釣りで使うルアーの主な種類。海釣りやバス釣り用の主なルアーを紹介

2019.02.10

ルアーにはたくさんの種類があり、それぞれが独自の個性を持っています。その分類や特徴を知ることで、目的に合わせたルアーの選択がスムーズになるでしょう。海釣り用・バス釣り用の、主なルアーの種類についても紹介します。

ルアーの種類とは

『ルアー』とひとくちに言っても、その種類は膨大です。狙う魚の種類や釣り場、仕掛けとの組み合わせなどによって、使用するルアーは変わります。初心者のうちはそれらの違いが分からずに戸惑うことも多いのではないでしょうか。

まずは、基本的なルアーの分類から確認していきましょう。

動く深さによる分類

ルアーを選ぶ際に、もっとも重要なポイントとなるのが『レンジ(深度)』です。

どれほどテクニックのある釣り人でも、ターゲットとなる魚が泳いでいる深さにルアーを届けられなければ、釣果をあげることはできません。

主なルアーの分類を、水に対する比重の軽い順(レンジの浅い順)に並べると、以下のとおりです。

  1. トップウォーター
  2. フローティング
  3. サスペンデッド
  4. シンキング

魚が遊泳するレンジは魚種や季節等の条件で変わるため、それぞれに対応したルアーを選ぶ必要があります。

素材や音の有無

ルアーは、大きく『ハードルアー』と『ソフトルアー』の2種類に分けられます。

ハードルアーは、金属やプラスチック、木のような固い素材で作られたものです。一方、ソフトルアーは、樹脂やラバーのようなやわらかな素材で作られています。

このうちハードルアーは、素材の特性からさまざまな工夫を凝らせることが可能です。よく知られる例として、音によって魚にアピールするために、内部にラトルと呼ばれるボールを仕込んだものが挙げられます。

海釣り用のルアーの主な種類

海釣り用のルアーは、『ソルトルアー』とも言われ、海での使用を前提に作られています。淡水用のルアーにくらべ、錆に強いパーツが使われていたり、重さのある種類が多かったりするのが特徴です。

ここで、海釣り用ルアーの具体的な種類を見ていきましょう。

ポッパーやペンシルベイト

『ポッパー』や『ペンシルベイト』は、水面に浮くタイプのルアーで、トップウォーターと呼ばれる水面や水面直下のレンジに適しています。魚がかかってから釣りあげるまでを目の当たりにできるため、釣りの醍醐味を味わうのに最適です。

ポッパーの特徴は、口部のカップです。このカップのはたらきにより、ロッドの動きに合わせて音を出したり水しぶきをあげたりして、周囲の魚をおびき寄せることができます。

ペンシルベイトは、ポッパーと同じく小魚型のルアーですが、ポッパーのような音を出すことはありません。激しい音や動きを警戒しやすい魚に有効なルアーと言えるでしょう。

ミノーやシャッド

『ミノー』や『シャッド』は、ともに小魚に似せて作られたルアーで、ポッパーやペンシルベイトよりもやや深部のレンジに対応しています。

このうちミノーは、さらに『フローティングタイプ』『サスペンデッドタイプ』『シンキングタイプ』に分かれ、ターゲットの魚が遊泳するレンジに合わせて使い分けができます。

一方シャッドは、ミノーにくらべ、やや深いレンジに適したルアーです。使い方によって、水面に浮かせることも、中層レンジに留めることもできるという特徴があります。

スプーンやワーム

『スプーン』は、ルアーのルーツとも言われ、回転や横揺れなど、細やかな動きで魚を誘います。水面からボトムまで、どんなレンジにも対応できるため、初心者におすすめの種類と言えるでしょう。

『ワーム』は、ソフトルアーの一種で、やわらかなラバーや樹脂素材を使い、虫やエビなどを模して作られています。ハードルアーにくらべ柔軟性に優れるため、自然な動きを演出できますが、一方で耐久性はありません。

バス釣り用のルアーの主な種類

バス釣りを目的に、ルアーについていろいろと調べているという人は多いのではないでしょうか。

釣りのなかでも、とくに高い人気を誇るバス釣りにおすすめのルアーについて見ていきましょう。

スウィッシャーやフロッグ

『スウィッシャー』と『フロッグ』は、ともに水面付近で使用されるトップウォータールアーです。

スウィッシャーの特徴は、ルアーの前後に取り付けられたプロペラです。プロペラが1つのものをシングルスウィッシャー、2つのものをダブルスウィッシャーと呼びます。このプロペラが回転する音や水しぶきが、効果的にバスを引き寄せます。

『フロッグ』は、その名のとおり、カエルを模して作られたゴム製のルアーです。高い浮力を持ち、根掛かりしにくいという特徴があるため、リリーパッド(睡蓮などの浮葉の群生地帯)でとくに力を発揮します。

バズベイトやクランクベイト

『バズベイト』は、トップウォータールアーの1種に数えられます。スカートと呼ばれるひらひらしたプロペラが特徴で、スカートの動きや回転音、水しぶきでバスにアピールします。

『クランクベイト』は、丸みを帯びた小魚の形をしたルアーです。水に浮くタイプのルアーではありますが、リールを巻くことで振動しながら水中に潜らせることができる特徴があります。

バイブレーションやメタルジグ

『バイブレーション』と『メタルジグ』は、ともに深いレンジで活躍するルアーです。重さがあるため飛距離が出ること、また、素早く深く沈められるという特徴を持ちます。

バイブレーションの特徴は、平らなフォルムと、強く小刻みな振動によるアピール力です。早く巻けるタイプでもあるため、広範囲からターゲットを探し出すときに有効なルアーと言えるでしょう。

メタルジグは、鉛やタングステンなどの比重の大きな金属を棒状・板状に加工したルアーです。メタルならではのキラキラした反射が効果的にバスを誘います。数あるルアーのなかでも飛距離の出るルアーとして知られています。

目的に合わせたルアー選びを

ルアー選びの基本をひとことで言い表すのなら、『目的に合わせたものを選ぶ』ことに尽きます。ターゲットの遊泳するレンジや環境、ターゲットが普段食べている餌の大きさなどの条件を考慮して、そのときにもっとも適したものを選びましょう。

同じ場所での釣りであったとしても、季節や天候、タイミングによって適したルアーは変わりますが、それも釣りの醍醐味の1つです。ルアーについての知識を深め、釣りの楽しみを増やしていってください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME