ダーツチップを詳しく解説。種類別の特徴や交換のタイミングなど

2019.02.15

ダーツ初心者の大人の男性のなかには、ダーツチップについてわからない人も多くいます。チップとは、ダーツの部品の中で最も消耗する部分なので、こまめに交換しなくてなりません。ダーツチップの種類別特徴や交換のタイミングについて解説します。

ダーツチップとは何か

初心者は、まず『ダーツチップ』について理解しましょう。ダーツチップとは、ソフトダーツの先端部分のことで、ティップとも呼ばれます。一方、ハードダーツの先端部分のことは、ポイントと呼びます。

ここでは、ダーツチップについて初心者にもわかりやすく紹介します。

チップの役割

チップは、ダーツを投げて『ボードに刺す』役割があります。また、刺さったあとは、抜く作業も発生するため、何度も繰り返してプレイすることで、『消耗』していきます。

そのため、強度やボードのチップが刺さるセグメントと呼ばれる部分との相性はとても重要です。

強い精神力を求められるダーツでは、このチップがプレーヤーの『ストレスに大きく影響』するからです。

さまざまな種類を試そう

チップは国内外のさまざまなメーカーから販売されています。同じメーカーでも、チップの長さや使われている素材などの種類によって『特徴』が異なります。

最近はインターネットなどでも手軽に購入できますが、初心者は実際にお店を訪れてスタッフに相談しながら購入するとよいでしょう。

また、自分の持っていないチップを友人が使っていたら交換してもらうのも1つの方法です。

さまざまな種類のチップを試して、お気に入りのものを見つけましょう。

ハードボード用のチップも

一般的にソフトボードで使用されるダーツチップのほか、『コンバージョン』と呼ばれるハードボード用のチップがあります。

コンバージョンは、先端のとがった形状が特徴です。

ダーツチップの種類

ダーツチップには、サイズ・形状・規格の3種類によって分けられます。また、それぞれの種類のなかでも細かく分類されています。

ここでは、サイズ別・特徴別でのダーツチップの特徴を紹介します。

サイズごとの特徴

チップの長さを選ぶ方法は、グリップのときに指をチップにかけるかどうかが1つの目安です。

ダーツチップのサイズには、下記の3種類があります。

  • ショート
  • 通常
  • ロング

ショートタイプは、短いので折れにくい点が特徴です。また、強度にも優れており、ボードに刺さったときもあまり揺れません。バレルを握りこむようにグリップする人や、チップが指に触れてしまうのが嫌な人におすすめです。

1回のプレイで3投とも狭い範囲に集中して刺すグルーピングには不向きな点がデメリットと言えるでしょう。

通常タイプは、最も一般的に使われているサイズです。種類やデザインのバリエーションが豊かなのが特徴です。癖もあまりないため、初心者におすすめです。

ロングタイプは、長いためボードに刺さりやすくグルーピングに向いています。しかし、長さがある分、折れやすく曲がりやすいです。また、チップが長いと刺さったダーツが垂れやすくなり、グルーピングにはさらに有利になります。

ストレート、トルネードなど形状の違い

ダーツチップの形状は、大きく分けるとストレートタイプとトルネードやトルピードなどの特殊形状の2種類あります。

チップのデザインの基本はストレート形状です。スタンダードな形状で、癖はあまりありません。そのため、初心者にも使いやすいです。

特殊形状とは、チップの先端部分がストレートではない形状のものです。根元がギザギザしたり、十字になっていたりします。その形状によって癖があるので、中級者以降の人におすすめです。

バレルに合ったチップが必要

チップはバレルとの接続部分となるネジの形状のタイプが数種あるので、注意が必要です。下記の4種類の規格が代表的です。

  • 2BA
  • 4BA
  • No.5
  • 1/4(ハウスチップ)

ここでは、2BA・4BA・No.5ついて紹介します。

初心者におすすめ 2BA

一般的に使われているのが『2BA』です。ダーツを始めたばかりの人から上級者まで多くのダーツプレーヤーに愛用されています。

最も多くの商品を展開しているので、自分好みのものを選べます。

逆ネジタイプ 4BA

『4BA』は、2BAとは逆に、チップ側が凹になっており、バレルの凸になっているネジ部分にかぶせて取り付ける仕様です。

ただし、重心が前方へかかってしまうため、人によって向き・不向きがあります。

2BAと細さが異なる No.5

規格の中でも新しい企画である『No.5』は、2BAと似ています。異なる点は、ネジ山が約1.6mm細くなった点です。

No.5は細く作ってあることで、後から投げるダーツの邪魔になりにくく、グルーピングしやすいのが特徴です。

工夫を凝らしたチップ達

さまざまなメーカーから、ダーツチップが販売されています。ここでは、工夫を凝らしたチップ2選を紹介します。

ロックできるコンドルのチップ

デザインから生産まですべての工程を日本国内で生産することにこだわりを持つ『コンドル』の『コンドルチップ』は、ネジ部分に緩みにくく折れにくい独自デザインを採用しています。

また、コンドルチップは、専用のチップロックで締めることでしっかりとロックされるため、ほとんど緩むことはありません。

  • 商品名:コンドル コンドルチップ ティップ ホワイト 40pc
  • 価格:519円(税込)
  • amazon:商品ページ

抜きやすいエルスタイルのリップポイント

ダーツプレーヤーに支持されているチップの1つであるエルスタイルの『リップポイント』は、美しいデザインに強靭なボディーが特徴です。

折れにくく、また弾かれにくいため、あらゆるボードでその能力を発揮できます。

また、強度があることで、セグメントに刺さったダーツが垂れて後から投げるダーツが邪魔になることもありません。

鏡面加工が施された先端部分は、抜きやすさも抜群です。

  • 商品名:エルスタイル リップポイント ポイント ホワイト 50本入り
  • 価格:615円(税込)
  • amazon:商品ページ

チップの収納方法

通常、チップは30~50本がまとめられたパック詰めになって販売されています。チップはあくまでも消耗品なので、こまめに交換する必要があるからです。

チップは、プレイ中に折れてしまったり曲がってしまったりすることもあるため、ダーツをするときにはチップの予備を何本か収納して持ち運ぶ必要があります。

チップを収納するにはどんな方法があるのでしょうか?ここでは、チップの収納方法を2つ紹介します。

ダーツケースのポケットに収納

チップを収納して持ち運ぶためには、収納ケースが必要です。しかし、かさばるのは苦手な人もいるでしょう。そんな人は、ダーツケースのポケットを活用する方法がおすすめです。

『カメオ×エルスタイル ダーツケース』は、ダーツ収納スペースのほか、カードポケットと小物ポケットがそれぞれ1つずつあります。この小物ポケットにチップを入れておけば、チップケースを持ち運ぶ必要もありません。

  • 商品名:ダーツケース【カメオ×エルスタイル】クリスタルカラーズ クロコブラック
  • 価格:3908円(税込)
  • amazon:商品ページ

チップケースに収納

購入したパックに入っていたチップを全て保管しておきたい人は、チップケースに収納しましょう。

ダーツティップケース『アルティマダーツ』ならば、チップを40~50本収納可能です。カラー展開もカラフルな赤・ピンク・黄・オレンジ・緑・青・紫と全7色を展開しています。チップの種類ごとにカラーを変えて保管することも可能です。

外蓋はマグネットで固定されているため、スムーズに着脱できます。また、チップを補充する際には、内蓋を外すだけなので、とても簡単です。

  • 商品名:Ultima Darts Colorfulティップ・ケース イエロー
  • 価格:1050円(税込)
  • amazon:商品ページ

知っておきたい豆知識

ダーツ初心者は、ダーツの知識があまりありません。そのため、基本的なアイテムも間違った使用方法をしてしまったり、不便に感じることもあるでしょう。

もちろん、最初から知識を詰め込む必要はありませんが、知っておきたい知識、知っておくと便利な知識などのいくつかあります。

ここでは、初心者でも知っておきたい豆知識2点を紹介します。

変形したら交換。他パーツに影響する

チップは、繰り返しボードに投げて抜き差しを行うことで、チップ自体が欠けてしまったり曲がってしまったりする可能性が高いです。

もったいないからと言って、変形したチップを使い続けることで、チップが弾かれやすくなります。チップが弾かれると、ダーツは地面に落ちて衝撃を受けることになります。

その結果、チップだけでなく他のパーツ類にもダメージを与える危険性があるので、変形してしまったらすぐに交換しましょう。

ダーツのパーツによってはとても高価なものもあります。チップをもったいないからと言っていると、もっと高い代償を払うことになるので注意しましょう。

バレルからの外し方が簡単なチップも

バレルからチップの取り外すのが面倒な人は、外し方が簡単なチップを選んでみましょう。

『Fit Point PLUS』は、専用パーツのランナー部分『PLUSツール』が付属したチップです。この、PLUSツールを使うことで、チップのロックだけでなく、取り外しも簡単に行えます。

PLUSツールも、チップと同様に何回も使用していくうちに消耗していきますが、チップ10本につき1本付属されているので安心です。

  • 商品名:COSMO DARTS FIT POINT PLUS 50本入り (ブラック)
  • 価格:432円(税込)
  • amazon:商品ページ

まずはリーズナブルなチップで練習を重ねよう

チップは、ボードに投げて抜き差しを何度も繰り返します。そのため、ダーツ用品のなかでは最も消耗されるアイテムです。

初心者は、まずリーズナブルな2BAチップで練習を重ねていきましょう。そして、慣れてきたら、こだわりのチップを使うのがおすすめです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME