ダーツケースの素材は革がおすすめ?革のケースの魅力とは

2019.02.22

革で作られたダーツケースは長く愛用できるほか、経年変化によって革独特の深い味わいを楽しむことができます。革のダーツケースだからこその魅力やおすすめのダーツケースを紹介するので参考にしてみてください。

革のダーツケースの魅力

革のダーツケースが多くの人を魅力している理由は何があるのでしょうか。

ダーツケースを作るときに使われる革には『本革・合皮』の2種類があります。2種類それぞれの魅力と、長く愛用できる理由についてチェックしてみましょう。

本革は使うほど味が出る

本革で作られているダーツケースは、高価なものが多くありますが『本革だからこその味わい深い風合い』を楽しむことができます。また、丈夫で耐久性があり、小まめにお手入れをすれば10年以上も使い続けることができると言われています。

本革だからこその風合いは『大人の男性の魅力をグッと引き立てる』ことができるので、好んで選んでいる人も多くいます。同じ種類の本革を使っている製品でも、本革それぞれに個体差があるので『同じ製品でも風合いが変わる』のも楽しめるポイントです。

合皮は手入れ不要で扱いやすい

合皮というのは、人工的に革に似せて作られた素材のことで『フェイクレザー』や『合皮』などの呼ばれ方で親しまれています。人工的に作り出しているので天然の物ではないですが、合皮だからこそのメリットがあるのです。

合皮は、『雨・水・傷』に強い特徴があります。汚れや雨に強いことで、ほとんどお手入れの手間がかからないので扱いやすさからも人気です。また、本革よりも低価格なことからコスパも抜群という点も見逃せません。

本革でも合皮でもそれぞれ特徴があるので、自分のライフスタイルや好みに合わせて選ぶようにしてみましょう。次の項目からは、おすすめの革製ダーツケースを紹介します。

革のドロップインケース

ドロップインケースとは、セッティングしたダーツをそのままダーツケースに入れることができるケースのことです。すぐに取り出して使えることや、出し入れが楽なことから注目されています。

中でも人気のケースを2つ紹介するので参考にしてみてください。

カメオ スムース

上質なオイルレザー(オイルを染み込ませることで革をしなやかにして耐久性をあげたもの)を使ったダーツケースです。シンプルでありながら、コンパクトで軽量なので使いやすさにもこだわっています。

『ダーツケース感』がなく、ファッションにも合わせやすいほか『本革』を使うことで長く愛用できるケースです。長さ調節が可能なので、ある程度の長さのダーツに対応できます。

また、カードや交換用チップはワンタッチで取り出せる位置に配置してあるのも人気です。

  • 商品名:カメオ スムース 本革国産ダーツケース ナチュラル
  • 価格:7344円(税込)
  • ダーツ専門店マキシマム:商品ページ

スティール レザーケース

本来製品として使用しない床革(革の2層目にあたる繊維の荒い革)を素材として使い、シルク印刷をすることで『ポップな柄』を施したダーツケースです。

本革とは違い、安価な床革に表面加工を施してからベースに使うことで、同じ革製でも低価格を実現し『革でありながら柄を楽しめる』という個性あふれる製品に仕上がっています。

床革を表面加工することで耐久性を向上しているので丈夫なほか、それぞれのパーツが独立して取り外せるので『いくつかの種類を組み合わせる』こともできます。ダーツは1セット(3本)がそのままゆったりと入るスペースが確保されているので実用性も抜群です。

  • 商品名:STEAL MXタイプ ECOTOCO レザー(スティール エムエックスタイプエコトコ レザー)
  • 価格:3900円(税込)
  • 楽天:商品ページ

満足の収納ができる革のケース

満足できる収納スペースや工夫が施された革のケースも人気があります。いくつか持ち回すよりも、1つに必要なものを入れて持ち運びを楽にしたい人には特におすすめなので選ぶときの参考にしてみてください。

カメオ トリムレザー

大人気のブランド『カメオ』が思考を凝らし、本革を使って『スティールダーツ(ハードダーツ)』のプレイヤーのために作られたダーツケースがトリムレザーです。デザイン、サイズ、材質、使い勝手の4点にこだわったハードダーツプレイヤーのニーズが凝縮されています。

ドロップイン形式で簡単収納できるほか、小物ケースなどをジョイントできるDリングも付いているのでカスタマイズも簡単です。また、予備のフライトやシャフトを入れるスペースも付いているので、安心して使い続けられます。

  • 商品名:カメオ ダーツケース トリム レザー ヌメ
  • 価格:3979円(税込)
  • S-DARTS本店:商品ページ

ジャコ オリジナルレザーケース

ダーツ1セット(3本)と、必要最低限のダーツアイテムを収納できます。フライトの部分は外側に出てしまいますが、取り出しやすく『ダーツを楽しむ間の邪魔をしないコンパクトな収納が便利』と人気です。

本革を使い、スタッズをシンプルに飾ることでシックでもカジュアルな印象のダーツケースにまとまっています。

  • 商品名:レザーダーツケース ジャコ
  • 価格:6264円(税込)
  • SUNNY WORKS STORE:商品ページ

首から下げるタイプ

首から下げるタイプのダーツケースは、シンプルでありながら使い勝手が良く『置き忘れ防止』にもなる利便性があります。中でも人気の3つを紹介するので参考にしてみてください。

スティール トーナメントケース

落下防止のカバーが付いた本革仕様の首掛けダーツケースが『トーナメントケース』です。1セット(3本)のダーツを入れて首から下げておくだけで『トーナメント』での移動で使い勝手が良いことから人気があります。

カラーバリエーションも豊富で、本革だからこその風合いも楽しめます。

  • 商品名:ダーツケース スティール トーナメントケース マスタード
  • 価格:2808円(税込)
  • S−DARTS本店:商品ページ

ジョーカードライバー サード 本革ケース

上質な本革を使用し、施された印字やスタイリッシュなデザインから大人の男性に人気のダーツケースです。首掛けスタイルで使えるほか、金具部分に予備のパーツケースをジョイントできるので使いやすさにも定評があります。

  • 商品名:ジョーカードライバー×サード 本革製 首かけタイプ ダーツケース
  • 価格:5076円(税込)
  • ダーツ専門店マキシマム:商品ページ

自分だけの革ケースも素敵

革を素材にして自分だけのダーツケースを作るというのも楽しみの1つです。オーダーメイドや手作りの参考にしてみてください。

革工房に理想のダーツケースを依頼

革工房に理想のダーツケースの細かいデザインを伝えることでオーダーメイドのダーツケースを作ることができます。自分のセッティングにぴったりなサイズや、欲しい収納など『しっかりとデザインを明確に伝える』とよりスムーズです。

ダーツケースに対応できるお店か、どこまでのデザインや素材が選べるのかにも注目してお店選びをするとより理想に近づきます。

型紙から自作する方法も

革の扱いに慣れている人におすすめなのが、厚紙で作った型紙から革を切り出して自作する方法です。細かい部分にまで自分のデザインが反映できますが、専用の用品などを揃える必要があるのでやや難易度が高い傾向があります。

ただし、市販のものにはない自分だけのダーツケースを作り上げることは『完成したときの達成感』と一緒にダーツに向かう楽しさをよりアップすることができると人気です。

なめらかな触感を楽しめるダーツケース

本革や合皮は、そのなめらかな触感を楽しめることから大人の男性から注目されています。男らしさやスタイリッシュさを演出しながらも、ダーツをもっと身近にしてくれるダーツケースにこだわりを持ってみるのも楽しみの1つです。

ダーツをしているときに何があったら便利なのかを考えて選ぶとよりスムーズに探せるので参考にしてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME