イラストロジックってどんなもの?解き方のコツやアプリを紹介

2019.02.03

イラストロジックは、お絵かきロジックやノノグラムなどのパズルゲームのことです。知っておきたいイラストロジックの基礎知識や解き方、コツなどを紹介します。手軽に楽しめるアプリも紹介しているので参考にしてみてください。

イラストロジックの基礎知識

イラストロジックとはどのようなものなのかをチェックしてみましょう。単調なパズルに見えますが、意外と楽しみがあり『その奥深さ』からも人気があります。

イラストロジックとは

イラストロジックとは、縦と横の数字をヒントに『マスを塗りつぶす』ことで1枚のイラスト(絵・文字)を完成させるパズルです。ノノグラム(ののぐらむ)、ピクロス、お絵かきロジックとも呼ばれています。

塗りつぶすマス目の上側と左勇気側に用意されている数字は、その列で連続して塗られるマスの数を示しています。

同じ列に数字が2つ以上ある場合は、その順番に塗りつぶすマスが並びます。ただし、同じ列に数字が複数ある場合に塗りつぶすマスは必ず1マス以上開けなければいけません。

このように、イラストロジックは決められた基本ルールを守り、数字から塗りつぶすマスを見つけ『徐々に塗りつぶす』ことで1枚のイラストを完成させます。『達成感』とできあがったイラストを見たときの感動は、次の問題へのやる気にも繋がると人気です。

雑誌やゲームで有名

イラストロジックは問題集になっている雑誌や、ゲームなどでも有名です。例えば、ゲームボーイで任天堂が1995年に発売した『マリオのピクロス』は、マリオの世界観とイラストロジックが楽しめることで話題となりました。

他にも、Amazonでも問題集は多く取り扱われていたり、『無料のフラッシュゲーム』としてイラストロジックを公開しているサイトもあります。手軽に楽しめるからこそ、多くの人に愛されているのです。

カラー版も存在

イラストロジックは基本的に鉛筆で塗るようにモノクロで作られていますが、中にはカラーのものもあります。数字に色が付けられており、数字と色の指定に合わせて作り上げることで『カラーのイラスト』が完成します。

モノクロよりも若干難易度があがりますが、できあがったイラストの鮮やかさから、より達成感を感じられるので慣れてきたら試してみましょう。

基本の解き方

次は、イラストロジックの基本的な解き方を覚えてみましょう。ルールだけでは少しわかりにくい部分もあるので、解き方の基本を何度も繰り返して覚えていくのが上達の近道です。

寄せて考える

イラストロジックを解いていくために必要なのが『左右どちらかに寄せて考える』ことです。

イラストロジックに記載されている上側と左側の数字は、連続して塗るマスの数を表しています。例えば、一般的に入門編で使われることの多い10×10マスのイラストロジックの左側に10と記載されていたら、横一列は全て黒で塗りつぶしていくのです。

では、9と書かれていた場合はどうでしょうか。10マスあるうちの9マスを塗りつぶすと、左側に寄せて塗る場合と、右側に寄せて塗る場合の2パターンができあがります。答えが2パターンのどちらかになってしまうので、安易に塗りつぶすことができないのです。

このパターンを割り出すために、寄せて考えていきます。

仮定法

仮定法は、塗りつぶすマスをある程度決めておくことです。

10×10マスで数字が9の場合、白マスのまま残すマスが一番右側に用意されていれば左寄せで、逆のパターンだと右寄せという結論を出すことができます。しかし、白マスのまま残すマスが用意されていない場合は、どちらかに寄せて塗った場合の2パターンを仮定しておきます。

では、数字が8マスだった場合はどうでしょうか。この場合、仮定法として考えるなら3パターン見つけることができます。左側に寄せ右に2マス開ける、右側に寄せ左に2マス開ける、左右に1マスずつ開けて真ん中を基準に塗るの3パターンです。

このように仮定した場合に気づくのが『どのパターンでも塗られているマスがあること』です。これが次の項目で紹介する確定部分を明らかにするという手順に繋がります。

確定部分を明らかにする

先程紹介したとおり、10×10マスの場合に数字が8であれば3パターンで塗る方法を見つけることができます。では、その3パターンを実際に塗ったとして比較してみてください。

塗り方こそ違いますが、共通して塗りつぶすマスを見つけることができます。これが『確定部分』です。どのパターンになっても必ず塗りつぶすマスは、塗ってしまいます。他の未確定の部分は、別の数字から塗り進めていくことで答えが見えてきます。

上記の3つの手順を繰り返して、徐々に完成させるのがイラストロジックの解き方です。

スムーズに解くコツ

イラストロジックを解くための基本的な知識を覚えたら、スムーズに解くコツとして気をつけておきたい部分をチェックしてみましょう。多くの数字を見て解いていきますが、ちょっとしたミスでも全体に響いてしまいます。小さなミスをなくして効率よくすすめましょう。

早とちりに注意

上側と左側の数字には、似たような数字が並んでいることがあります。塗りつぶすマスが近いものはどうしても数字も似たようなものになってしまうのです。しかし、数字や列が違えば塗る所が当然違うので同じ塗り方が必ず通用するものではありません。

早とちりに注意して数字と列を確認しながら丁寧に塗っていきましょう。確定部分をしっかりと見つけ出してから塗るのがおすすめです。

空白からの確定

空白からの確定とは、塗りつぶす確定部分を明らかにする方法を活用して、逆に空白部分を見つける方法です。

仮定法を使い、左右に寄せた場合の塗り方を探して、共通する塗りつぶす部分を塗ると『確定部分を明らかにする方法』です。この方法は確定する部分を必ずしも塗りつぶす部分だけとは限りません。

よく見てみると、どのパターンでも白マスになる部分を見つけることができる数字の組み合わせもあります。塗りつぶすマスを確定させるだけではなく、白マスを確定させることも『難しい問題』には必須なので、行き詰まったときはもう一度数字を確認してみましょう。

イラストロジック用によく使われる文房具

イラストロジック用として使われる文房具をチェックしてみましょう。ゲームでは、すぐに取り消しができますが、雑誌などに書き込む場合はそうはいきません。ある程度の用意をしておくとスムーズにイラストロジックを楽しむことができます。

水性ペン

雑誌に掲載されているイラストロジックを解くときにとても便利なのが水性ペンです。中でももっともおすすめなのが『水性顔料インク使用のペン』と言われています。

ペンは、油性・水性インクの他に、顔料インク・染料インクの2つの種類のインクがあります。顔料インクはにじみにくく、紙表面で固まるようにできているインクです。

一方、染料インクは名前の通り紙を染めるように染み込むタイプのインクなのです。いくら水性ペンでも、染料インクではにじんでしまうほか『裏抜け』してしまうので顔料インクの水性ペンがおすすめされています。

フリクション

フリクションシリーズは、塗りつぶしたものを消すことのできるボールペンや蛍光ペンなどが用意されています。イラストロジックでは書き直すことも多いため、初心者のうちは消せないペンを使うとやり直しが難しいので注意が必要です。

細い芯が採用されていて色をしっかりとつけられるフリクションは、塗りやすさと便利さが『イラストロジックにぴったり!』と多くの人に選ばれています。価格も安価なのでイラストロジック用に1本準備してみてはいかがでしょうか。

修正テープやノック式の消しゴム

色を塗った部分を消すときに上手く消えないという場合には、細いタイプの修正テープを用意しておくと消したいマスのみを消すのに便利です。ノック式の消しゴムも、細かい部分を消すのに役立ちます。

使用するペンの見直しだけではなく、イラストロジックを快適にできるアイテムは多くあるので活用してみましょう。

イラストロジックアプリ iPhone編

イラストロジックは何も雑誌などの紙の上でしなくてはいけないというものではありません。ゲームでも取り入れられているものなので、家庭用ゲーム機でも楽しむことができます。中でも人気なのが、スマホを活用することで楽しめるイラストロジックアプリです。

iPhone編とAndroid編の2種類に分けて紹介するので、自身が使っているスマホのOSに合わせて選ぶ参考にしてみてください。

PICTLOGICA FINAL FANTASY

有名なファイナル・ファンタジーシリーズがイラストロジック×RPGとして登場したのが『PICTLOGICA FINAL FANTASY』です。本作では、5×5マスのイラストロジックを解いて戦闘を行い、RPG形式のストーリーを楽しめるものに仕上がっています。

音楽もさることながら、ドット絵で描かれたお馴染みのファイナル・ファンタジーのキャラクター達の世界を思いっきり楽しめると人気があります。経験値・ギル・アビリティなどのシステムでパーティを強化する育成要素もあるのもポイントです。

イラストロジックを楽しみながら、ファイナル・ファンタジー独自のゲームを盛り上げてくれる要素がたっぷりのアプリを楽しんでみましょう。

PICTLOGICA FINAL FANTASY iPhone

ピクロジパズル

KONAMIのキャラクターやアイテムが問題になったイラストロジックが楽しめるのが『ピクロジパズル』です。登場タイトルは100タイトル以上で、マニアックなゲームまで収録されています。

KONAMIの大人気ゲームのグラディウスやツインビーのBGMが流れるファンサービスも凝っていて人気があります。コレクション機能も付いているので、お気に入りのタイトルだけチャレンジするのももちろんOKですし、KONAMI全てのタイトルをコンプリートするなど自分なりの楽しみ方を見つけてみましょう。

ピクロジパズル iPhone

コンセプティス アートロジック

モノクロとカラー2種類のイラストロジックが楽しめるのが『コンセプティス アートロジック』です。カーソルの移動から塗りつぶしまで指1本で楽しめる手軽なアプリなので、スキマ時間に楽しみたい人にも人気があります。

初心者でも楽しめる5×5マス、10×10マスから徐々に難易度が上がっていくので上達するためにもぴったりです。ルールが曖昧でよくわからない人でも、ヘルプに細かく記載されているので、読みながらイラストロジックに慣れていきましょう。

コンセプティス アートロジック iPhone

イラストロジックアプリAndroid編

次は、Androidのアプリを見ていきましょう。できあがるイラストが和風のものから、イラストロジックと懸賞が一緒になっているものまで、工夫を凝らしたものがあるのでまた違った楽しみがあります。

イラロジ999

用意されているイラストロジックの問題は3000問以上と、豊富な問題から自分の好みのものを探して遊べるのが『イラロジ999』です。中でも、小さなイラストロジックをいくつも完成させて1枚のイラストを作り上げるビッグモードは達成感もあり、やりごたえ十分です。

イラストはジャンル分けが行われているので、初心者向けの問題や、生き物・食べ物・生活など自分の好きなジャンルを探してみましょう。マス目を選択する方法をタップか十字キーか選べるので、自分がプレイしやすい環境を選択できるのもポイントです。

イラロジ999 無料 ノノグラム Android

ロジックde懸賞

イラストロジックに挑戦するだけで、懸賞への応募もできる一石二鳥のアプリが『ロジックde懸賞』です。懸賞で当たる景品は、現金・ギフト券・ノートパソコン・家電など種類豊富に用意されています。

懸賞の商品が増える度に問題数も増えるので、更新の度にチェックが欠かせないアプリです。だからと言って懸賞が中心のアプリではなく、イラストロジックも作り込みがしっかりとしているので上級者でも苦戦する問題もあります。

実力をアップしながら、懸賞の楽しみもあるのでどんどん解いて応募してみましょう。

ロジックde懸賞 – お絵かきパズル2000問以上で脳トレ&暇つぶし Android

ノノグラム・カタナ

和を基調としたイラストロジックが作られているのが『ノノグラム・カタナ』です。和の音楽と、華やかな見た目を楽しみながらイラストロジックに挑戦することができます。

操作も簡単で、コツコツと空いた時間にできるイラストロジックが多数収録されているので、空き時間におすすめです。ただし、翻訳されている日本語が少し読みにくく、ヘルプなども読みにくいのでルールを良く覚えてから挑戦してみましょう。

ノノグラム・カタナ Android

解答プログラムやソフトも存在

どうしてもイラストロジックが完成しないというときに便利なのが解答プログラムやソフトの利用です。解くのに時間がかかるときや、未解決の問題が残ってもやもやしたときにも活用してみてください。

MyIllustPuzzle

パソコンに導入することで、気になるイラストロジックの解答を導き出してくれるのが『MyIllustPuzzle』です。

入力したイラストロジックを読み解き、自動的に50×60マスまでの問題の解答を導き出してくれます。

公開されているのはソースコードなので、ソースコードを実際に動かすために『JRE(ava Runtime Environment)』や『Javaコンパイラ』、『Eclipse』などの環境を整えてからがおすすめです。

イラストパズル解法ツールとプログラムの紹介

イラストロジック自動解答

『イラストロジック自動解答』は、行と列の数字を入力して実行するだけで簡単にWeb上で答えを導き出してくれるものです。ソースコードのように実行する環境整備は必要なく、Webページを立ち上げて入力するだけなので初心者にもおすすめです。

ただ、問題が大きなものだと解答がでるまで時間がかかり、大きさの限界についての説明などもないため、大きい問題には向いていないかもしれません。

イラストロジック自動解答 完成版 – js do it

自動解答プログラムのコード例

自動解答プログラムのコードは、さまざまな人が作成・公開しています。コードを1から作り上げるのは難しいので公開されているコードを活用していくのもおすすめです。

以下にコードの説明と、実際に使えるプログラムコードが掲載されているので参考にしてみてください。

イラストロジック自動解答 – Mi manca qualche giovedi?

やってみるとどんどんハマっていくかも

イラストロジックは簡単なものから難しいものまであり、やっていくうちにどんどんハマって、暇つぶしではなく趣味になっていたという人もいるほど人気のパズルです。

ちょっとしたスキマ時間にもアプリで楽しめるので、やったことがない人も1度は遊んでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME