リュック人気メーカー一覧と特徴。自分だけの理想のアイテムを探す

2019.02.23

アウトドアでもタウンユースでも、最近ではビジネスシーンでもリュックを背負っている人を多く見かけます。毎日愛用するリュックは、収納力や機能性はもちろん、デザイン性が高いものを選んで、理想的なファッションを作り上げましょう。

メンズリュック選びのポイント

モデルや、街で見かけるお洒落な人がリュックを背負っているとカッコイイですが、コーディネートやリュックの選び方を間違えると、子供っぽく見えてしまう可能性があります。

リュックコーデをお洒落にキメるために、押さえておくべきポイントを紹介します。

機能性とデザインの両立が肝心

理想的なリュック選びには、『機能性』と『デザイン良さ』の両方を重視しましょう。まず、シーンに合わせた収納力が大切です。

登山やアウトドア用なら大容量のもの、タウンユースなら『デイパック』と呼ばれている、20L容量程度のものを選ぶのがおすすめです。

色合いは、アウトドアであれば奇抜な色味を選んでも良いですが、普段のファッションに取り入れるのであれば、シンプルなカラーをおすすめします。

またリュックには、少しごつめに見えるフラップ型や、丸みのあるラウンド型、スタイリッシュなスクエア型と、形も色々あるので、自分に合うスタイルのものを選びましょう。

品質重視で選ぶメンズリュックメーカー

まずは、各種人気ブランドの品質を見ていきましょう。

素材や、縫製や組み立てが良く、ブランドのポリシーが洗練されているものであるかどうか等を踏まえてリュック選びをしてみましょう。

メンズリュックの定番、ザ・ノースフェイス

アメリカ・サンフランシスコ発祥のアウトドアブランドメーカー『ザ・ノースフェイス』のリュックは、アウトドア用品として厳しい品質基準に基づいて生産され、登山家からタウンユーザーまで幅広い愛用者がいます。

引き裂きや摩擦強度に優れているものや、通気性・耐水性に優れた素材を使っているものなど、アウトドアならではの耐久性とデザイン性を兼ね揃えたリュックが揃っています。

また、レインカバーが付属しているもの、背面がメッシュ素材で通気性が良いもの、ショルダーストラップ付きで負担軽減できるものなどもあります。

容量は10Lから30Lのものまであり、単色カラーや柄物までデザインが豊富なのも魅力です。

ビジネスリュックが人気のエース

『すべての移動を旅と捉え、その旅を快適にする最適なカタチを提供』する日本ブランドの『エース』は、日本の美意識や感覚などを大切にしながら、それぞれのユーザーに合わせた品質や機能を持ったリュックを生産しています。

書類やPC・タブレットなどの収納はもちろん、ペットボトルや弁当箱を収納することまで考えて作られたリュックは、ビジネスシーンに人気です。

夜間の自転車通勤の為に、LEDライトが搭載されたリュックや、キャリーケースのハンドルに装着できる機能が搭載されたものもあり、通勤や出張など忙しいビジネスマンをサポートするリュックが揃っています。

30~40代に支持されるマスターピース

吟味されたセレクトショップとのコラボ商品も展開している『マスターピース』は、30〜40代のファッション通に人気のブランドです。

1994年に創業して以来、時代のニーズに合わせて様々なカバンを生産してきたマスターピースの商品は、強度、撥水性、軽量性にこだわり、国内外から選び抜かれた素材を使って、職人の手により1点1点丁寧に作り込まれています。

他にはない、異素材を組み合わせた特徴あるデザインは、大人カジュアルなファッションに取り入れるのにおすすめです。

おしゃれな男性に人気のリュックメーカー

おしゃれセンスのある男性には、海外のリュックブランドが人気です。

スウェーデン王室御用達のフェールラーベン

きつねロゴの『カンケン』の呼び名でお馴染みの、『フェールラーベン』は、北極のグリーンランドや灼熱砂漠のオーストラリアなど、地球規模で徹底したフィールドテストを行い、その真の快適性を追求した商品作りをしており、スウェーデン王室御用達のブランドに認定されています。

全26色の豊富なカラーバリエーションに、ツートーンカラーのものもあり、7Lから最大27L容量のまであります。

アクティブな男性から支持されるニクソン

腕時計メーカーとして有名な『ニクソン』は、サーフ、スノー、スケートスポーツのトップアスリートの多くが支持し、愛用しています。

スポーティでありながらカジュアルに合わせやすく、コーディネートのアクセントになるスタイリッシュなデザインが多く取り揃えてあります。

アウトドアや登山リュックメーカー

アウトドアや登山用のリュックブランドには、カジュアルブランドにはない機能が付いているものもたくさんあります。

何より、背負っている時の快適さや、体への負担の軽減などが考慮されている点がおすすめのポイントです。

軽量で高品質と評価されるオスプレー

カリフォルニア生まれの『オスプレー』は、創業以来、登山家の為のオーダーメイドバッグを製造し、彼らのフィードバックを基に、限りなくユーザーの理想に近い製品を開発しています。

『オスプレー』には、それぞれの人に快適な背負い心地を提供する為に、各モデルS・M・Lサイズと、男性用・女性用に別れたデザインがあり、リュックが体に吸い付くようなフィット感が人気の秘密です。

精巧な作りが特徴のマウンテンダックス

海外ブランドの製品で、しっくりフィットするリュックに出会えない人が、最終的にたどり着くのが、『マウンテンダックス』でしょう。

目の届きにくい細部まで縫製や耐久性にこだわり、日本人の体形に合わせて作られたフォームを持ち合わせています。

登山用品店などでの取り扱いがなく、直営店かオンライン販売のみでの購入なので、あまり人と被らないのも持っていて理想的です。

日本の登山用品メーカー、モンベル

日本登山用品ブランドとして有名な『モンベル』のリュックは、『機能美と軽量・迅速』をコンセプトに商品を開発し、最新の技術を取り入れた妥協のない品質とデザイン性が、プロの登山家にも、子供やアウトドアを楽しむ人々にも人気です。

ナイロンの約5倍の強度を持つバリスティックナイロンや、軽量ナイロンを独自に開発し、軽量で背負いやすいのが特徴です。

高機能ながらコスパが良く、シンプルでクラシカルな物から、カラーバリエーションが豊富に揃ったデザインのものまで幅広いラインナップから、自分の好みに合ったリュックを探せます。

アメリカのアウトドアブランドのパタゴニア

自社製品を通して、社会問題や環境問題に積極的に取り組んでいるアメリカのアウトドアブランド『パタゴニア』は、商品の機能性、耐久性、品質に関しても信頼できるブランドです。

雨が降っても、水の中にリュックを沈めても中身が安心な、完全防水性を搭載したシリーズは、アウトドアはもちろん、梅雨や雨の日でも困らず使えて人気があります。

メーカーの特徴を把握し、理想的なリュックを

日々愛用するリュックは、妥協なく理想に極力近いものを探したいですよね。

お洒落メンズのファッションの定番とも言えるリュックは、収納力、機能性、デザイン性以外にも、メーカーのバックグラウンドや、それぞれのブランドの強みなどを知った上で選ぶと、より愛着がわくでしょう。

自分の理想に合うリュックを見つけて、日々のファッションスタイルを楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME