ピアスの種類や名前について知ろう。人気ブランドとともに紹介

2019.02.14

ピアスの種類や名前は、それぞれの位置によって決まっています。名称と位置を知り、おしゃれに個性を出していきましょう。人気のピアスのブランドも一緒に紹介するので参考にしてみてください。

耳の位置とピアスの名称

耳のどの部分にピアスを開けるのかで、その名称も変わってきます。まずは、代表的なピアスの位置と名称を紹介するので参考にしてみてください。

耳上部の位置と名前

耳の上部で1番代表的な部分として知られているのが、軟骨のピアスの代名詞とも言える『ヘリックス』です。内側に折れ曲がった軟骨部分で、耳上部の中では比較的開けやすい位置ということもあり『初心者』に人気があります。

他にも、耳上部の山折れになっている軟骨の部分を『ロック(ルーク)』と呼びます。少し複雑な位置ですが、あまり開けている人がいないので『個性が出せる部分』です。ロックに近い耳の上部の付け根にするピアスは『ダイス』という名前がついています。

耳下部の位置と名前

耳の穴の前にある、三角の軟骨にするボディピアスが『トラガス』と呼ばれる部分で、開けている人も増えてきている人気の部位です。ただし、開ける部分をしっかりと見極めなければ『ピアスを異物とみなして』穴がズレてしまうこともあるので注意が必要です。

他にも、『コンク』と呼ばれる耳の穴付近の軟骨にするボディピアスや、耳の中間部分の端から山折れに盛り上がっている部分の『スナッグ』なども人気の部分です。

まだまだ紹介しきれないほど、たくさんの位置と名称があるので、自分好みの場所を見つけておしゃれに取り入れていきましょう。

ピアスの形やデザインの種類

次に知っておきたいのがピアスの形やデザインの種類です。実際に付けるピアスの形やデザインの種類を知っておくことで、大まかなおしゃれの方向性を考えることができます。代表的なデザインの形と名称を紹介するので参考にしてみてください。

キャッチピアスやリングピアス

キャッチピアス(スタッドピアス)は、最もポピュラーなタイプのピアスの種類です。耳に差し込む部分が真っすぐで、ピアスホールに通した後に『後ろをキャッチ(留め具)』で止めて付けます。

リングピアス(フープピアス)は、輪っか状のデザインの種類です。リングの一部、又は全体が可動することで挟む・差し込むタイプのものなどがあります。付け方にも多くの種類があるので、購入前に自分でも扱えるか確認しておくのがおすすめです。

アメリカンピアスやスナップピアス

アメリカンピアス(フックピアス・チェーンピアス)は、ピアスホールにフック状になっている部分を通して付けるピアスです。留め具が付いているものや、フックを通してぶら下げておくだけのものなど種類があります。

チェーンピアスは、フック状の部分からチェーンを活用してデザインされたものを指します。フック式のピアスとチェーンピアスを総称してアメリカンピアスとしているお店などもあります。

スナップピアス(ワンタッチピアス)は、ポストをワンタッチで固定することができるように作られているピアスです。U字になっている部分を留め部に引っ掛けて止めるタイプと、ボディの1点に差し込むことで止めるタイプなどがあります。

リング状になっているピアスが多く、デザインも可愛いものから格好いいものもあるので『男性・女性問わず』人気があります。

ボディピアスの種類

一般的に、ボディピアスと呼ばれるものは『サージカルステンレス・チタン・ゴールド(14,18,24金)プラチナ』などで作られているピアスのことです。鼻やヘリックスなどの軟骨ピアスなどの特定の部分に向けて開発されているものが流通しています。

ボディピアスは、軟骨などに合わせて形状が作られていますが、サイズや形状に問題がなければ『耳たぶのピアス』としても使えるので覚えておきましょう。

このように、それぞれの付け方での使いやすさ、デザイン性をみて選べるのもピアスの魅力と言えるのです。

ピアスの人気ブランド

ピアスの人気ブランドを2つ紹介します。特に男性に人気があるブランドだけを厳選しているので、ピアスの購入場所として参考にしてみてください。

マーズ

M・A・R・S(マーズ)は、デザイン性と機能性に特化しているピアスが多く販売されているブランドです。上品なピアスなので、大人の男性の魅力を惹き立てると人気を集めています。

また、付け方が簡単なものが多いので初心者でも安心して付けられている点もおすすめのポイントです。

クロムハーツ

Chrome Hearts(クロムハーツ)は、多くの芸能人がおしゃれに取り入れているブランドです。ネックレスやブレスレットなどのアクセサリーだけではなく、ピアスもロゴをデザインしたものや、大人の男性にぴったりの渋いものまで幅広く取り扱っています。

高価なイメージがありますが、ピアスであればお手頃な価格で購入できるものも多いので『おしゃれのポイント』としても活用できるのも見逃せません。

種類や名前を知って好みのスタイルで

ピアスの位置によって名前が違うほか、付けるピアスも形状やデザインで名前が違います。それぞれの名前を知ることで、より楽しみが広がるピアスの世界は、好みのスタイルで自分なりのおしゃれを見つけるにも最適です。

コーディネートに合わせたピアスで、さらに男らしさを演出していきましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME