囲碁のルールをアプリで覚える。おすすめのアプリを紹介します

2019.02.11

囲碁は海外でも人気の高いゲームで、近年ではネットで国内外問わず多くの人と対戦できます。初心者には敷居が高そうに思われるかもしれませんが、まずはルールの習得やオンラインでの実戦も簡単にできるアプリから始めると良いでしょう。

囲碁初心者がルールを覚える方法

囲碁の初心者にとって、ルールを覚えるにはどのような方法があるのか、効果的な方法をいくつか紹介します。

ルールを知っている人に教えてもらう

なんといっても囲碁が打てる人から、直接教えてもらうのが確実です。囲碁の参考書籍でルールを覚えるのも良いですが、実践的に石を動かしつつ説明してもらうと分かりやすいです。

教え方が上手な人であれば、たった10分程度の説明でも初心者が理解できるようにしてくれるでしょう。教えられる側としても、モチベーションアップにつながり、もっと学びたいという意欲が湧いてきます。

地域のお祭りや縁日、イベントでも囲碁のブースがよくあるので、思い切って飛び込んでみれば、先輩方が優しく教えてくれるはずです。

本やサイトの解説を読む

基本的なルールさえ知れば、本やサイトを利用してさらに詳しく学べます。

『はじめての囲碁入門』は、最初に読む囲碁本として基本ルールや打つ上での考え方がしっかり解説されているので、おすすめです。

  • 商品名:はじめての囲碁入門-すぐ打てる! 一人で上達できる!
  • 価格:1134円
  • amazon:商品ページ

『東大教養囲碁講座』は東京大学で開催された囲碁講座を文章に起こしたものです。一見難しそうですが、とても分かりやすくて初心者に向いています。

  • 商品名:東大教養囲碁講座―ゼロからわかりやすく
  • 価格:918円
  • amazon:商品ページ

囲碁ルール解説サイトの『やさしい囲碁入門講座』はルール・基本の打ち方・実戦の打ち方・囲碁クイズ・用語辞典などのカテゴリーがある、充実した内容の入門サイトです。

囲碁ルール解説サイト – やさしい囲碁入門講座

初心者に対応したアプリを使う

現在はネットの普及で、どこにいてもオンラインで指導碁が受けられ、スマートフォンなどの囲碁アプリを使って手軽に囲碁が楽しめる時代です。将棋もそうですが、一昔前では考えられないぐらい、一般人にも門戸が開かれています。

棋力アップを望むなら、指導碁で先輩方から教えてもらうのが近道ですが、詰碁などの研究をすることも大切です。アプリを利用すれば、詰碁の本を持ち歩く必要がなく、スマーフォンさえあれば空いた時間を活用して覚えられます。

実戦的にルールを覚えられる囲碁アプリ

最近の囲碁アプリはとても優れていて、初心者でも実戦的にいろいろなことを覚えていけるようになっています。分かりやすくて楽しめる、おすすめのアプリを紹介しましょう。

囲碁教室 入門編

『囲碁教室』(入門編)は、初心者でも囲碁を簡単に学べる入門アプリです。囲碁の基本ルールや対局の流れ、『活路』をどうやって作るかなど、囲碁を楽しむために学んでおきたいことを、スライドショーで分かりやすく解説してくれます。

あと一手打てば相手の石を取れる『アタリ』や、アタリに連続して石を打てない『コウ』など、実際に打ってこそ理解しやすい項目も解説してくれます。

さらに問題集も用意されているので、上達を目指す人が基礎から学ぶためのツールとして優れています。

みんなの囲碁 DeepLearning

『みんなの囲碁 DeepLearning』は最新技術である『ディープラーニング』で学習した思考エンジンを対戦相手にして、囲碁のゲームができます。

正式な19×19マスの19路盤だけでなく、初心者にも始めやすい9路盤や13路盤といった碁盤もあります。17段階のレベル設定ができて棋譜が保存できるうえに、盤面編集機能も搭載した便利なアプリです。

囲碁アイランド

日本棋院公式の『囲碁アイランド』は、初歩的なルールから基本的な技術までを学べるアプリです。

愛らしいキャラクターのアニメーションで解説してくれるので、子どもから大人まで簡単に囲碁を学べます。1~10段階のレベルに分かれており、1段階は無料で、2段階からは有料になります。

無料の1段階でも、練習問題や総合問題はなかなかのボリュームなので、満足度の高いアプリといえるでしょう。

ルールを覚えたら対人戦にもチャレンジ

囲碁の基本ルールを覚えたら、どんどん対人戦に挑戦して腕を磨きましょう。オンラインを利用すれば、対面ではなくても人を相手に囲碁が打てます。

ネットやアプリで世界中の人と対戦

海外の人とも対戦できるサイト・アプリを選ぶなら、日本棋院運営の『幽玄の間』がおすすめです。元々パソコン向けのネット囲碁局ですが、スマートフォンにも対応しています。

ちなみに、こちらは無料だけでなく、有料ゾーンもあります。有料ゾーンはシステムが充実していて使い勝手が良いので、料金が発生しても構わないならおすすめできます。

会員登録してから5日間に限り、有料ゾーンを無料お試しできるので、使っているうちにそのまま有料会員になる人も多いようです。

幽玄の間 | 日本棋院インターネット囲碁

碁会所や囲碁サークル、囲碁カフェに行く

オンライン対戦に満足できず、リアルに碁盤をはさんで対局したいときには、どこに行けば良いのでしょうか。

昔からある碁会所だけではなく、最近では囲碁サークル・囲碁喫茶・囲碁カフェなどもあります。あるいは、プロの棋士が中心になって運営しているワークショップなども良い選択肢です。

このような場所にはホームページがあることが多いので、調べて足を運んでみると良いでしょう。

碁会所は行きにくいというイメージがあるとしても、初心者向けに囲碁教室をやっているところもありますから、探してみることをおすすめします。

アプリでルールを覚えたら実戦を楽しもう

現代の囲碁シーンは、初心者でも気軽に学べる環境が整っていて、ネットやアプリを使えばコストもかけずに囲碁の基本をマスターできます。

そしてオンラインで世界の囲碁ファンと対戦もできる恵まれた環境です。基本のルールを覚えたら、ぜひ積極的に実戦を楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME