剣道の面型のつけ方とは。安全でカッコいい面垂れの形と長さ

2019.02.20

剣道の面型のつけ方を覚えることは、安全に剣道を行うためにも大切なポイントです。カッコいい面垂れの形と長さを含め、正しいつけ方を紹介するので参考にしてみてください。ケアの方法と保管の仕方も必見です。

剣道の面を購入したら

まず、剣道の面を購入したら改めてサイズ適合を確認しましょう。

購入したての面は、箱に入れられていることも多く『縦長』につぶれていることがあります。そのまま面をつけると痛みに繋がるため『頭頂部の部分を軽く叩くか手で押して』横に広げた状態でチェックします。

詳しいサイズの確認方法と、ケアの方法を一緒に紹介するので参考にしてみてください。

改めてサイズ適合を確認

購入した面を箱から取り出して先に書いた準備ができたところで、実際につけてサイズを確認します。

まず、あご・額の順に面をかぶり、正面から強く押し込むようにつけていきます。額はぴったりと密着するものではなく、額の上部が少しつく感じがベターです。また、あごを乗せる位置が間違っていると、喉に当たってしまうので注意してつけていきます。

つけた後は、後ろからしぼり『きつく固定した状態』にしていきます。1人で難しい場合は誰かに手伝ってもらうのがおすすめです。

きつく固定した状態で上下に動かし、大きすぎてずれることはないかを確認していきます。また、面金(面の前面にある金属の格子部分)の隙間が広くなっている『物見』の位置にも注意が必要です。物見はきちんと目線にくる位置かどうかも確認しましょう。

安全に面をつけて剣道を行うためにも、しっかりとサイズが適合しているものを選ぶことは必須なので必ずチェックするのがおすすめです。

ケア方法と保管の仕方を知っておこう

面を使った後には、状態に合わせてケアをして保管をするのが鉄則です。

まず、汚れがそこまでひどくない場合は、手ぬぐいなどで内側の汗を十分に拭き取り、必ず日陰干しでよく乾燥させます。汚れのひどい場合には埃を取り除き、堅く絞った手ぬぐいなどで『汚れている部分』を丁寧に拭き取ります。

その後、同じく日陰干しでよく乾燥させましょう。清潔を心がけて、通気性の良い場所で保管するのが基本の保管方法と言われています。

長い面垂れはダサい?

面の下の部分で肩の部分まで伸びている『面垂れ(面布団)』は長すぎるとダサいと感じてしまうかもしれません。この面垂れは、以前までは長いものが多くありましたが現在では変わりつつあります。

流行は短め

長い面垂れはそれだけ守る範囲が広いので安心感はありますが、肩を動かすときなどに邪魔になってしまうことがあります。使ってはいけないというルールはありませんが、近年では短めのものが主流です。

短めのものが流行しているのには、竹刀を振り上げたときに腕の動きの邪魔をしないことも理由の1つであると言われています。

富士山のような形が理想

面垂れの形は、富士山のような形が理想と言われ、布団の長さは肩より少し外に出るくらいが適切です。富士山のような形で整えることで、大きく振りかぶったときに面布団が両腕の内側に収まるので邪魔になりにくい長さで、と考えられているのです。

斜め刺は自然な型が付きやすい

面垂れに施されている斜め刺と呼ばれる縫い方は、面特有の形をつけ易く、さらに維持するために工夫が凝らされた方法です。斜め刺が行われている面垂れは、自然な型が付きやすく、肩の動きを邪魔せず面型をつけるのにぴったりです。

面型のつけ方

面型のつけ方は、実際にやってみると上手くいかないことも多いものです。どのようにつけたら良いのか『わかりやすい動画』と一緒にポイントを紹介するので参考にしてみてください。

わかりやすい解説動画

動画の1:18あたりくらいから理想の面の形とつけ方を紹介しています。丁寧に解説しているので動画の下の赤いシークバーを動かしながら徐々につけていくようにしましょう。

面垂れと突き垂れが離れすぎないように

面型を綺麗につけるためにも押さえておきたいポイントが面垂れと突き垂れ(あごの下にある喉を守る部分のこと)が離れすぎないようにすることです。広く空いていると、面垂れが横に広がりやすくなり、見た目が不格好になってしまいます。

また、隙間ができてしまうことで『喉元に竹刀が入り込み』思わぬトラブルに繋がってしまう危険もあります。面垂れは必ず『突き垂れに沿う』ように面型をつけていくようにしましょう。

クセづけにキーピングを使っても大丈夫?

面型のクセづけが簡単にできるように、キーピングを使いたいという意見もあるとは思いますが、キーピングを使っても面が劣化しないという保証はありません。どうしてもクセづけに硬くしたいときには、剣道用のグッズの『かたくナール』を使いましょう。

  • 商品名:かたくナール
  • 価格:1240円(税込)
  • Amazon:商品ページ

かたくナールは剣道で使う防具用のお手入れ用品で、文字通り防具にスプレーするだけで防具を硬くすることができます。反対に、柔らかくするやわらゲールもあるので、新品の防具を馴染みやすくするときに便利です。

  • 商品名:やわらゲール
  • 価格:1240円(税込)
  • Amazon:商品ページ

相手に強い印象を与える正しい面型

面型を綺麗に整えることで、動きやすく『相手にも強い印象』を与えることができます。最初のうちはクセをつけるまでが大変ですが、慣れてくると綺麗に面型がつけられるようになるので、強さと比例して見られることも少なくはないのです。

新品の面を購入したときには、動画やポイントを参考にして面型をつけてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME