テキーラを楽しむおすすめの飲み方。ショットだけじゃもったいない

2019.02.20

テキーラといえばアルコール度数が高くてショットで飲むイメージが強いお酒ですが、そんなテキーラの美味しい飲み方を知っていますか?まだまだ日本ではなじみが薄いテキーラを好きになってもらうために、さまざまな飲み方と魅力を紹介します。

テキーラとはどんなお酒?

テキーラというお酒は聞いたことがあるけれど、あまり飲んだことがないという人も多いのではないでしょうか。

テキーラ初心者の方のために、テキーラはどんなお酒なのかを解説します。

竜舌蘭を原料としたメキシコのお酒

テキーラとは、竜舌蘭(リュウゼツラン)というアロエに似た多肉植物の茎の汁から作られている蒸留酒です。アガベ、ブルーアガベなどとも呼ばれています。

このアガベを何パーセントの割合で使用するかによってテキーラとは名乗ることができなかったり、プレミアムテキーラと名乗ることができたりと変わっていきます。それについては後ほど解説します。

また、同じアガベから作る醸造酒ではプルケというお酒があります。

アルコール度数が高いお酒としても有名

テキーラといえばアルコール度数が高いことで知られています。テキーラとして認められる基準としてのアルコール度数は35~55%ですが、ほとんどのテキーラのアルコール度数はだいたい38~45%くらいに落ち着きます。ウイスキー(40~60%)やジン(40~50%)など他の蒸留酒と比較するとやや度数が低めですが、それでもビール(5~6%)や日本酒(15~16%)と比べるとその度数の高さにびっくりしますね。

テキーラの美味しい飲み方5選

テキーラのことが分かったところで、テキーラの楽しみ方を5つご紹介します。色々試して、好みの飲み方を見つけてみてください。

ショットに塩+ライム

まずはテキーラの飲み方の王道でもある「ショットに塩+ライム」の飲み方を紹介します。

用意するものは、カバジートと呼ばれる細長いショットグラスと塩、そしてかじりやすく、くし切りにしたライムです。

飲み方はとってもシンプルで簡単です。手の甲に塩をのせ、それをなめてからショットグラスのテキーラを一気に飲み、最後にライムをかじるだけです。

この飲み方実は、テキーラの本場メキシコでは伝統的な飲み方なのです。

なぜライムをかじるかというと、ライムのビタミンCが度数の高いテキーラから喉を保護する役目と悪酔いを防ぐ役目があるからです。もちろん、テキーラとの相性も良く、美味しいからという理由でもあります。

しかしやはり度数が高いテキーラを一気飲みするのは危険なので、自分の体質や体調を考えて飲みすぎないように気をつけましょう。

ストレート

テキーラを軽く冷やすか、常温のままグラスに注いで飲むのがストレートのおすすめの飲み方です。ストレートではテキーラの芳醇な香りや甘み、口の中に残る余韻を楽しめます。

オン・ザ・ロック

オン・ザ・ロックとはグラスに氷とウイスキーを入れる飲み方です。この飲み方は主にアメリカで親しまれています。

ストレートで飲むよりも口当たりが良く、氷が溶けることによってだんだんとまろやかに味わいが変化していくのを楽しめます。

ストレートでは少し飲みにくいけれどテキーラをそのまま楽しみたいという方はこの飲み方がおすすめです。

ショットガン

ショットガンとはテキーラと炭酸水またはジンジャーエールを1:1の割合で混ぜた飲み方です。

単純に1:1で混ぜるだけではなく、混ぜた後にグラスでテーブルを叩き、炭酸をテキーラ全体に行きわたらせます。そしてそのまま炭酸が消えないうちに一気に飲み干します。

度数が高めのテキーラと炭酸なので飲みにくそうに思われがちですが、実はお酒が苦手な人でも飲みやすくなっています。テキーラをボトルごと冷凍庫でキンキンになるまで冷やし、シャーベット状にしたものを使うとさらに飲みやすくなります。

ショットガンは飲みやすくなっていますが、テキーラの種類によってはアルコール度数20度を超える場合もありますので、気づけば飲みすぎてしまったということになりかねません。自分の体質や体調を考えて、飲みすぎないように気をつけましょう。

カクテル

テキーラのカクテルといえば、マルゲリータ・エルディアブロ・テキーラサンライズ・マタドールなどが有名です。

他にもたくさんの種類のテキーラカクテルがありますが、今回はこの4つのカクテルレシピを紹介します。

マルガリータ

マルガリータとはテキーラの中でも最も有名なカクテルです。度数は少々高めのショートカクテルなので、ゆっくりと味わいながら飲むのをおすすめします。

【材料】

  • テキーラ 30ml
  • ライムジュース 15ml
  • ホワイトキュラソー 15ml

【レシピ】

  1. ウイスキーグラスを用意し、グラスの縁に塩を付けます。
  2. 材料をシェイクし、グラスに注ぎます。
  3. お好みでライムを飾れば完成です。

エルディアブロ

エルディアブロとは悪魔という意味で、少し飲み口が刺激的なカクテルです。真っ赤な色合いがとってもおしゃれです。

【材料】

  • テキーラ 30ml
  • ライムジュース(またはレモンジュース) 15ml
  • クレーム ド カシス 15ml
  • ジンジャーエール 適量

【レシピ】

  1. 氷を詰めたグラスに材料を注ぎ、炭酸が抜けないようにそっとかき混ぜます。
  2. お好みでレモンを添えれば完成です。

テキーラサンライズ

テキーラサンライズはオレンジ色の綺麗なカクテルです。オレンジジュースで割るため、甘く飲みやすいながらもしっかりとテキーラの味が感じられるカクテルになっています。ちなみに、オレンジジュースの代わりにレモンジュースで割ると「テキーラサンセット」というカクテルになります。

【材料】

  • テキーラ 45ml
  • オレンジジュース 90ml
  • グレナデンシロップ 10ml

【レシピ】

  1. 氷を詰めたグラスに、材料のテキーラとオレンジジュースを注いでかき混ぜます。
  2. グレナデンシロップをグラスの底に沈めるように静かに注ぎ、完成です。

マタドール

マタドールとはスペイン語で闘牛士のこと。パイナップルとレモンで割るので甘酸っぱく、飲みやすいカクテルです。

【材料】

  • テキーラ 30ml
  • パイナップルジュ-ス 45ml
  • レモンジュース 15ml
  • 塩 適量

【レシピ】

  1. ロックグラスに氷を入れ、材料を注いでかき混ぜるだけで完成です。

マルガリータ以外のカクテルは混ぜるだけなので比較的簡単です。また、テキーラをコーラやジンジャーエール、パイナップルジュース、トマトシュースなどのジュースで割るだけで、美味しいカクテルができます。

ロンググラスに氷を詰め、テキーラ1:割り材4の割合で注ぐだけで自宅でも簡単にテキーラカクテルが楽しめるようになります。

テキーラにおすすめのチェイサー

一般的なテキーラはアルコール度数40度以上と、かなり強い部類のお酒です。

せっかくの美味しいテキーラを気兼ねなく楽しむために、こまめにチェイサーを頼むことも忘れないようにしましょう。ここではテキーラに合わせる伝統的なチェイサー『サングリータ』をご紹介します。

トマトジュースがベースの「サングリータ」

「サングリータ」とは「小さな血」という意味のテキーラを飲むときの伝統的なチェイサーです。作り方は、トマトジュースにオレンジジュースを1:1で混ぜ、ライムを少し絞ります。お好みでチリソースや塩、胡椒、すりおろした玉ねぎ、生姜などのスパイスを加えても良いでしょう。

テキーラを飲みすぎてしまわないようにお供におすすめです。

テキーラを美味しく飲むためのポイント

テキーラを美味しく飲むために、気をつけたいポイントをまとめています。飲みすぎてせっかくの美味しいテキーラが台無しに…なんてことのないように、ぜひ参考にしてみてください。

プレミアムテキーラを選んで飲む

テキーラは原料にアガベを51%以上使用していることが一つの条件になっています。そしてプレミアムテキーラとは原料となるアガベを100%使ってできたテキーラのことを言います。

プレミアムテキーラは純度が高い分、雑味がなく飲みやすいです。プレミアムだから値段も相当高そう・・・と思うのですが、実はよく飲まれている定番銘柄は750mlボトルで3~4000円前後とそんなに高くありません。

もちろん値段が高いから良いというわけではありませんので、自分の好みで選びましょう。

チェイサーと一緒に飲む

テキーラをストレートやロックなど度数の高いままのむときはチェイサーと一緒に飲むのがおすすめです。

チェイサーはメインとして飲んでいるお酒よりもアルコール度数が低いものならなんでも大丈夫です。一般的には水や炭酸水ですが、テキーラのチェイサーはサングリータが伝統的ですし、海外ではビールをチェイサーにすることもあります。

ゆっくりと味わうように飲む

テキーラをストレートやロックなど度数が高いまま飲むときは、必ずゆっくりと味わうように飲みましょう。また、ショットやショットガンなどで一気に飲むときはハイペースで飲むとアルコール中毒になる危険性があるので絶対にハイペースで飲んではいけません。

お酒の楽しみ方は人それぞれですが、美味しいお酒をゆっくり嗜むのが大人の飲み方です。

色々な飲み方でテキーラを美味しく飲もう

テキーラの魅力はいかがでしたか?

ストレートやロックでテキーラ本来の味をゆっくり味わってみたり、お酒が苦手な方はジュースで割ってテキーラの美味しさを感じたりと、いろいろな楽しみ方があるのです。

いろいろな飲み方をしてみてあなた好みのテキーラの飲み方を見つけてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME