カレーうどんは残りものでOK?人気レシピやアレンジリメイクをご紹介

2019.02.04

『カレーの次の日はカレーうどん』という家庭も多いのではないでしょうか。リメイクのイメージが強いカレーうどんですが、アレンジ次第で献立の主役になれる料理です。基本の作り方からおすすめのアレンジ、人気店までご紹介します。

カレーうどんの基本の作り方

日本人はカレーが好きな人が多いのではないでしょうか。定番のカレーライスもよいですが、だし汁が効いたカレーうどんも美味しいですよね。

カレーうどんの基本の作り方を材料、手順、ポイントに分けて見ていきましょう。

材料

カレーうどんに必要な材料(2人分)を紹介します。

  • 豚バラ薄切り肉:100g
  • にんじん:1/4本
  • 玉ねぎ:1/2個
  • だし汁:2と1/2カップ
  • しょうゆ:大さじ2
  • みりん:大さじ2
  • カレールー:1/4箱(40g)
  • 水溶き片栗粉:適量
  • ゆでうどん:2玉

豚バラ肉を鶏もも肉 100gに、玉ねぎを長ねぎ1本に変えても美味しくできます。

手順

基本のカレーうどんの作り方を見ていきましょう。

  1. にんじんを短冊切り、玉ねぎはくし切りにしましょう。
  2. 鍋にだし汁としょうゆ、みりんを入れて温め、豚肉、にんじん、玉ねぎを加えて煮込みます。
  3. 具材がやわらかくなったら、カレールーを入れ、溶けたら水溶き片栗粉でとろみをつけていきましょう。
  4. 別鍋にお湯をわかして、うどんをゆでます。ゆで上がったら水気を切ってどんぶりに入れ、汁をかけて完成です。

ポイント

うどんの美味しさを決めるポイントの1つは、だしではないでしょうか。

家にめんつゆがあれば、めんつゆと水を使って美味しく作れます。だしの素を使って作る方法もありますね。

しかし、本格的なだし汁を作りたい場合は、やはり『かつお節』を使うと美味しく仕上がります。美味しいかつお節のだしを手軽に取る方法を2つご紹介します。

お茶のパックを使えば、かつお節からだしを取るのは簡単です。お茶のパックにかつお節を入れて、パックごと水に入れて煮出していきます。5カップの水に対して、15gのかつお節を目安にしてください。

1人分や2人分など少量のだしをとりたい場合は、茶こしにかつお節を入れ、お湯を注ぐという方法も便利です。1カップのお湯に対して、5gのかつお節を目安にしましょう。

カレーうどんの人気レシピ

定番のカレーうどんも美味しいですが、時にはアレンジを加えてみてはいかがでしょうか。

基本のルーではなく、様々なスパイスをあわせて作った本格的なカレーうどんや、つけ麺方式のカレーうどん、暑い夏に食べたいゴーヤが入ったカレーうどんなど、人気のレシピを集めました。

「いつものカレーうどんに飽きてきたな」と思ったら、ぜひ作ってみてください。

スパイスカレーうどん

市販のカレールーを使わないスパイスカレーうどんのレシピです。コリアンダー、クミン、ターメリックなどの本格的なスパイスが入った、大人のカレーうどんに仕上がります。

2人分の材料と作り方です。

  1. 水2カップにめんつゆ2と1/2カップを入れ、沸騰したらうどんスープの素8gを入れます。
  2. 薄切りにした牛肉と玉ねぎを入れ、柔らかくなるまで煮込みましょう。
  3. コリアンダー小さじ2とクミン小さじ1/2、ターメリック小さじ1/2を入れてさらに5分ほど加熱します。
  4. カルダモン小さじ1/8と、おろししょうが小さじ1/2、クローブ少々を入れたら、辛さを見ながらカイエンペッパーを少々加えましょう。
  5. できあがったカレーの汁に水溶き片栗粉大さじ1を加えてとろみをつけたら、ゆでて水気を切ったうどんにかけて完成です。

バターキチンカレーうどん

『バターチキンカレーうどん』は、ルーをうどんにかけるのではなく、つけて食べるスタイルです。

バターのコクが食欲をそそる1品で、温かいうどんでも、冷たく冷やしたうどんでも美味しく食べられます。

2人分の材料と作り方です。

  1. 鍋に水3カップを沸騰させ、そぎ切りにした鶏もも肉120gを入れます。
  2. めんつゆ小さじ2とカレールー2かけを加え、混ざったら水溶き片栗粉大さじ1を加えます。
  3. カレー汁を器に盛りつけ、バター10gを乗せます。
  4. 別鍋でうどん2玉をゆでて、水気を切ったら完成です。

冷やしカレーうどん

食欲が落ちる夏に嬉しい、ゴーヤの入った『冷やしカレーうどん』です。レトルトのカレーを使えば、暑くて火を使いたくない日にもさっと作れます。ゆで卵も入ってタンパク質も補えるメニューです。

2人分の材料と作り方です。

  1. ゴーヤ1/2本は、薄切りにしてゆでておきます。
  2. うどん2玉をさっとゆでてから冷水で洗い、水気を切って器に盛りつけましょう。
  3. めんつゆ2と1/2カップを鍋に入れて温め、レトルトカレー2人前を加えてカレー汁を作ります。
  4. うどんが入った器にカレー汁をかけ、ゴーヤとゆで卵1個をのせれば完成です。

ゆで卵は自分で作るのが手間に感じる場合は、市販のものを利用してもよいでしょう。

リメイクでおすすめのレシピ

カレーうどんといえば、余ったカレーをリメイクして作るという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、定番のリメイクカレーうどんのほかに、牛丼のもとやチーズなどの具材をプラスして、ボリュームやコクを出した1品を紹介します。

カレーうどんの美味しいリメイク法を何種類か知っておけば、いつものカレーうどんをもっと美味しく食べられるでしょう。

カレーの残りとだしでシンプルに

カレーの残りがあれば、だし汁をプラスするだけで手軽にカレーうどんが作れます。「カレーライスで食べるにはちょっと少ないな」と思った時などにおすすめです。

2人分の材料と作り方を見ていきます。

  1. 鍋でお湯を沸かし、うどん2玉をゆでます。
  2. 残りのカレー2人前と水、めんつゆが、それぞれ同量程度になるように加えて煮立て、カレー汁を作ります。
  3. ゆであがったうどんを丼に盛りつけ、カレー汁をかけて完成です。

牛丼の具材でボリュームアップ

カレーうどんは美味しいけれど、腹持ちがしないという時に、手軽な市販の『牛丼のもと』を使って、ボリュームを出してみてはいかがでしょうか。

食べざかりのお子さんにも満足してもらえそうですね。

2人分の材料と作り方です。

  1. 長ねぎ1/2本を斜め切りにしましょう。
  2. 別鍋でうどん2玉をゆでましょう。
  3. 牛丼のもとを2人分あたためて鍋に移し、水2カップ、めんつゆ1カップを入れて加熱します。沸騰したら長ねぎを加えましょう。
  4. 長ねぎに火が通ったら、カレールー2かけと、うどんを鍋に入れ、4分ほど煮込めばできあがりです。

煮込んでからチーズをトッピング

まるでカルボナーラのような、トロッとした煮込みうどんを作りましょう。牛乳でマイルドな味に『チーズ』でコクをプラスした、冬におすすめの身体が温まるメニューです。

2人分の材料と作り方です。

  1. カレーが残っている鍋に牛乳2と1/2カップと、2倍濃縮のめんつゆ大さじ4を入れ、火にかけます。
  2. 沸騰する前にうどん2玉を鍋に入れ、かき混ぜながら3分ほど煮込みましょう。
  3. とろけるチーズ60gを入れて混ぜたらできあがりです。

アレンジのアイデア

ちょっと変わったカレーうどんのアレンジレシピを2つ紹介します。

肉じゃがを使ったカレーうどん

カレーではなく『肉じゃが』をカレーに変身させた、お手軽リメイクレシピを紹介します。お肉自体の旨味や、しょうゆ、砂糖の味がついているので、だしを取る必要がありません。

2人分の材料と作り方を見てみましょう。

  1. 肉じゃが2人前が入ったお鍋に、水2カップを加えて火にかけます。
  2. 肉じゃがが温まったら、弱火にしてカレールー2かけを入れて溶かしましょう。
  3. カレーの入った鍋にうどん2玉を入れ、1分間煮込んだらできあがりです。

炒めカレーうどん

焼うどんのカレー版ともいえるのが『炒めカレーうどん』です。汁ものに飽きたら、炒めてみるのはいかがでしょうか。

2人分の材料と作り方です。

  1. うどん2玉はゆでておきます。
  2. 残ったカレーおたま1杯と、めんつゆ大さじ2、水1/2カップをフライパンに入れ、火にかけて混ぜ合わせましょう。
  3. ゆでたうどんを加えて、水分が飛んだら完成です。

カレーうどん餃子

副菜としてのアレンジをご紹介します。皮がない『カレー味の餃子』のようなメニューです。タレをつけなくても美味しくいただけます。お酒のおつまみにもどうぞ。

3人分の材料と作り方です。

  1. うどん1玉を2cmほどに切り、長ねぎ1/2本を細かく刻んでおきます。
  2. 豚ひき肉250gとカレールー1/2箱、すりおろしにんにく小さじ1、すりおろし生姜小さじ1、しょうゆ小さじ1、酒大さじ1をすべてボウルに入れ、こねてください。
  3. こねた肉だねの中に、うどんと長ねぎを入れ、さらに混ぜ込みます。
  4. フライパンにごま油を引き、混ぜた肉だねをスプーンですくって丸め、中火で両面を焼いて完成です。

カレーうどんに合わせた献立のポイント

「カレーうどんだけではちょっともの足りない」と思う時は、カレーうどんと合う他の料理も一緒に作りましょう。

具体的には『カレーにトッピングする具材』を考えて、トッピングがメインとなるおかずを決めれば、カレーにマッチした献立ができあがります。

主菜か副菜かを考える

カレーうどんは主菜になるメニューですが「カレーうどんだけではちょっと物足りないな」と思うことはありませんか。

1人で簡単に済ませたいランチではカレーうどんだけでもよいかもしれませんが、食べざかりのお子さんがいたり、夕飯にも食べたりする時は「もう少し何かほしいな」と思うこともあるでしょう。

カレーうどんは、丼ぶりに盛りつけると主菜になりますが、小さめのおわんに盛りつけると『副菜』もしくは『汁もの』の位置づけに変わります。

カレーうどんに何か付け足して献立を作りたい場合、カレーうどんは脇役として考えて、主菜になるおかずを別に用意するとよいでしょう。

肉系のおかず

カレーライスにカツや、鶏のから揚げをトッピングすることがありますよね。同じように『肉系の揚げ物』とカレーうどん、という組み合わせもおすすめです。

特に食べざかりのお子さんがいる家庭や、男性にぴったりのメニューではないでしょうか。肉系の揚げ物でおすすめなのが、年代を問わず人気の『鶏のから揚げ』です。

しっかり下味をつけた後、初めは高温で揚げてから中温で中まで火を通すと、外はからりと、中はジューシーに仕上がります。

また『トンカツ』もカレーに合う定番メニューでしょう。カレーうどんに合わせるなら、肉が柔らかい『ヒレカツ』がおすすめです。

魚系のおかず

「カレーうどんに魚は合うの?」と疑問に思っていませんか。イワシやアジなどの『青魚』は、カレーうどんとの相性がよいのです。揚げ物なら『イワシのフライ』を合わせてみてください。

『アジの南蛮漬け』もカレーうどんに合う1品です。こってりとしたカレーの味を、甘酢がさっぱりさせてくれます。

家の味からお店の味まで楽しもう

主菜にも副菜にもなるカレーうどんは、まさに万能メニューと言えるのではないでしょうか。カレールーの残りを使って手軽に作ったり、スパイスで本格的な味に仕上げたりもできます。

自分で作るだけでなく、お店で味わうこともできるので、この機会に有名店に行ってみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME