釣り用のカバン徹底比較。種類や特徴、釣りのスタイル別におすすめを紹介

2019.02.07

釣りのスタイルによって適したカバンが異なるため、釣り用カバンは使い分けるのがおすすめです。本記事では、釣り用カバン選びのポイントや、ロケーション別におすすめの種類や特徴を解説します。おしゃれで機能性が高い人気モデルの紹介も必見です。

釣り用のカバンはどんな種類がある?

釣り用のカバンには、さまざまなタイプのものがあります。釣りのスタイルやジャンル、釣りを行うロケーションやポイントによって、適する種類が異なるためです。

「これだけの機能があれば安心」という釣り用カバン選びのポイントや、釣りのスタイルから、重視するべき機能とおすすめのカバンの種類をまとめました。

ランガンに最適 ショルダーバッグ

『ランガン』はルアーフィッシングのスタイルの1つで、釣るポイントにこだわることなく、獲物を追って動き続けるスタイルです。

そのため、ランガンには軽量で手足が動かしやすい『ショルダーバッグ』が最適でしょう。枝や岩などにカバンが引っ掛かってしまわないように、体にフィットするタイプがおすすめです。

万能で動きやすい ウエスト、ヒップバッグ

釣り用カバンの中で最近愛用者が多いのは『ウエスト・ヒップバッグタイプ』です。ヒップバッグタイプは、腰に装着するタイプなので両手が動かしやすく、多少重量のある装備を入れても疲れにくい利点があります。

『エギング』や『オカッパリ』など、装備はそれなりに必要とはいえ、ポイントを絞った釣りをするときにおすすめです。

機動性と収納性が高い リュックサック

『リュックサック』は、携帯しやすく機動性に優れたカバンです。重い荷物を持って険しい足場を移動する『渓流釣り』や、頻繁な移動を繰り返す『ランガン』などにぴったりのカバンと言えるでしょう。

収納性も高いので、長時間の移動や釣りにも便利です。登山用や釣り専用のリュックサックは、小物が入れやすく取り出しやすいポケットが複数付いており、荷物の整理整頓にも役立ちます。

大容量の収納力 タックルバッカン

『タックルバッカン』は釣り用に開発されたカバンです。仕掛けやルアーといった細かい道具を収納したり、耐水性に優れているので水がかかりそうなポイントで釣りをしたりするときの必須アイテムと言えます。

大容量でカバン自体に重量があるので、1つのポイントに腰を据えて釣りをするときに最適です。

釣り用カバンの選び方

釣り用のカバンを選ぶときに押さえておきたいポイントをお伝えします。

防水やロッドホルダーなどの性能面

釣り用カバンには防水機能はもちろんのこと、ロッドを収納できるロッドホルダーが装備されていると重宝します。

釣りの最中に水がかかったり、雨に降られたりする心配は付きものです。防水機能は、大事なスマホや愛車のキーを守るといった役割を果たします。

また、防水機能が付いているカバンのほうが、釣り用としては長持ちします。コスパの面から考えても外せないポイントです。

ロッドホルダーは、近年、後付けできるタイプが出回っています。しかし、元から装備されているカバンのほうが動きまわりやすく、大事なところではずれるといった心配が軽減されるためおすすめです。

ファスナーは非金属がベター

防水機能の点で触れたように、釣りには水や雨に濡れるといったアクシデントが付きものです。海釣りを楽しむ場合には、錆も心配でしょう。そのため、ファスナーは非金属、プラスチックや樹脂ファスナーがおすすめです。

釣り別のおすすめカバン

オカッパリやランガンでは、それぞれのスタイルで適した釣り用カバンがあります。また、渓流釣りか海釣りかなど、ロケーションによっても荷物の量や釣り用カバンに望む機能は異なるでしょう。釣りのスタイル別に、おすすめのカバンを紹介します。

オカッパリはショルダーかウエスト

両手が自由に動かせ、すぐに前方にカバンを移動できる、ショルダーバッグやウエストバッグは、オカッパリ愛好家の支持を集めています。

釣り用のショルダーやヒップバッグは、かなりの荷物量や重量にも耐え得る容量が魅力です。多くのものは肩・腰への負担を軽減させる設計になっています。

ショルダーバッグやウエストバッグを選ぶ際は、オカッパリに必要なルアーなどの小物を携帯しやすく取り出しやすい、ポケットやポーチが付いたタイプが人気です。両手が空くので、竿やクーラーボックスの持ち歩きも楽に行えます。

渓流釣りはリュックサックもアリ

険しい道や岩場を歩くことになる渓流釣りには安定性が大切です。そのため、リュックサックが最適でしょう。重い荷物も入る収納性と、両手が動かせる機動性の高さが魅力ですが、一度背負ってしまうと荷物が取り出しにくい、という短所もあります。

そのため、大きなポケットや、バッグの内部を探りやすい横ファスナーが付いているタイプだと便利です。

また、リュックサックには背中が蒸れやすい、という短所もあります。通気性のよいメッシュ素材が背当てに使用されているものを選びましょう。

荷物多めや家族での釣行はタックルバッカン

タックルバッカンは、特に遠方や家族連れでの釣り旅行でその性能を発揮します。タックルバッカンがあることで、釣りに行くという意識が高まるのも魅力の1つです。

まず、タックルバッカンの優れた点というと大容量の収納力があげられます。ほかにも、耐水性に優れている点、椅子の代用品としても使える点など、同行者の人数や荷物の多いときには欠かせないアイテムです。

おしゃれな釣り用カバンのモデル例

ここからは、釣り好きの間で人気を集めている、おしゃれな釣り用カバンを紹介します。

ダイワ ヒップバッグ LT

ダイワのヒップバッグLTは、大きな開口部がポイントです。これにより、荷物の取り出しがスムーズに行えます。パイピング付きなので、大事なときにファスナーが噛んでしまうリスクも最小限に抑えられます。

大容量のメインルームには、中型のボックスを複数収納することが可能です。メインルームのほかには、大型フロントポケット、サイドポケット、ドリンクホルダーや簡易ロッドホルダーなどが装着されています。

ピンクのカモフラ柄やおしゃれなオリーブなど、カラーバリエーションも人気の理由です。背面がメッシュ素材になっているほか、幅を持たせたベルトを使用しているので快適に着用できます。

  • 商品名:ダイワ ヒップバッグLT(C)
  • 価格:4,124円
  • Amazon:商品ページ

アブガルシア システムバックパック

アブガルシアのシステムバックパックの特徴は、まず、おしゃれな見た目にあります。無駄を省き、洗練されたデザインのバックパックです。

機能性も高く容量も充実しています。本体内部は、ファスナーで2つのポケットに仕切れます。下部分の裏地には防水性に優れたPVCシートを使用し、手入れも簡単です。

ジャケット収納に便利なバンジーコードも内蔵されています。サイドポケットには固定ベルトとあわせて使用することで、ロッドケースの収納が可能です。

別売りのミニショルダーバッグが装着可能なため、荷物がふえそうなときや、バックパックを置いて身軽に釣りを楽しみたいときにぴったりです。

  • 商品名:アブガルシア(Abu Garcia)システムバックパック ブラック
  • 価格:8.567円
  • Amazon:商品ページ

釣り用カバンを手に入れよう

釣り用カバンの選び方、各種類の特徴を見てきましたが、外せないのは容量と機動性、そして耐水、防水性と言えるでしょう。

これから釣りを始める人も、まず形から入って釣りの楽しみを知っていくというのも1つの手です。いろんなタイプの釣り用カバンの中から、自分が思い描く種類の釣り用カバンを手に入れましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME