ダーツ大会の賞金はどれぐらい?ちょっと気になるプロやアマの賞金額

2019.02.01

ダーツの大会に出場して勝利を納めると、一体どのくらいの賞金を獲得することができるのでしょうか。ここでは、プロの大会やアマチュアの大会で獲得できる賞金の相場を紹介します。日本で有名な大会なども合わせてチェックしてみましょう。

プロの大会の賞金

まずは、ダーツのプロ選手が出場する大会の賞金について紹介します。ダーツのプロ選手は、試合に勝つことでどのくらいの賞金を獲得しているのでしょうか?

プロが技を競い合う、日本で代表的なダーツの大会と合わせて紹介します。

プロ向けの代表的な大会

ダーツ選手の年収は、平均で割り出すことが非常に難しいです。その原因が、プロ向けの代表的な大会での勝率によって獲得金額が変動するからです。

プロのダーツ選手の給料は、大会での賞金やダーツ講師としてのレッスン料、スポンサー契約などで決まりますが、基本的には大会での獲得金が収入になります。日本の代表的な大会で獲得できる賞金について以下にまとめました。

JAPANの賞金

日本で最も規模が大きいダーツ大会を『JAPAN(SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN)』と言います。JAPANは、プロとして登録された選手のみが参加できる大会で、2シーズン制の方式で大会が進行されます。シーズンを通した戦績で獲得賞金が決まる形式です。

賞金は『出演料』という形で支払われ、優勝120万円・2位60万・3位30万円が支払われます。

PERFECTの賞金

『PERFECT』も日本で開催される規模の大きいダーツ大会の1つです。PERFECTの大会は、規模によりG1とG2に別れて開催され、それらの規模により賞金の額が変動します。

PERFECTは、男子が全37戦、女子が全21戦のツアーが開催されていて、年間を通した勝率によって勝者が決まります。

賞金は、150万円・100万円・50万円とされていて、年間の総合ランキングが1位になると、男子には500万円、女子には200万円の賞金が与えられます。

ほかにもスポンサー契約なども

ダーツのプロ選手になり大会で勝利をあげると、賞金の他にもスポンサー契約によって収入を得ることができる可能性があります。

ユニフォームなどに広告を貼ってもらうことで広告料を得たり、ダーツ関連のスポンサーだと物品を提供してもらえる可能性もあります。このようなことからも、スポンサー契約ができるかどうかがプロのダーツ選手にとって重要な目標になります。

アマチュアの大会の賞金

ダーツの大会は、プロのライセンスを持った人だけでなく、アマチュアでも参加できる大会が開催されています。

ここまで、プロが技をぶつけ合う大きな大会の賞金について触れてきましたが、ここからはアマチュアでも参加できる大会についてまとめていきます。

アマチュアの大会ハウストーナメント

ダーツのプロライセンスを持っていなくても参加できる大会として『ハウストーナメント』というものがあります。

ハウストーナメントとは、ダーツバーなどのお店が主催して行う大会のことを言い、主な目的は、お店の活性化とお客さん同士の交流です。

そのため、ダーツ初心者はもちろん、初めて会う人とダーツを楽しみたい、大きな大会に出る前に試合の感覚を掴みたいという人におすすめな大会とされています。

賞金は規模により変動

ハウストーナメントは前述した通り、ダーツバーなどのお店で開催される大会です。そのため、プロの参加する大きな大会に比べると賞金額はかなり低くなります。

大体の相場は3000円〜5万円とされていますが、参加者の人数や規模の大きさなどにより賞金は変動し、多いところだと10万円程の賞金が出る大会もあります。賞金の情報などは、お店のHPなどで事前にチェックしておくといいでしょう。

海外の賞金

日本のダーツ大会に関して、プロが参加するものからアマチュアが参加するものまで紹介してきました。ここからは、世界規模のダーツ大会に関する情報を紹介します。

世界ランクの大会では、一体どれだけの賞金を獲得することができるのでしょうか? 早速チェックしてみましょう。

ダーツ世界一を決めるPDCの大会

ダーツの業界では、世界的な団体として『PDC(プロフェッショナル・ダーツ・コーポレイション)』という団体が設立されています。そしてこのPDCが主催するダーツ大会が、世界で最も権威のある大会だとされています。

このPDCが2017年に主催したWilliam Hillワールドダーツチャンピオンシップの優勝賞金は、約4300万円、準優勝の賞金が約1800万円でした。

名実ともに世界一の称号を得られる大会だけあって、このような大会で勝ち続けるトップ選手の年収は1億円を越える可能性があるとされています。

ソフトダーツの世界大会

ソフトダーツの世界大会として有名なのが『SOFT DARTS WORLD CHAMPIONSHIP』です。この大会の優勝賞金は、日本円で1000万円の他に、数十社のスポンサー契約がついてきます。

賞金の他にも複数のスポンサーと契約できるため、賞金以外にも収入を得ることができます。

大会やランクによって賞金の差は大きい

プロとアマチュアの大会に賞金の差があることはもちろん、プロの大会の中でも賞金額には差があります。賞金が高ければ高いほど、勝つことが難しい大会だということでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME