音楽漫画のおすすめは?臨場感たっぷりの絵と響き渡る音の魅力に迫る

2019.02.17

さまざまなジャンルがある中で、身近な音楽をテーマにした漫画は、テレビや映画化されたものも多く、人気があります。人気の音楽漫画のジャンルやテーマにはどのようなものがあるのか、また、最近読者が増えてきた漫画アプリについても紹介します。

音楽漫画の人気の理由は

漫画といえば、以前は本などの紙媒体が中心でした。最近では、スマートフォンなどでも気軽に読めるようになり、漫画を読むためのアプリも増えてきています。

ひとことで漫画と言っても、さまざまなものがありますが『音楽』をテーマとした漫画は、安定した人気を集めているジャンルです。

音楽がテーマの漫画では、当然音を聞くことはできません。音が聞けない音楽漫画が人気を集めている理由を探ってみました。

描き手と読み手で音を奏でる

音が聞こえないにもかかわらず、音楽をテーマにした漫画に人気作品がある理由は、描き手に巧みな表現方法があるからです。

のめり込んでしまうほど面白い音楽漫画には、聞こえないはずの音が聞こえてくるような表現があります。

例えば、それは絵のタッチだったり、背景の描写の仕方だったり、ストーリーの組み立て方だったりするでしょう。

描き手のこうした巧みな表現方法によって描かれた音楽の世界は、読者の想像力をかき立て、聞こえるはずのない音が聞こえてくるような錯覚をおこすのです。

音楽漫画のジャンルには

漫画同様、音楽にもさまざまなジャンルがあります。音楽漫画中でも多いのがバンド系の漫画です。

ギターなどのバンドで出てくる楽器には親しみのある楽器も多くあるため、バンドの人間関係でのさまざまな葛藤を描くストーリーなどに共感する人も多いのではないでしょうか。

また、クラシック・オーケストラ系の漫画も人気があり、実写化されたものも多くあります。

子どもの頃からピアノを習っていたり、部活動で吹奏楽に触れたりした経験がある人がいるのも人気の理由かもしれません。それぞれのジャンルで代表的な漫画を紹介します。

クラシックの世界を描く音楽漫画

クラシックの世界といえば、オーケストラをイメージする人も多いのではないでしょうか。オーケストラにも、世界的に有名な楽団もあれば、地方で地道に活動している楽団もあります。

そんなオーケストラの世界を描いた代表的な漫画が『マエストロ』です。スポンサーがいなくなったことで解散することになった楽団が、再結成に向けて動き出していくという物語になっています。

また、森に捨てられていたピアノで遊ぶうちに少年が才能を発揮する『ピアノの森』や、天才小学生と音大浪人生の成長を描いた『神童』もクラシックの世界を描いた音楽漫画の代表作と言えるでしょう。

ジャズを聞かせる音楽漫画

ジャズを代表する音楽漫画の一つが『坂道のアポロン』です。高校生の西見薫は、転校をきっかけに、ドラム奏者の川渕千太郎と出会い、ジャズの魅力に惹かれていきます。

見どころは、文化祭で行われた2人によるピアノとドラムのジャムセッションシーンです。恋愛中心の少女漫画でありながらも男性にも多くのファンがおり、2012年にはアニメ化も実現しています。

もう一つ、ジャズを題材にした音楽漫画として『BLOW UP』も人気がある作品です。

主人公の菊地オサムは、プロサックス奏者を目指して大学を中退しますが、紹介されたバンドの仕事が自分のやりたいことをあわずに苦悩するというストーリーになっています。

ロックで弾ける音楽漫画

バンドといえば、ロックも人気がある音楽ジャンルの一つではないでしょうか。ロックを題材とした漫画も数多くありますが、中でも人気の作品は『TO-Y』と『BECK』です。

『TO-Y』は、イケメンで喧嘩も強い藤井冬威が主人公の漫画で、アイドルのいとこからの情報をきっかけに、バックバンドとして参加することになります。

その活動がマスコミに取り上げられた主人公は、芸名をTO-Yとしてソロデビューし、観客を魅了していくというストーリーです。

また『BECK』は、普通の高校生だった主人公が、天才ギタリストと知り合ったことをきっかけに音楽の世界に入ります。

時には妨害を受けながらも、成長していく若者たちを描いたストーリーです。

和楽器に調律師、異色の音楽漫画

和楽器をテーマとした音楽漫画の代表作に『ましろのおと』があります。

主人公の澤村雪(せつ)は、祖父の死をきっかけに、津軽三味線を持って青森から東京に上京しますが、出したい音が出せずに苦悩します。

しかし、ちょっとしたいさかいをきっかけに、雪はライブハウスで三味線を演奏することになり、彼女の演奏はお客さんを魅了するのです。

その後、雪は高校へと編入し、強豪も多い津軽三味線の大会で勝利を目指します。苦悩と努力を重ねていく、成長ストーリーです。

また、楽器の演奏に関わる漫画が多い中、楽器をメンテナンスする調律師をテーマにした漫画もあります。『ピアノのムシ』は、調律師をテーマにした漫画の代表作です。

音楽漫画で人気のテーマは

音楽漫画で人気のテーマには

  1. 天才主人公が出てくるもの
  2. 偉大な音楽家の生涯が描かれたもの
  3. 学園もの

などがあります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

天才たちの音色が生み出す美しいストーリー

音楽漫画で人気のテーマに、音楽の天才が苦悩や挫折を経験しながら成長するストーリーがあります。こちらでは、代表的な3作品を紹介しましょう。

四月は君の嘘

『四月は君の嘘』は、アニメ化、映画化もされた人気作です。14歳の天才ピアニスト有馬公生は、お母さんが亡くなったことをきっかけにピアノが弾けなくなります。

しかし、同じ14歳で余命がわずかしかない天才ヴァイオリニストの宮園かをりからコンクールの伴奏者に任命され、音楽に向き合い直すことを決意するストーリーです。

  • 作品名:四月は君の嘘(全11巻完結セット)
  • 価格:5,114円
  • 商品ページ

少年ノート

『少年ノート』は、ボーイソプラノの声を持つ主人公が中学校の合唱部に入部したことをきっかけに、部員が大きな刺激を受け、ともに成長していく物語になっています。

  • 作品名:少年ノート(1-8巻セット)
  • 価格:894円
  • 商品ページ

神童

『神童』は、天才ピアノ少女のうたが、一時は興味がなくなったピアノへの情熱を、音大浪人生と出会うことで取り戻す物語です。

1997年から1998年までと短期間の連載ながら隠れた名作として人気が高く、2007年にはこの作品を原作とした映画『神童』も公開されるなどしています。音楽漫画好きには必見の漫画です。

歴史と音楽のハーモニー。歴史もの音楽漫画

歴史に残る偉大な音楽家が主人公というテーマの音楽漫画にも人気作品があります。

ルードヴィヒ

『ルードウィヒ』は、ベートーベンの生涯を描いた作品です。作者はあの『漫画の神様』手塚治虫で、彼が亡くなり未完成ではあるものの、人気が衰えない作品です。

ベートーベンが「楽譜を逆さまにしてピアノを弾いた」「力強いピアノ音を引き出す奏法を好んだ」など、人柄がわかるエピソードもあります。

ベートーベンが演奏するシーンは、実際に音が聴こえてくるような臨場感に驚くかもしれません。

マドモアゼル・モーツァルト

『マドモアゼル・モーツァルト』は、女性として生まれながら『男性』として育てられたモーツァルトが、歴史に残る名曲を生みだしながら、波乱万丈の人生を送るストーリーを描いた作品です。

『魔笛』や『ドン・ジョバンニ』といった、現代でもよく知られる名曲の聞き方も変わってくるかもしれません。

学園とロックバンド

学生とロックバンドがテーマの作品は、学園という身近さがありつつ、主人公が何を苦悩し、どう乗り越えていくのかは、作品によって異なるのが特徴です。

けいおん!

『けいおん!』は、高校生に入学した主人公・平沢唯が廃部寸前の軽音部に入部し、後輩とともに成長するストーリーで、主人公の卒業までが描かれています。

アニメ化もされ一大ブームを巻き起こすなど人気の高い作品です。

フジキュー!!! ~Fuji Cue’s Music~

『フジキュー!!! ~Fuji Cue’s Music~』は、音楽の素人である主人公・不死原求が、憧れのバンドに入れてもらうために奮闘します。

POPミュージック界最高峰の養成高等学校を首席で卒業するという難題に、ポジティブに挑む物語です。

少年よギターを抱け

『少年よギターを抱け』は、才能がありながらギターへのトラウマを持つ男子高校生と、ロックスターになりたい女子高生が夢のために努力をする物語になっています。

ランキング常連 おすすめ音楽漫画

人気のある漫画の常連にもなっている、音楽漫画のおすすめを紹介します。音楽漫画に触れたことがない人でも、1度は聞いたことがあるタイトルかもしれません。

のだめカンタービレ 二ノ宮知子

のだめカンタービレは、ドラマ化・映画化もされているため、知っている人も多いのではないでしょうか。

音楽の才能に恵まれながらも、飛行機や船に乗るのが怖くてクラシックの本場であるヨーロッパに渡ることを躊躇している千秋真一が、主人公の野田恵(通称・のだめ)と出会います。

ピアノの才能には恵まれているものの、部屋はゴミだらけでほかのことは全くできない恵に、真一はあきれますが、ぶつかりあいながらも2人は徐々に距離を縮めていくというストーリーです。

普通の人が知ることのできない、クラシックの世界や音大の内部を詳しく知ることができる内容で、少女漫画でありながら、大人の男性も楽しめる内容となっています。

  • タイトル:のだめカンタービレ(全25巻完結セット)
  • 価格:2,400円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ピアノの森 一色まこと

学校でいじめられている主人公・一ノ瀬海は、森に捨てられていたピアノを幼い頃から1人で弾き続けているうちに、ピアノの才能が芽生えました。

ピアニスト志望者の同級生や、不幸な事故によりピアノを弾けなくなってしまった天才ピアニストとの出会いを通じ、主人公はピアノコンクールに出場することになります。

しかし主人公のピアノは、お客さんの心をつかむことはできたものの、オリジナリティの強さから審査員には評価されませんでした。

さらに、心の支えだった森のピアノも焼けてなくなってしまいます。登場人物が、それぞれ苦悩と葛藤を繰り返しながら、努力をする姿を描いたストーリーです。

  • タイトル:ピアノの森
  • 価格:17,042円(税込)
  • Amazon:商品ページ

BLUE GIANT 石塚真一

高校3年生の主人公宮本大は、将来に希望を持てないままでしたが、初めて訪れたライブハウスの演奏に心惹かれ、世界一のサックスプレーヤーになると決意します。

その後、兄からテナーサックスをプレゼントされますが、楽譜も読めず、友達にもジャズを理解してもらえません。

教えてくれる人もいない主人公は、毎日河原で好きなミュージシャンの演奏をコピーし、練習を続けます。

荒削りながらも熱い思いがある主人公は、さまざまな人と出会いながら、東京でトリオを組むことになるのです。音楽に一生懸命打ち込む姿に、思わずのめり込んでしまうでしょう。

  • タイトル:BLUE GIANT
  • 価格:6,223円(税込)
  • Amazon:商品ページ

Webや無料アプリで読む音楽漫画

漫画は本で読むものというのはひと昔前の話かもしれません。今はWebや無料アプリでも音楽漫画を読むことができます。

紙の漫画に比べて、アプリで読む漫画は安いものも魅力の1つです。ここでは、代表的な作品を3つ紹介します。

少年ジャンプ+ とんかつDJアゲ太郎

『少年ジャンプ+』は、週刊少年ジャンプを読めるマンガアプリです。

今の作品だけでなく、週刊過去のジャンプの名作や、ここでしか読めないオリジナル漫画も読めます。特徴として、連載ものやレジェンド作品を『コイン』を使って読むシステムです。

コインは、『ジャンケンバトルで勝敗に応じてゲットする』『対象作品を読んでゲットする』『件クリアでゲットする』『購入する』などの方法があります。

なかでも人気の作品は『とんかつDJアゲ太郎』で、とんかつ屋の息子である主人公勝又揚太郎がDJとの共通点を見いだし『とんかつもフロアもアゲられる男』を目指していく物語です。

ちょっとふざけた画風ですが、知られざるDJの世界を描いた作品でもあり、DJに興味がない人でも思わず興味が湧くような本格的なDJ漫画になっています。

こちらのサイトでは、1話と2話が無料で試し読みできるので、試し読みをしてから購入するのがおすすめです。

[1・2話]とんかつDJアゲ太郎 – イーピャオ/小山ゆうじろう | 少年ジャンプ+

裏サンデー 青のオーケストラ

裏サンデーの人気作品は『青のオーケストラ』です。

ヴァイオリニストの父の元に生まれた主人公青野一は、小さい頃からヴァイオリンの英才教育を受けて育ちました。

両親の離婚がきっかけで1度はヴァイオリンを辞める一(はじめ)ですが、保健室の先生や母親の言葉をきっかけに、再び弾き始めます。

オーケストラ部の強豪校に入学する主人公が、幼い頃にコンクールで一緒だった仲間と再会し、成長する物語です。

裏サンデー | 青のオーケストラ

LINEマンガ シアロア

LINEマンガの人気作品といえば『シアロア』です。ネット配信のみで音楽活動をしている『シアロア』をめぐる人間模様を描いている作品になっています。

活動実態は謎に包まれているものの、シアロアの音楽が多くの人に影響を与えていくのが作品の魅力の1つです。ネットが普及した現代らしい作風の音楽漫画といえるでしょう。

シアロア|漫画無料・試し読み|LINE マンガ

漫画から流れるさまざまな音を楽しもう

音楽漫画にはさまざまなジャンルやテーマがあります。

音楽に興味がある人はもちろん、普段音楽に触れる機会がない人でも、その物語の展開から音楽に興味が持てるようになったり、つい引き込まれたりするようなストーリーの作品が人気です。

本の漫画だけではなく、アプリをはじめとした電子書籍でもたくさんの作品が公開されています。

お試し無料で読めるものも多いので、まずは最初の1話を読んで面白かったら、続きを読んでみるのはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME