ボードゲームカフェに名古屋で行くなら?おすすめカフェはここ

2019.02.13

その昔、ボードゲームの『バンカース』などで遊んだ人もいるでしょう。現在は種類もたくさんあり、様々なタイプがあります。そんな中、ボードゲームカフェが全国で増加中です。名古屋のおすすめボードゲームカフェを紹介します。

ボードゲームとは

ボードゲームとは、昔でいえば『人生ゲーム』のように、数人で盤(ボード)を囲んでするゲームです。

簡単なものからハードなものまで、何種類もあるのでその人に合ったゲームを見つけのも、また楽しみ方の1つです。ボードゲームの現在の傾向の分類・種類と定番を紹介します。

主な分類や種類

ひと昔前にはボードゲームの種類は限られていましたが、現在プレイされているボードゲームには実にたくさんの種類があります。ゲームの傾向で分類すると、以下の10種類になります。

  1. ブラフ系:相手の宣言の真偽を見破るゲーム
  2. 正体隠匿系:与えられている役職を、相手にバレないように欺くゲーム
  3. 拡大再生産系:ゲームの序盤に購入したもので、さらなる資産拡大を図るゲーム
  4. 競り系:競りで自らが欲しいものを手に入れるゲーム
  5. タイル配置系:タイルを使い、柄を合わせるゲーム
  6. スピード系:早い者勝ちの勝負で、全員同時にスピードを競うゲーム
  7. 表現系:出されたお題を言葉やイラストで表現するゲーム
  8. 構築系:デッキなどを思うままに構築して、カスタマイズする戦略的ゲーム
  9. ドラフト系:カードなどを順に回し、好きなものを選び取るゲーム
  10. お絵かき系:ゲーム中に絵を描き、その下手さ加減で笑えるゲーム

定番のボードゲームと言えば

次に、よく知られている定番の人気ゲーム、鉄板ゲームの代表格を、いくつか紹介します。

  • タカラ 人生ゲーム THE GAME OF LIFE:昔ながらの国民的ゲーム
  • ワンナイト人狼:村人陣営と狼陣営に分かれて、敵対陣営の処刑を目指すゲーム
  • モノポリー クラシック:大阪に詳しくなれる、文句無しの定番ゲーム
  • ドラえもんバトルドーム:運に左右される要素が強い、盛り上がるゲーム
  • ボードゲーム 野球盤 3Dエース スタンダード:アナログな野球ゲーム
  • どこでもドラえもん 日本旅行ゲーム:老いも若きも全員で楽しめるすごろくゲーム

ボードゲームカフェはどんなとこ?

ボードゲームの楽しさや面白さは、なんとなく理解できても、ボードゲームカフェとはどんなところか、わからない人もいることでしょう。ボードゲームカフェの基本情報を確認しておきましょう。

1人でも楽しめてコスパが良い

まず、『1人で行っても充分楽しく遊べる』ところです。そもそも、ボードゲームカフェに来るのは、相当のボードゲーム好きか、強く興味を持っている者同士なので、知らない者同士の相席でも楽しく遊べます。

オンライン対戦だと、どうしても勝ち負けにこだわりがちですが、リアルに遊ぶボードゲームは、コミュニケ-ションを楽しむ部分も大きいのです。

また、『コストパフォーマンス』に優れています。5時間ほど遊んで1500円程度(休日は2000円程度)で遊べる店もあり、それだけの時間を没頭して遊べて、そのコストはお値打ちです。食べ物は持ち込みOKの場合もあり、飲み物は1ドリンク付きの料金体系もあります。

お金のやりとりはもちろんNG

ボードゲームカフェの客同士でゲームをして、もし金品のやりとりが発生したとしたら刑法の『賭博罪』にあたります。これはいうまでもなくNGです。

とはいえ、ゲームで勝ったらドリンクをおごってもらえる程度のことであればOKでしょう。ドリンクも金品と言えるのですが、例外があって『一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるとき』は犯罪に問われないことになっています。

価格も低く、すぐに消費されてしまうものの範疇なので、ドリンクやお菓子という程度の物であれば特に問題ありません。ただし、程度によるので、飲み物ならなんでもOKではありませんから、気をつけてください。

名古屋のボードゲームカフェ

名古屋がある愛知県ではボードゲームカフェが 23店舗あります。名古屋市内でおすすめのボードゲームカフェを紹介します。

talk CAFE chikaku

『talk CAFE chikaku』は『一緒にあそぼう!』が合言葉の、隠れ家的なボードゲームカフェです。名古屋市中川区のビル3階にあります。平均予算は1000円前後です。ボードゲーム保有数は112個で、イベントも盛んに開催されています。

  • 店舗名:talk CAFE chikaku(トークカフェチカク)
  • 住所:愛知県名古屋市中川区柳森403pennビル3F
  • 営業時間: 平日12:00~22:00、休日12:00~23:30
  • 公式HP

Gnade von KAGURA

国際センター駅から徒歩1分、名古屋駅から徒歩10分の『Gnade von KAGURA(グナーデ フォン カグラ)』は駅近、3階建てのボードゲームカフェです。実に400種類以上のボードゲームで遊べて、ドリンク・食事もメニューは充実しています。平均予算は1000〜2000円です。

  • 店舗名:Gnade von KAGURA(グナーデ フォン カグラ)
  • 住所:愛知県名古屋市中村区名駅5-16-17 花車ビル南館1階5号
  • 電話番号:052-526-2070
  • 営業時間:日~木・祝日12:00~23:00、金・土・祝前日12:00~5:00
  • 公式HP

ゴンドリエーレの自宅カフェ ベネチ屋

名古屋駅から1km、円頓寺商店街と四間道の交差点近くにある『ゴンドリエーレの自宅カフェ ベネチ屋』のオーナーはベネチアン・ゴンドリエーレさんで、なんとイタリア創作ボードゲーム特別賞受賞者なのです。

1階がアンティーク雑貨カフェ で2階は世界のチェス館、3階はバーになっています。平均予算は1000円前後です。

  • 店舗名:ゴンドリエーレの自宅カフェ ベネチ屋(ゴンドリエーレノジタクカフェ ベネチヤ)
  • 住所:愛知県名古屋市西区那古野1-21-4
  • 電話番号:052-710-5331

カフェならより楽しいプレイができるかも

ボードゲームの基本情報と、ボードゲームカフェについて紹介しました。ボードゲーム自体が楽しいのはもちろんですが、新しい仲間と出会えるボードゲームカフェに行けば、さらに楽しくゴキゲンにプレイができることでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME