『粉末茶』が便利すぎる!家に常備したいおすすめ粉末茶とお茶用ミル

2019.02.21

お茶にはビタミンCやカテキン・ミネラルなどの体によい栄養素がたくさん含まれています。これらの栄養分を丸ごと摂取できるため、健康に関心のある大人に人気があるのが粉末茶です。お茶を粉末茶で飲むメリットと美味しい飲み方を紹介します。

粉の茶葉の種類

お茶には、茶葉の形がそのままのタイプと、粉状になった茶葉があります。粉状の茶葉には、主に下記の3種類です。

  • 粉茶
  • 粉末茶
  • 抹茶

これらの3種類の粉の茶葉は、それぞれ風味や入れ方などの特徴が異なります。

ここでは、粉茶・粉末茶・抹茶の特徴について紹介します。

粉茶と粉末茶は違う

まず、粉茶と粉末茶の違いについて説明しましょう。

粉茶とは、茶葉を粉状にしたお茶のことで、煎茶を作るときにできる、茶葉の切れ端の粉状のものを集めて作られています。風味・味わい・品質は、煎茶と同じです。

また、粉状なのでお湯に溶けやすく、色や味も濃く、有効成分が抽出されやすい点が特徴です。通常粉茶は『深淹り急須』や『ティーバッグ』を使用し、使い終わった粉茶の茶葉は茶殻として捨てます。

一方、粉末茶は茶葉を粉状にしたもので、そのまま水またはお湯に溶かして飲めるのが特徴です。茶葉を捨てずに丸ごと飲めるため、茶殻が出ないという点が粉茶とは大きな違いです。

また、粉末茶は茶葉をそのまま飲むため、栄養素を余すことなく摂取できます。

寿司屋でよく見る粉茶

寿司屋では、味・栄養分が通常のお茶よりも濃く、よりお茶の特性を活かせることから、『粉茶』がよく出されます。

お茶には殺菌作用のあるカテキンが含まれています。また、お茶の熱さによって脂が多めのネタを食べたときに口のなかに残った脂分を洗い流してさっぱりとさせる効果もあります。

粉末茶と見た目が似ている抹茶

粉末茶と見た目がそっくりな粉の茶葉に『抹茶』があります。抹茶と言えば、茶道など昔から日本人に親しまれてきたお茶です。

粉茶は、煎茶や玉露などを粉状にしたお茶ですが、抹茶は碾茶(てんちゃ)と呼ばれる茶葉を白臼で挽いて粉末状にしたもので、お湯に溶かして飲みます。そのため、粉末茶同様に、茶殻が出ることはありません。

碾茶は煎茶とは製法が違うため、栽培にも手間がかかります。これらのことから、粉茶や粉末茶に比べると値段はやや高めに設定されています。

粉末茶の魅力

通常のお茶は、水やお湯に茶葉を浸して、適度な時間が経ったあとは、茶葉を茶殻として捨てます。実際には、お茶に含まれている有効成分は3割程度しか摂取できず、残りの7割は茶殻に残ったままです。

健康・美容効果に優れているお茶を、より効果的に摂取したい!そんな人には、茶葉を丸ごと飲める粉末茶がおすすめです。

ここでは、粉末茶の魅力のうち2点を紹介します。

水やお湯にすばやく溶け、急須なしで簡単

通常のお茶では、茶殻の処理や急須の用意など手間がかかりますが、粉末茶は、水やお湯に素早く溶けるため急須を使う必要がありません。カップや湯呑を用意するだけで簡単に飲めます。

また、水・お湯に溶かしたらそのまま飲めるので、茶葉の抽出時間も待つ必要がありません。

栄養分を捨てずに飲める

お茶の成分には不溶性・水溶性の2種類があり、含まれている栄養成分は下記の表のとおりです。

栄養成分
水溶性 カテキン

カフェイン

アミノ酸

ビタミンC

ビタミンB1

ビタミンB2

サポニン

食物繊維

不溶性 食物繊維

ビタミンA

ビタミンE

クロロフィル

タンパク質

粉末茶ならば、これらの栄養分を余すことなく丸ごと摂取できるので、より効率的に栄養素を体内に取り込むことが可能です。

粉末機を使った粉末茶の作り方

粉末茶は、お店で販売されているものを購入する方法以外にも、粉末機を使用して自分で作る方法があります。

粉末機には、ミルを自分の手で回して粉末茶を作る『手動タイプ』と、手軽に粉末茶が作れる『電動タイプ』の2種類が展開されています。

ここでは、粉末器について紹介します。

手動、電動のミルで粉末状に

粉末機は、さまざまな種類の茶葉を細かく粉砕できる便利な道具です。風味・栄養を損なわずに緑茶を手軽に楽しめると人気があります。

『手動』は、ミルに付いたハンドルを回すことで茶葉を細かく磨り潰せるのが特徴です。メリットとしては、手動は低速で行うため摩擦熱を抑え、茶葉の栄養成分を壊しません。また、コンセントを必要としないため場所を選ばずに使えます。

デメリットとしては、手動ミルで茶葉を挽くのは時間と手間がかかるため、たくさん挽きたいときなどは面倒な点が挙げられます。

『電動』は、電源をコンセントに差し込むだけで、自動で茶葉をきめ細かく粉砕してくれます。手動では難しいきめ細かなパウダー状の粉末茶葉を、簡単に作り出せるのがメリットです。

デメリットは、手動に比べるとボディーが大きめ、そしてコンセントが無いところで使用できない点でしょう。

ツインバード お茶ひき器 緑茶美採

ツインバード工業の『お茶ひき器 緑茶美採』は、モダンかつ伝統的な和アートが融合したデザインが印象的な電動タイプの粉末機です。

お茶を入れるのにふさわしい、日本人らしい所作になじむデザインを大切に、茶筒型でシンプルなお茶ひき器 緑茶美採は、そのままダイニングやキッチンに置いておいてもインテリアとしても楽しめます。

また、この粉末機には『ひきかた調節ツマミ』が搭載されています。このツマミによって、粉末にする細かさが選べるので、いろいろな使い方が可能です。たとえば、荒い粉末茶は『食べるお茶』として、細かい粉末茶は『飲むお茶』としてなどのように、幅広く楽しめます。

  • 商品名:お茶ひき器 緑茶美採 GS-4671DG
  • 価格:6999円(税込)
  • amazon:商品ページ

粉末茶の美味しい飲み方

粉末茶は、水やお湯を注いで溶かすだけで飲めるという手軽さが魅力です。しかし、より美味しく粉末茶を飲みたい人は、作り方にひと工夫するとよいでしょう。

ここでは、粉末茶の美味しい飲み方を紹介します。

抹茶のように飲む

温かい粉末茶を美味しく飲むためには、まず下記の3つを用意しましょう。

  • 粉末茶 2g
  • 口の広い茶器
  • 茶筅(ちゃせん)
  • 85~90°の熱湯

美味しい入れ方は下記の通りの手順です。

  1. 茶器に粉末茶2gを入れる
  2. お湯を注ぐ
  3. 粉末茶を茶筅の先でやさしくお湯となじませる
  4. 茶筅を垂直に持ち直し、結び目に親指がくるように持つ
  5. ひらがなの『い』と『り』を交互に茶筅で書くように点てる
  6. ふんわりと泡が盛り上がったようになれば完成

茶筅が手元にない人は、小さめのステンレス製のマドラーでも代用可能です。

冷水の場合はよく振って溶かそう

冷水を使って冷たい粉末茶を楽しみたい人は、よく振って溶かすことがポイントです。冷たい粉末茶を美味しくつくるためには下記の4つを用意しましょう。

  • 水筒などのマイボトル(シェイクできるもの)
  • 約2gの粉末茶
  • 冷水350cc

美味しい作り方は下記のとおりです。

  1. マイボトルに粉末茶を入れる
  2. 冷水350ccを注ぐ
  3. 氷を入れる
  4. 蓋をしっかりと閉めて、完全に粉末茶と冷水が混ざるまでよくシェイクする

お茶園が販売する、おすすめの粉末茶

自分で粉末機を使って粉末茶を作るだけでなく、お茶園が販売する粉末茶も味わってみましょう。お茶園が販売する粉末茶は、専門店ならではの粉末緑茶の風味・味わいが楽しめます。

ここでは、お茶園が販売するおすすめの粉末茶2選を紹介します。

ひしわの宇治産 有機粉末緑茶

ひしわの『宇治産 有機粉末緑茶』は、無農薬・有機栽培・国産原料でこだわって作られた、飲める粉末緑茶です。

自分の好みの量の粉末緑茶をカップに入れてお湯で溶くだけで、贅沢な宇治産の銘茶の味と香りが楽しめます。また、冷水にも溶けやすいため冷たい粉末緑茶も気軽に作れます。

  • 商品名:ひしわ 有機粉末緑茶30g
  • 価格:540円(税込)
  • 公式HP:商品ページ

松田園の経済的な業務用粉末緑茶

松田園の『業務用粉末緑茶』は、抹茶のような旨味ときれいな色が楽しめる粉末緑茶です。

宇治産抹茶の原料のお茶を粉砕して作られているため、渋みや苦みが少なくまろやかな味わいに仕上がっています。また、玄米を加えることによって玄米の香ばしい香りがプラスされて、豊かな風味が特徴です。

  • 商品名:業務用 粉末緑茶(上) 100g詰
  • 価格:648円(税込)
  • 公式HP:商品ページ

そのまま飲んで良し、アレンジするも良し

粉末茶は、冷たいものにも溶けやすく混ぜやすいため、お茶としてだけでなくヨーグルトに加えたり、料理やお菓子の材料として加えたりと、さまざまな用途に使えます。

ここでは、粉末茶を使ったおすすめのドリンク2種を紹介します。

旨みと色合いを楽しむ 緑茶焼酎割

優しい苦味とスッキリとした味わいは、お酒との相性も抜群です。また、緑茶にはビタミンCなどの栄養もたくさん含まれています。

そんな相性抜群の緑茶と焼酎を組み合わせた『緑茶焼酎割』は、緑茶の旨味ときれいな緑色の色合いが特徴です。緑茶焼酎割の作り方は下記のとおりです。

  1. グラスに粉末緑茶を小さじ1杯入れる
  2. さらに水70cc、焼酎30ccを加えてよく混ぜる
  3. 氷を入れて完成

豊かな香りと優しい味わい 粉末緑茶のラテ

疲れたときに、ほっとひと息つきたい人は、豊かな香りと優しい味わいの『粉末緑茶のラテ』が最適です。

緑茶の風味がミルクと合わさることによって、まろやかになります。粉末緑茶のラテの作り方は、下記のとおりです。

  1. 小なべに水50mlを沸かし、緑茶粉末4gを入れる
  2. 沸騰したら牛乳125ml、お好みで砂糖を加えて再び沸騰させ火を止める
  3. 細かい網で漉しカップに注ぐ

手軽で美味しいお茶の楽しみ方

粉末茶は、手軽に美味しいお茶を楽しめるだけでなく、お茶の栄養素を余すことなく摂取できます。

自分で好きな茶葉を粉末機を使って粉末茶にしたり、お茶園の粉末茶を購入したりして、お茶をより楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME