スーツをカジュアルに着こなすコツとは?大人メンズのファッション塾

2019.02.12

スーツのカジュアルな着こなしを失敗しないためにも『知っておきたいポイント』を紹介します。カジュアルの度を超えた着こなしや、綺麗に着こなすための鉄則を紹介するので参考にしてみてください。

スーツのカジュアルな着こなし方とは

スーツのカジュアルな着こなし方を覚えておくことは、スーツ姿の良さを惹き立てることにも繋がります。知っておきたい鉄則や、大人メンズのスマートカジュアルについて解説するので参考にしてみてください。

大人メンズのスマートカジュアル

大人メンズのスマートカジュアルと言われるものは、ドレスコード(服装規定)の1種と言われています。結婚式の2次会やレストランでのディナーなどでは、一定の品格が必要とされ『ドレスコード』が用意され、場の雰囲気に合わせた服装が重要です。

スマートカジュアルと呼ばれる服装の基準は、厳格な定義が設けられていませんが『ジャケパンスタイルをベースとしたスーツよりもカジュアルダウンした服装』が基本です。

ほどよく上品でオフィシャルな普段着という印象を与えるスマートカジュアルは、スーツのベースを残してきれいめのコーディネートで仕上げるのがポイントです。

失敗しないための鉄則

スマートカジュアルに失敗しないためにも覚えておきたい鉄則が『スーツを少しだけ崩してカジュアル化させる』というものです。スーツスタイルの基本を残して、モノトーンやインナーは白、スーツ上下は黒といった色使いなどにも注意しておきます。

スーツを少しだけ崩してカジュアル化させるという考え方がメインなので、カラフルな色使いや、カジュアルに寄りすぎてしまうのを防げます。

注意しておきたいのがスマートカジュアルとして短パンコーデやサンダルコーデをしてしまうことです。

短パンコーデはリゾートなどのドレスコードでは良くても、レストランでは見た目からもよくありません。また、サンダルコーデも同様です。夜の外出であればスニーカーコーデもおすすめできないため、シーンに合った靴選びをしましょう。

スーツを大人っぽく着崩す具体的な方法

では、実際にスーツを大人っぽく着崩すにはどうしたら良いのでしょうか。具体的な方法と着こなしのポイントを紹介するので参考にしてみてください。

柄シャツで遊び心をプラス

柄シャツで遊び心をプラスすることは、カジュアルスーツの着こなしでは大活躍する方法です。スーツスタイルでのメンズらしい雰囲気を残しながらも、季節感や遊び心のある大人の余裕を演出することができます。

シャツを1つ変えるだけでも、雰囲気の違うカジュアルな着こなしが試せるので色々と着合わせをしてみましょう。

セットアップのジャケットやパンツを着回す

セットアップとはセットアップスーツの略で、衣類コーディネートの手法の1つです。ファション界では、普通のスーツのジャケットとパンツの組み合わせをセットアップと呼びます。また、スポーツウェアにもあるような上下揃った組み合わせなどのことを意味しています。

このセットアップのジャケットやパンツの着回しを覚えるだけで『スマートカジュアル』を演出することができます。

ジャケットやパンツを着回すときには、着回しやすい色のネイビーを選ぶ、ゆとりのあるジャケットとパンツを合わせてゆったりと仕上げる、種類豊富なTシャツと組み合わせるなど工夫をしてみましょう。

ジャケパンスタイルは革靴で上品に仕上げる

ジャケパンスタイルを使って、革靴で上品に仕上げることでスマートカジュアルを演出できます。中でも、白パン×黒ジャケットの大人っぽいスマートカジュアルに革靴をプラスすれば、ドレスコードにもオフィスカジュアルにもぴったりなので参考にしてみてください。

季節別コーディネート例

スマートカジュアルを目指すためにもコーディネートの例をチェックしてみましょう。それぞれの季節に合わせた工夫を覚えるだけでも、また違った雰囲気を楽しむことができます。

春夏は色数を減らして爽やかに

春夏の季節でコーディネートを考えるときには、色数を減らして爽やかさを演出していきます。例えば、ベージュのセットアップを選び、カットソーとスニーカーを合わせて大人っぽく着こなす色味の少ないコーディネートなどです。

色味を抑えている分、靴は素足履きして肌色をプラスするなどの工夫もアクセントになるのでおすすめです。ただし、場所によっては素足履きがふさわしくないこともあるので、TPOに合わせて行うようにしましょう。

秋冬はニットのインナーで大人の余裕を

秋冬の季節でコーディネートを考えるときには、インナーに工夫をしてみましょう。例えば、インナーをセーターにするだけで、首元が窮屈にならずに暖かさを確保したまま『ラフで知的な印象』に近づきます。

インナーを変えるだけで自由な着回しができるセットアップで、秋冬には大人の余裕を出しながらコーディネートをしていきましょう。

ダウンベストのアウターは着回し力抜群

ダウンベストのアウターは、セットアップスタイルとの相性がよく『上品なコーディネートをカジュアルダウン』するのにぴったりです。色味を少なく抑えることで、大人っぽくシックにまとまるほか、さらにセットアップとダウンジャケットを同系色で揃えると落ち着きを演出できます。

秋・冬に分けて季節感を出しながら、オシャレにカジュアルダウンするセットアップをいくつか用意してみましょう。

小物はどう合わせる?

スマートカジュアルを演出するのはインナーの工夫や靴だけではなく小物も役立ちます。着崩しに便利なアイテムから合わせやすい小物を紹介するので参考にしてみてください。

着崩しに便利なアイテムとは

着崩しに便利なアイテムは、アクセントカラーになるスニーカーや、伊達眼鏡、ブレスレットなどがあります。他にも、プリントのカットソーやきれいめのレザーシューズなども着崩しに役立つと人気のアイテムです。

それぞれをアクセントやポイントに加えながら、トータルで違和感のないようにスマートカジュアルを目指して『個性』もプラスしてみましょう。

ニットタイでこなれ感アップ

ニットタイは、ニット素材で編み込まれたネクタイのことで『通常のネクタイより素材感がカジュアル』なことからスマートカジュアルにぴったりの小物です。ビジネスシーンやプライベートシーンでも役立つので1つは持っておきたいアイテムとも言われています。

素材には、コットンやウール、カシミアなど様々なものが使われ『色合いによって違った印象』を与えることができます。ビジネスシーンでは、ダークトーンのものを選び、スマートカジュアルではアクセントに色合いを選ぶというのがおすすめです。

クラッチバッグや革トートを合わせる

クラッチバッグ(肩紐のついていない小型のハンドバッグ)や革トート(革製の通常持ち手が2本ある手持ち鞄)を合わせるのもスマートカジュアルならではの楽しみ方です。

クラッチバッグは、スタイリッシュにまとまりやすく『シンプル』なものを選ぶだけで、ドレスからカジュアルまで幅広く取り入れることができる便利な小物です。上質なクラッチバッグを使えば、よりエレガントな着こなしに近づくので覚えておきましょう。

革トートは、シンプルでありながら大人っぽさを兼ね備えたものを選ぶようにします。鞄の型崩れを起こさないように、入れる荷物の量や『あらかじめ少し大きめのものを選んでおく』ようにするのがポイントです。

色合いを合わせれば、男らしく堂々とした雰囲気を演出してくれます。

TPOに合わせてスーツを楽しもう

スーツはTPOに合わせて楽しむことで、ビジネスからプライベートまでオシャレに彩ることができます。着こなし次第で印象を大きく変えることができるスーツだからこその楽しみは、大人の男性の楽しみ方の1つとも言えるのです。

普段から同じようなコーディネートになってしまうという人は、スマートカジュアルを取り入れて、よりスーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME