、共有も簡単です。

Macユーザーには以前からなじみのソフトウェアですが、最近のiPhoneには標準搭載されている音楽編集アプリです。

iPhoneに入っている曲にさまざまなエフェクトをかけたり、音源を部分的にカットして着信音にしたりなど、色々な使い方ができます。

音楽編集機能が充実 Audio Editor

『Audio Editor』はいくつもの音声ファイルをミックスしたり、エフェクトを追加したりできるミキシングアプリです。その高度な編集内容の一部を抜粋すると、以下のとおりです。

  • プロ並みのキミシング(再生速度変化・音程増減・音声変更・イコライジング等)
  • 音楽編集・複製・順番付け・カット・拡縮
  • 音楽組み合わせ(複数ファイルを1つにする)
  • 着メロ設定

このように音楽編集機能が充実していて、色々な場面で使える高性能なアプリと言えます

iPhoneの音楽編集アプリを使いこなそう

iPhoneで使える音楽や動画の編集アプリは、かなりの数があります。機能もどんどんと進化していて、操作が簡単であったり自動作成ができたりと、ハードルも低くなっています。

ぜひ自分に合うアプリを見つけて使いこなし、音楽ライフを楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME