ボルダリングシューズのサイズはどう測る?選び方とチェック方法

2019.02.05

ボルダリングは、ボルダリング専用のシューズを履かなくてはなりません。ボルダリングシューズは、通常のシューズの選び方とは少し異なることを理解しておきましょう。ボルダリング用シューズのサイズ選びの方法と、チェックの仕方を紹介します。

ボルダリングシューズの選び方

ボルダリングには、『ボルダリングシューズ』と呼ばれるボルダリング専用の靴を履いてクライミングを行います。

ここでは、ボルダリングシューズの選び方の基本について解説します。

小さめを選ぶのが基本

ボルダリングは、『手』と『つま先』で小さいホルダーを利用しながらクライミングするスポーツです。特に中~上級者は、小さなホールドを使いながら登っていくため、つま先に力が入りやすい小さなサイズを選びます。そのため、ボルダリングシューズは、『小さめサイズ』を選ぶのが基本です。

初めてボルダリングシューズを履いた人は、きつくて驚くかもしれません。しかし、足の指がギュッと締め付けられて少し曲がっている状態で履く方が、クライミングにはちょうどよいサイズとされています。

初心者はジャストでも

初心者は大きめのホールドを使って登ることが多いため、そこまで小さめにこだわる必要はありません。

また、初心者が小さめのシューズを購入し、痛みを我慢しながらボルダリングをやっても、楽しめませんので、小さめサイズをえらぶのではなく、痛みのない『ジャストサイズ』を購入するとよいでしょう。

サイズの測り方とサイズ表

メーカーによっても、サイズ表記が異なるため、どれが自分に最適なサイズなのか悩む人も多いです。クライミングシューズのサイズを選ぶためには、まず『自分の足の正しいサイズ』を知っておきましょう。

ここでは、足のサイズの量り方と主なメーカーのサイズ表を紹介します。

素足のサイズの測り方

自分の足のサイズを図ったことがありますか?大人になるにつれ、足のサイズを測る機会は少なくなります。クライミングシューズは、素足のサイズをもとに選ぶので、測ってみましょう。

素足のサイズの測り方は下記のとおりです。

  1. 片膝をついて床についた足の『かかと』と『つま先』に厚手の本をそれぞれ水平に置く
  2. 立ちあがって本を足にぴったりと合わせる
  3. 本がずれないように、足を外して本の間の距離をメジャーで測る

サイズ表を参考にしよう

自分の素足のサイズがわかったら、メーカーごとのサイズ表と合わせます。主なメーカーごとのサイズ表は下記のとおりです。

  • LA SPORTIVA
メーカーサイズ 33 33H 34 34H 35 35H 36 36H 37 37H 38 38H
足のサイズ(cm) 22.5 23 23.5 23.5 24 24.5
メーカーサイズ 39 39H 40 40H 41 41H 42 42H 43
足のサイズ(cm) 25 25.5 26 26.5 27
  • fiveten/Scarpa/Boreal/Evolve
メーカー名 22.5cm 23cm 23.5cm 24cm 24.5cm
fiveten Men 4.5 5 5.5 6 6.5
Women 6 6.5 7 7.5 8
Scarpa 36 36.5 37 37.5 38
38Boreal 3.5 4 4.5 5 5.5
Evolve Men 4.5 5 5.5 6 6.5
Women 6 6.5 7 7.5 8
メーカー名 25cm 25.5cm 26cm 26.5cm 27cm 27.5cm
fiveten Men 7 7.5 8 8.5 9 9.5
Women 8.5 9 9.5 10 10.5 11
Scarpa 38.5 39 39.5 40 40.5 41
Boreal 6 6.5 7 7.5 8 8.5
Evolve Men 7 7.5 8 8.5 9 9.5
Women 8.5 9 9.5 10 10.5 11

シューズチェックの方法

素足のサイズをもとに選んだクライミングシューズが、正しいサイズかどうかを確認するためには、2つのチェック項目があります。

ここでは、シューズチェックの方法2つを紹介します。

履いてからの2分

ボルダリングのスタートからゴールまで、かかる時間は約2分です。ボルダリングシューズを履いて、2分痛みが無ければ、ゴールまでは痛みを感じずにボルダリングが楽しめるということになるので、まずは、2分履いてみましょう。

つま先立ちでの5分

次に、5分間つま先立ちができるかを確認してみましょう。ボルダリングは、つま先立ちで、ホールドをクライミングするスポーツです。

5分間のつま先立ちに耐えられないようなシューズであれば、サイズを変更するようにしてください。

知っておきたいポイント

ボルダリング初心者、ボルダリングシューズに関して知らないことがたくさんあります。ここでは、初心者が知っておきたいポイントを2つ紹介します。

最初はレンタルや安い値段の靴で慣らす

ボルダリング初心者は、まずレンタルや安い値段の靴で感覚を慣らすようにしましょう。最初から高価なボルダリングシューズを購入する必要はありません。

シューズの慣らし方

ボルダリングシューズの慣らし方には、『100円均ショップの水切りネット』を靴下の上から履いてシューズを履く方法があります。

素材によっても若干差はありますが、ボルダリングシューズは足汗の水分によって伸びていきます。ストッキング素材の水切りネットを履くことで、靴と靴下との摩擦を減らしながら、足汗の水分もシューズに染み込ませ効率よくシューズを伸ばせます。

また、シューキーパーでシューズ自体を伸ばす方法もあります。ただし、シューキーパーで一気に伸ばすのではなく、少しずつ広げるようにしましょう。

最適なサイズでクライミングを

初心者は、ジャストサイズのものを選んで痛みのない快適なクライミングを楽しんでください。ある程度慣れてきたら小さめサイズを履いて、より小さなホールドを使ってレベルアップを目指しましょう。

レベルと素足に合った、最適なサイズでクライミングをすることで、ボルダリングの魅力をさらに感じられるでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME