カレーとラーメンの夢のコラボ。カレーラーメンが食べられる全国各地の名店を紹介

2019.02.20

カレーラーメンという料理を知っていますか?カレーとラーメンは、日本人が大好きな国民食と言えるでしょう。この2つの料理を同時に味わえる料理がカレーラーメンです。カレーラーメンが食べられる全国のお店と、自宅でも作れるレシピを紹介します。

日本の国民食、ラーメンとカレー

『ラーメン』と『カレー』と言えば、日本の国民食を代表する2つのメニューです。ラーメンと言えば中国、カレーと言えばインドというイメージがありますが、じつは日本のラーメンとカレーは、どちらも、日本独特の味が確立されています。

そのため、日本人好みの味に仕上がっており、幅広い世代の人が大好きな料理と言えるのではないでしょうか?

カレーとうどんを同時に味わえる『カレーうどん』はあまりにも有名です。それでは、カレーとラーメンを同時に味わえる『カレーラーメン』を知っていますか?

ここでは、カレーラーメンについて解説します。

同時に味わいたい夢が叶う

『カレーラーメン』とはカレー味のスープの中にラーメンの麺が入っているラーメンのことです。

カレーもラーメンも同時に味わえるのが特徴です。味は、お店によって特徴が異なるためさまざまですが、ラーメンはこってりとしたスープとの相性がいいため、カレーとの相性も抜群です。

カレーラーメンがメインのお店が存在

ラーメンと言えば、とんこつ・魚介などのスープに塩・しょうゆ・味噌などの味わいのラーメンを提供するお店がほとんどです。

しかし、たくさんあるラーメンのお店のなかにはカレーラーメンをメインとして提供している『専門店』も存在しています。

カレーラーメンの魅力

カレーラーメンの魅力は、やはり何といってもカレーのスパイシーな風味と濃厚な味わいが麺と非常にマッチしているところでしょう。カレー風味のラーメンスープは、食欲を刺激します。

また、使うカレーによっても味わいが異なるため、通常のラーメンと同様に、お店ごとにさまざまなバリエーションのカレーラーメンが楽しめるところも魅力の1つです。

カレーラーメンが食べられる北海道のお店

北海道には、美味しいカレーラーメンが食べられるお店がいくつもあります。ここでは、数ある北海道のカレーラーメンを提供するお店の中で人気のお店3選を紹介します。

元祖カレーラーメンはここ 味の大王

苫小牧にある元祖カレーラーメンのお店と言われている『味の大王』のカレーラーメンは、カレーライスのような濃厚でとろみのあるスープに、カレーラーメン用に作られた麺がしっかりと絡みます。

ラーメンを食べたあとは、残ったスープの中にライスを入れて、カレーライスのようにして食べても美味しいです。

カレーには、発汗作用のあるスパイスがたっぷりと調合されているので、寒い季節はもちろん、夏バテ防止に食べに来る人も多くいます。

  • 店名:味の大王(アジノダイオウ)
  • 住所:苫小牧市春日町3丁目16−19
  • 電話番号:014-435-5533
  • 営業時間:11:00~20:00(ただし、火曜日は~15:00まで)
  • 定休日:年中無休
  • 公式HP

究極の麺づくりにこだわる 我流る

札幌と言えば、『札幌ラーメン』が有名です。また、札幌の新名物料理として『スープカレー』もここ数年で全国的に知られるようになりました。その札幌ラーメンとスープカレーが同時に味わえるのが、『我流る』のスープカレーラーメンです。

麺には、『乳酸菌生産物質入りの健康麺』を使用し、また、厳選した天然素材にこだわって作られています。

スープカレーラーメンには、ご飯と粉チーズが付いてくるので、スープをご飯にかけ、粉チーズをトッピングして食べると、またラーメンとは違った味わいも楽しめます。

  • 店名:ラーメン研究所 我流る(ラーメンケンキュウジョガルル)
  • 住所:札幌市中央区南5条西2丁目第6グリーンビル1F
  • 電話番号:011-531-3231
  • 営業時間:月~土曜日 18:00~翌6:00、日・祝日 18:00~翌4:00
  • 定休日:日曜日
  • 公式HP

札幌の人気店 橙 オレンジ

札幌で大人気のお店『橙~オレンジ』は、スパイスやハーブを贅沢に使った創作ラーメンとスープカリーのお店です。スープカレー店『oh!Range』のスープカレーラーメン専門店としてオープンしました。

札幌の名物料理のラーメンとスープカリーをどちらも食べたい人におすすめです。こちらのスープカレーラーメンは、野菜がたっぷりとトッピングされており、エスニックな味わいとラーメンの旨味が同時に味わえるのが特徴です。

  • 店名:橙~オレンジ(ダイダイオレンジ)
  • 住所:札幌市東区東苗穂6条2丁目13-30
  • 電話番号:090-3018-5029
  • 営業時間:ランチ 11:00~15:30、ディナー 17:30~22:00
  • 定休日:不定休

カレーラーメンが食べられる東京のお店

たくさんの飲食店が立ち並ぶ東京にも、カレーラーメンを提供するお店があります。

ここでは、東京で美味しいカレーラーメンが食べられるお店3選を紹介します。

モチモチちぢれ麺が特徴 実之和 六本木店

『実之和 六本木店』のカレーラーメンは、程よいとろみがモチモチのちぢれ麺によく絡んだ絶品カレーラーメンです。今までにない味わいでありながら、どこか懐かしさを感じます。

良質の丸鶏のみを8時間かけてじっくり煮込んだスープは、絶妙の濃厚さに仕上がっています。また、実之和オリジナルのカレールーには、16種類のスパイスを独自にブレンドしています。

  • 店名:実之和 六本木店(ミノワロッポンギテン)
  • 住所:港区六本木3-13-8
  • 電話番号:03-3746-3312
  • 営業時間:11:00~翌7:00
  • 定休日:日曜日

地元民から愛される せきぐちラーメン 東金町店

地元民に大人気の『せきぐちラーメン東金町店』のカレーラーメンは、濃厚でとろみのあるカレースープに、麺がしっかりと絡み、麺とカレーの両方の味わいが楽しめます。

もやしや人参などの野菜もたっぷりと入っており、ボリューム満点の逸品です。

  • 店名:せきぐちラーメン 東金町店(セキグチラーメンヒガシカナマチテン)
  • 住所:葛飾区東金町6-13-11
  • 電話番号:03-3607-2539
  • 営業時間:ランチ 11:30~14:30、ディナー 17:30~19:30
  • 定休日:月曜日、火曜・金曜のディナータイム

ザンギとライス付で680円 品川甚作本店

『品川甚作本店』のカレーラーメンは、8時間かけてじっくりと煮込んだ10種類以上のスパイスをブレンドした、こってりとした味わいのカレースープが特徴です。

甘さが出るまで炒められた玉葱と揚げ玉をトッピングし、手間暇かけて作られたカレーラーメンが、ザンギとライス付きで680円という価格で味わえます。

  • 店名:品川甚作本店(シナガワジンサクホンテン)
  • 住所:千代田区神田三崎町2-21-10
  • 電話番号:03-3556-8088
  • 営業時間:11:00~22:20(土日祝~20:20)
  • 定休日:年末年始
  • 公式HP

カレーラーメンが食べられる京都のお店

京都と言えば、国内外から多くの観光客も訪れる日本有数の観光名所の1つです。京都とカレーラーメンは、あまりイメージが結びつかない人もいるでしょう。しかし、隠れたカレーラーメンの名店がいくつかあります。

ここでは、京都を訪れたらぜひ行ってみたいカレーラーメンのお店3選を紹介します。

手作りカレーが自慢 ひゃくてんまんてん

京都で一番うまい!とお店が自負する『ひゃくまんてん』のカレーラーメンは、38種類のスパイスとじっくりと炒めた玉ねぎを加えて作られた自家製カレールーと、とんこつ・鶏ガラのダブルスープで作られたスパイシーでまろやかな旨味のカレーラーメンです。

トッピングは、チャーシューと九条ネギのみですが、そのシンプルさゆえにカレーと麺の味が存分に味わえます。

  • 店名:ひゃくまんてん(ヒャクマンテン)
  • 住所:京都市中京区三条通高倉西入菱屋町47 くらしハウス2F
  • 電話番号:075-213-2292
  • 営業時間:月~土曜日 11:00~22:30、日曜日 11:00~19:00
  • 定休日:年中無休

一押しはカレートマトラーメン なんだっ亭

『なんだっ亭』は、カレーラーメンのバリエーションが豊富なのが特徴です。カレーつけ麺・カレーらぁ麺・カレー油そばのほか、お店一押しの『カレートマトラーメン』もあります。

カレートマトラーメンは、爽やかなトマトの酸味と、スパイシーでコクのあるカレーのダブルがベースとなったスープが特徴です。分厚くてジューシーなチャーシューと、半熟卵がトッピングされており、ボリュームたっぷりの1品です。

  • 店名:西麻布カレーつけ麺 なんだっ亭
  • 住所:京都市中京区新京極四条上ル 中之町565-16
  • 電話番号:075-746-4001
  • 営業時間:ランチ 11:30~15:00、ディナー 17:00~23:00
  • 定休日:月曜日

必食のカレー担々麺 麺屋虎杖 四条富小路

『麺屋虎杖』は、カレー担々麺が食べられるお店です。メニューは、スタンダードなカレー担々麺のほか、パーコーカレー担々麺・チャーシューカレー担々麺・豚しゃぶカレー担々麺・きのこカレー担々麺があります。

インド日本・中国の香辛料を10種類以上ブレンドして、辛いだけでなく旨味を感じられるクリーミーなスープに仕上げています。

  • 店名:麺屋虎杖 四条富小路(メンヤイタドオリシジョウトミコウジ)
  • 住所:京都市下京区冨小路四条上ル立売東町17-3
  • 電話番号:075-212-7973
  • 営業時間:ランチ11:30~15:00、ディナー17:00~22:00
  • 定休日:年中無休
  • 公式HP

カレーラーメンが食べられる大阪のお店

美味しいものがたくさん集まるグルメの街・大阪にあるカレーラーメンのお店3選を紹介します。

ねぎたっぷりのカレーラーメン ミスターPuppy

『ミスターPuppy』は、大阪で古くからある人気のカレーラーメン専門店です。こちらのお店のカレーラーメンは、白菜・玉ねぎ・人参・生姜などの野菜と、バナナ・りんごなどの果物をミキサーにかけて作られているのが特徴です。

まろやかで優しい味わいのスープと、中太のモチっとしたちぢれ麺の相性がよく、最後まで飽きることなく食べられます。シメにはご飯を入れてカレー雑炊も味わえます。

  • 店名:ミスターPuppy(ミスターパピー)
  • 住所:大阪市北区西天満3-6-27 1F
  • 電話番号:06-6311-0086
  • 営業時間:11:30~24:00
  • 定休日:日曜・祝日

シンプルで病みつきになる 楽山

大阪で、カレーラーメンの老舗として知られる『楽山』は、いろいろなバリエーションのカレーラーメンが味わえるカレーラーメン専門店です。スタンダードのカレーラーメンをはじめ、カレージャージャー麺・カレーつけ麺・カレーワンタン・カレー担々麺などメニューが豊富です。

さらりとしたスープは、ココナッツミルクが入ってまろやかに仕上がっています。シンプルにカレー粉を使ったカレーラーメンは、あっさりとしていて病みつきになること間違いありません。

  • 店名:楽山(ラクサン)
  • 住所:大阪府大阪市中央区平野町4-6-2 大阪屋新横堀ビル 1F
  • 電話番号:06-6226-1417
  • 営業時間: ランチ11:00~15:00、ディナー18:00~21:00、土曜日 11:00~14:00
  • 定休日:日曜・祝日

味玉カリー麺がおすすめ まろ亭

『まろ亭』は、もともと昼はカレーライス、夜はカレー鍋専門店のお店でした。しかし、カレー鍋のシメのカレーラーメンが大人気となり、2015年にカレーラーメン専門店としてリニューアルオープンをしています。

まろ亭の一番人気のメニューは、『味玉カリー麺』です。玉ねぎ・バナナ・りんごなどの野菜やフルーツを8時間以上煮込み、さらに11種類のスパイスやハーブを加えて4時間以上煮込んで作られるというこだわりのスープがしみ込んだ味玉も絶妙です。

  • 店名:まろ亭
  • 住所:大阪市西区西本町1-14-25 豊幸ビル1F
  • 電話番号:06-6532-5538
  • 営業時間:ランチ 11:30〜14:00、ディナー 18:00〜21:30
  • 定休日:日曜・祝日

カレーラーメンが食べられる福岡のお店

福岡でも、カレーラーメンが人気です。ビジネスマンはもちろん、観光客も訪れやすい福岡のカレーラーメン店2選を紹介します。

スパイスの辛さがクセになる ラーメン仮面55

スパイスの辛さがたまらないエスニック風カレーラーメンを味わいたい人は、ぜひ『ラーメン仮面55』を訪れてみましょう。

ラーメン仮面55のカレーラーメン『エスニックラーメン』は、ココナッツの風味と、たっぷりのスパイス、そして、えびの旨味が凝縮されたスープが絶品です。また、このエスニックラーメンをベースに、オリジナル激辛ラー油・ヌチャを加えて唐辛子の辛さがストレートに味わえる『パニックラーメン』もあります。

  • 店名:ラーメン仮面55(ラーメンカメンパハパハ)
  • 住所:福岡市中央区薬院2丁目13-30
  • 電話番号:092-714-5552
  • 営業時間:11:30~22:00
  • 定休日:月曜日
  • 公式HP

ココイチ発 麺屋ここいち 久留米西鉄駅前店

『麺屋ここいち』は、全国展開をしているカレー専門店『coco壱番屋』のカレーラーメン専門店です。

麵屋ここいちのカレーラーメンは、スープのだし・麺の太さ・麺の量・辛さをそれぞれカスタマイズしてオーダーできるのが特徴です。

ボリューム満点のとんかつがトッピングされた『とんかつカレーらーめん』や、野菜たっぷりの『野菜カレーラーメン』などのメニューがあります。

  • 店名:麺屋ここいち 久留米西鉄駅前店(メンヤココイチクルメニシテツエキマエ)
  • 住所:久留米市東町38-37岩崎ビル1F
  • 電話番号:0942-31-2810
  • 営業時間:11:00〜24:00
  • 定休日:年中無休
  • 公式HP

自分でも作れる、カレーラーメンのレシピ

近くにカレーラーメンを食べられるお店が無いときや、家から出たくない日などは、ぜひカレーラーメンを自分で手作りしてみましょう。カレーラーメンは、自分でも手軽に美味しく作れます。

ここでは、カレーラーメンのレシピを3つ紹介します。

アレンジ自在 味噌カレーラーメン

まずは、トッピングなどを自分好みにアレンジが自在にできる味噌カレーラーメンのレシピを紹介しましょう。料理に必要な材料は下記のとおりです。

  • 水400cc
  • コンソメスープの素 1個
  • 味噌(できれば麹味噌)50g
  • カレー粉 小さじ1
  • ガラムマサラ小さじ1/2
  • レッドペッパーor黒コショウ 少々
  • マンゴージュースorリンゴジュース 小さじ2
  • はちみつ 小さじ1
  • ニンニク 適量
  • オリーブオイル 適量
  • 生ラーメン 1玉
  • 好みの具(メンマ、長ネギ、チャーシューなど)

下記の手順で作ります。

  1. 鍋に、水とコンソメスープの素を入れて火にかける
  2. 次に、味噌・カレー粉・ガラムマサラ・レッドペッパー・ジュース・はちみつ・ニンニクを加えてよく混ぜる
  3. どんぶりにオリーブオイルを入れて2のスープを注ぐ
  4. 麺をゆで、湯切りをしてからどんぶりに入れる
  5. 好みの具をトッピングする

オリーブオイルを使うことで、手軽にコクを出せます。また、はちみつを加えることで味がまろやかに仕上がります。

カロリー抑え目 さっぱり塩カレーラーメン

カレーラーメンのカロリーが気になる人は、カロリー抑え目のさっぱり塩カレーラーメンを作ってみましょう。

塩カレーラーメン材料は下記のとおりです。

  • 卵 1個
  • 長ねぎ 適量
  • ミニトマト 1個
  • 塩ラーメンスープの素 1分
  • カレー粉 小さじ2/3
  • 中華麺 1玉
  • 好みの具(メンマ・チャーシュー・カイワレ菜など) 適量
  • 粗びきブラックペッパー適量

下記の手順で作ります。

  1. 卵を好みの硬さに茹でる
  2. 長ねぎを小口切り、ミニトマトは半分にカットする
  3. ラーメンスープを温め、カレー粉を混ぜる
  4. どんぶりに3のスープを入れる
  5. 茹でた麺を湯切りして、どんぶりに入れる
  6. 好みの具をトッピングする

カレー味をしっかりと味わいたい人は、カレー粉の量を増やすなど、自分好みにアレンジしてみましょう。

既成のラーメンスープでもOK

自分でラーメンのスープを作るのには、手間や時間がかかりすぎてしまいます。食べたいときに、サッと作るためには、既成のラーメンスープの素がポイントです。

既成のラーメンスープの素を使用してカレー粉を混ぜるだけで、手軽に本格的なカレーラーメンが作れます。

野菜が摂れる 豚肉とほうれん草のカレー麺

インスタントのカレーラーメンだけでは、栄養バランスが偏ってしまいます。そこで、野菜も一緒に食べられる『豚肉とほうれん草のカレー麺』がおすすめです。

必要な材料は、下記のとおりです。

  • 豚もも肉薄切り 80g
  • ほうれん草 100g
  • もやし 40g
  • ローストオニオン 大さじ2
  • 片栗粉 大さじ1/2
  • カレー粉 大さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ1/2
  • サラダ油 大さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • インスタントラーメン1玉

インスタントラーメンを使うので、作り方もとっても簡単です。下記の手順で行います。

  1. 豚肉を1口大に切って、片栗粉をまぶす
  2. ほうれん草も1口大に切って、もやしと一緒に洗ってからサッとゆでる
  3. ほうれん草ともやしの水気を切ってから、ごま油で和える
  4. フライパンに、サラダ油をひいて豚肉を炒めて、火が通ったらカレー粉・しょうゆ・ローストオニオンを絡める
  5. カレーラーメンを作って、その上に豚肉と野菜をトッピングする

カレーとラーメンは夢のコラボレーション

多くの日本人が大好きなメニューであるカレーとラーメンを同時に味わえる料理がカレーラーメンです。食欲をそそるカレーのスパイシーな香りと、だしが効いたラーメンスープの組み合わせは最強です。

カレーラーメンは、自分でも簡単に作ることができます。自分で作ったり、お店を訪れたり、いろいろなカレーラーメンを味わってみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME