おいしいお好み焼きを東京で食べよう。おすすめ店をシーン別に紹介

2019.02.01

お好み焼きは家庭で手軽に作れる大衆料理です。家でくつろぎながら食べるのもよいですが、たまには外で友達同士和気あいあいとしながら食べるのも、お好み焼きの楽しみ方の1つです。東京でおいしいお好み焼きが食べられるお店を紹介します。

東京には本格的なお好み焼き店が多くある

お好み焼きの本場といえば大阪と広島ですが、実は東京にも本場の味が楽しめるお好み焼き店がたくさんあり、ある意味お好み焼き激戦区ともいえるのです。関西風はもちろんのこと、広島風も黙っていません。

ランチ営業で人気を博すお店や個室がウケているお店、徹底したこだわりでお好み焼きファンを魅了するお店など、さまざまな名店が軒を連ねます。

そんなお好み焼きの人気店を紹介する前に、お好み焼きの成り立ちや種類について解説します。

お好み焼きのルーツと歴史

お好み焼きのルーツは、安土桃山時代に千利休が作らせた『麩の焼』(ふのやき)とされています。水で溶いた小麦粉を薄く焼いて、味噌などを包んで食べるクレープに似た茶菓子です。

江戸時代末期から明治にかけて、麩の焼の味噌がわりに『餡』(あん)を巻く菓子が売られました。そこから『お好み焼き』と『どら焼き』に進化したようです。

明治の東京では『もんじゃ焼き』が登場し、現在のお好み焼きに近いものが食べられました。関東大震災のときには、いろいろな野菜を入れて、焼いてすぐに食べられる手軽な主食の位置にのぼっていきます。

終戦後は水に溶いた小麦粉を焼いてネギをのせて食べる『一銭洋食』が、小麦粉にキャベツを混ぜて焼く作り方に変わり、現在のお好み焼きにつながっていきます。

お好み焼きの種類

お好み焼きにはいくつかの種類があり、焼き方や使う具材も違ってきます。主なお好み焼きの種類を挙げてみましょう。

  • 関西風お好み焼き:焼く前にすべての具材を小麦粉と混ぜ合わせて、鉄板でふっくらと焼き上げるお好み焼き
  • 広島風お好み焼き:鉄板にクレープ状に生地を薄く焼いた上に、千切りキャベツ・中華麺・豚肉などを重ねていって焼き上げるお好み焼き
  • モダン焼き:関西風お好み焼きに麺をのせたお好み焼き

どこが違う?関西風と広島風の違い4つ

『関西風』と『広島風』は、見た目や具材が異なるだけでなく、当然味わいが違います。この2つの違いを確認しておきましょう。

生地の違い

同じお好み焼きとはいえ、関西風と広島風では、その『生地』に違いがあります。具体的な違いを挙げておきましょう。

関西風は、生地を最初から具材と混ぜ合わせてから焼くので、ベースの生地は硬めです。具材をすべて包み込み、ふっくらと仕上げるためには、柔らかめの生地ではうまくいかないからです。

広島風は、まず薄く広げた生地をクレープ状に焼き上げてしまいます。そのため関西風よりも柔らかめに作っておくのが普通です。

キャベツの切り方

キャベツの切り方にも違いがあります。関西風のお好み焼きではキャベツを短めの約4cmに切って使います。広島風は長めで、10cm程度の千切りにして使います。

関西風はほかの具材とキャベツを最初に混ぜ合わせますので、長いと混ぜにくくなるのです。

広島風は生地の上に具材をどんどん重ねるので、形が崩れないようにキャベツを千切りにします。

混ぜ方と焼き方

お好み焼きの『混ぜ方』と『焼き方』は関西風と広島風でかなり変わってきます。

関西のお好み焼きは、小麦粉に具材を混ぜ込んでしまってから焼きあげます。生地の中に、肉以外の材料を混ぜ込んで鉄板の上に丸く敷き、その上に肉を並べるという手順です。ある程度火が通ったらひっくり返します。

広島風のお好み焼きは、まず生地の部分をクレープのように薄く丸く焼きます。その上に具材のキャベツや、もやし、肉などをどんどん重ねて焼いていくという手順です。

ソースの違い

お好み焼きの味の仕上げであるソースですが、これも関西風と広島風では違うタイプのものを使います。

関西風のお好み焼きソースといえば必ず『辛口』です。辛口と甘口のどちらも置いていて、好みで選べるところもありますが、ほとんどの店は基本的に辛口です。

そして、広島風のお好み焼きには、甘口のソースが基本的に使われます。地域の違いによる味の嗜好の違いが出ているのでしょう。

お好み焼きの食べ方にも地域差がある?

お好み焼きの地域による違いは、作り方や使う具材だけではありません。実は食べ方にも大きい違いがあるのです。詳しく見ていきましょう。

関西では1人1枚が当たり前

関東でお好み焼きを食べるとき、一般的には1枚を何人かでシェアします。ところが、関西では当たり前のように、1人が1枚を完食します。関西では、お好み焼きをシェアする感覚がピンとこない人が多いでしょう。

関東人からすれば、お好み焼き1枚を1人で食べたら飽きてしまうのではないかと感じるようです。双方がともにちょっとしたカルチャーショックを受けるほど感覚が違います。

格子切り派とピザ切り派

『格子切り』は、タテとヨコにコテを入れて、お好み焼きを格子状に切ります。食べやすい一口サイズに切り分けられて、箸でもつまみやすい切り方です。西日本でよく見られます。

『ピザ切り』は、その名の通りピザを切り分ける要領で、放射状に切れ目を入れて食べるやり方です。

1枚のお好み焼きを、数人でシェアして食べるときに都合の良い切り方といえます。東日本ではこのピザ切りをする場合が多いようです。

コテを使うと美味しいと感じるのは共通認識

お好み焼きはコテで食べるのが美味しいと感じるのは、どうやら地域を問わず共通認識のようです。食べ方のコツを知ってしまえば、コテほどお好み焼きを美味しく食べられる道具はありません。

コテの持ち方は、切り分けのときは柄の上部をしっかりと握りましょう。色々な具材が重なり合っている広島風は、しっかり握って力を込めて切らないうまく切れません。

食べる時は、お好み焼きをコテの中央部にのせるのではありません。コテの角の方でお好み焼きをすくって、コテからはみ出た部分から食べるのです。大口を開けなくても食べやすく、火傷の心配もありません。

お好み焼き以外では、あまりコテを使って食事をする事がないでしょう。お好み焼きを食べる時ぐらいはコテを使う食べ方を楽しみたいものです。

ちなみに地域によっては、この道具を「テコ」「ヘラ」と呼ぶ場合もあります。

アクセス抜群、東京駅周辺のお好み焼き店

東京駅から近い、アクセスのよいお好み焼き店にはどのようなものがあるのでしょうか。おすすめのお店を紹介します。

きじ 丸の内店

『きじ 丸の内店』は、東京駅丸の内南口から歩いて3分のお好み焼き店です。東京にいながらにして、本場関西の本格的なお好み焼きを味わうことができると評判です。この店の『豚玉』は裏切らないスタンダードです。

表面はカリカリ、中はふわとろで、豚肉もしっかりと焼き上げられた王道の豚玉が楽しめます。木目調で上品な照明のゆったりとした雰囲気の店内は、落ち着いた和みの時間が過ごせるお店です。

  • 店舗名:きじ 丸の内
  • 住所:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA B1F
  • 電話番号:03-3216-3123
  • 営業時間:月~金 ランチ11:00~15:30、ディナー17:00~23:00
    • 土日祝 11:00~23:00
  • 定休日:不定休
  • 公式HP

ぼてぢゅう 八重洲地下街店

『ぼてぢゅう』は、大阪では最も有名かつ歴史あるお好み焼き店の1つです。終戦直後に大阪の玉出で創業しました。『八重洲地下街店』は東京の玄関口、東京駅に直結したオフィス街である中央区八重洲の地下街にあります。

メニューはお好み焼・焼そば・モダン焼・たこ焼など本場のご当地グルメ以外にも、鉄板焼・一品料理ほか、たくさんのラインナップがあります。

女性だけでも気兼ねなく入れると評判のお店です。有名シェフ・料理研究家とのコラボメニューも楽しめる『新しいぼてぢゅう』を覗いてみましょう。

  • 店舗名:ぼてぢゅう 八重洲地下街店
  • 住所:東京都中央区八重洲2-1八重洲地下1番通り
  • 電話番号:03-3275-9933
  • 営業時間:平日 11:00~22:00
    • 土日祝 11:00~23:00
  • 定休日:無休
  • 公式HP

ふくじゅう

『ふくじゅう』は東京駅に直結している八重洲地下街2番通り、南方面の突き当り左にある創業46年の老舗です。モチモチ感がたっぷりの定番『ふくじゅう焼き』は、自家製ソース&マヨネーズで食べます。

お好み焼き以外にも豊富なメニューがそろっていますが、ダントツ人気はお好み焼きの『豚玉』『モダン焼き』です。

豚玉は食べ応え抜群で、モダン焼きは同価格でご飯とみそ汁も付けられます。開店から40分間限定で350円引きになるサービスも好評です。

  • 店舗名:ふくじゅう 東京駅八重洲地下街店
  • 住所:東京都中央区八重洲2-1八重洲大地下街内43
  • 電話番号:03-3275-1814
  • 営業時間:月~金、祝前日 11:00~23:00
    • 土日祝 11:00~21:00
  • 定休日:無休
  • 公式HP

ランチにおすすめ、人気お好み焼き店

気負わずに食べられるお好み焼きは、ランチにぴったりです。東京でランチ営業が評判を呼んでいる、お好み焼き店を紹介します。

千房 有楽町ビックカメラ支店

『千房』は昭和48年創業で、全国に70店舗をチェーン展開している大阪の超有名店でます。

人気メニューの『道頓堀焼』は、具だくさんでボリューム満点のお好み焼きです。ランチメニューは1000円で楽しめます。

  • 店舗名:千房 有楽町ビックカメラ支店
  • 住所:東京都千代田区有楽町1-11-1ビックカメラ有楽町6階
  • 電話番号:03-5288-8570
  • 営業時間:11:30~23:00
  • 定休日:無休
  • 公式HP

京ちゃばな 新宿東宝ビル店

新宿歌舞伎町の『ゴジラヘッド』が目印の新宿東宝ビルにある『京ちゃばな 新宿東宝ビル店』は、大阪の有名店『京ちゃばな』の関東エリア進出2店舗目となるお好み焼き店です。

京ちゃばな名物の『トマトのお好み焼き』『アボカド黒焼きそば』以外にも、関西と同じスタンダードなお好み焼き、そして新宿東宝ビル店の限定メニューもあって、品数も盛りだくさんです。

  • 住所:東京都新宿区歌舞伎町1-19-1 新宿東宝ビル1F
  • 電話番号:03-6233-8781
  • 営業時間:ランチ11:00~17:00、ディナー17:00~23:00
  • 定休日:年中無休
  • 公式HP

デートや接待に、個室ありのお好み焼き店

お好み焼き店の中はたいていオープンなスペースになっていますが、個室があったなら、ひと味違うデートや接待の場などに使えそうです。そんな個室付きのお好み焼き店を紹介します。

鉄板焼き・お好み焼き やきのすけ焼太郎

西麻布アジアビルの最上階にある『やきのすけ焼き太郎』は、東京の夜景を眺めながら鉄板焼きが楽しめるお好み焼き店です。

店内にはワインセラーもあって、100種の世界のワインを味わうことができます。記念日や接待、友人とのお食事など、さまざまなシチュエーションで極上の鉄板焼きを楽しめます。

  • やきのすけ焼太郎
  • 住所:東京都港区西麻布2-10-1 西麻布アジアビル7
  • 電話番号:03-6231-2277
  • 営業時間:平日 18:00~24:00
    • 土曜 18:00~23:00
  • 定休日:日曜・祝日
  • 公式HP

お好み・もんじゃ居酒屋 だるまさん 1丁目

JR恵比寿駅東口から歩いて3分、西口駅前の『お好み・もんじゃ居酒屋 だるまさん 1丁目』は、モノトーン基調の古民家造りのお好み焼き店です。

お好み焼やもんじゃ焼以外にも、旬の素材を生かした一品料理などもあり、ゆったりと和めるスペースとして、オフィス街の大人たちに人気があります。

  • 店舗名:お好み・もんじゃ居酒屋 だるまさん 1丁目
  • 住所:渋谷区恵比寿1-12-5 安島ビル2F
  • 電話番号:03-5795-1155
  • 営業時間:月~木 17:00~翌1:00
    • 金土 17:00~翌4:00
    • 日 17:00~23:00
  • 定休日:無休
  • 公式HP

お好み焼き のろ 赤坂本店

東京メトロ千代田線赤坂駅から歩いて3分の『お好み焼き のろ』は、個室が利用できるお好み焼き店です。個室の利用にはチャージ料2000円が必要になります。

ランチ営業もしているので、アルコール抜きの集いや商談にも利用できます。かいわれ大根をたっぷり使った『のろかいわれ焼き』は絶品です。

  • 店舗名:お好み焼き のろ 赤坂本店
  • 住所:東京都港区赤坂2-17-72-B1F
  • 電話番号:03-6441-2315
  • 営業時間:月~金 ランチ11:30~14:00、ディナー17:00~翌5:00
    • 土・祝前日 17:00~翌5:00
    • 日・祝日 17:00~22:00
  • 定休日:不定休
  • 公式HP

広島風お好み焼きが食べられるおすすめ店

関西風に負けず劣らず人気の広島風お好み焼きを、東京で堪能できる名店を紹介します。個性あふれるこだわりの店ばかりです。

電光石火 東京駅店

広島風お好み焼きを、誇りを持って提供している人気店『電光石火』は、東京駅周辺の八重洲地下中央口改札を出てすぐのところにあります。

抜群に人気のあるメニュー『電光石火』は、盛りだくさんの野菜に2個の卵を惜しげなく使った、ふわとろのオムレツ風お好み焼きです。

  • 店舗名:電光石火 東京駅店
  • 住所:東京都千代田区丸の内1丁目9-1 東京駅一番街地下1階
  • 電話番号:03-6268-0313
  • 営業時間:10:00~23:00
  • 定休日:なし
  • 公式HP

お好み焼き八昌

『お好み焼き八昌』は世田谷農大通り商店街を入ってすぐの広島風お好み焼き店です。広島でお好み焼ならこの店と評判の『八昌本店』のお好み焼きが、東京で味わえます。釜焼きピザのような、香ばしい焼き上がりが魅力です。

生麺をほどよくソースと絡めた食感も、本店と同じです。素材の品質と手際のよさがまさに職人技と呼べる、王道を貫くお好み焼き店です。

  • 店舗名:お好み焼き八昌
  • 住所:世田谷区経堂1-21-18 原田ビル2F
  • 電話番号:03-3428-8437
  • 営業時間:火~土 17:00~翌1:00
    • 日祝 17:00~23:00
  • 定休日:月曜日
  • 公式HP

ソニア

新橋駅から歩いて5分ほどのところにある『ソニア』は本場広島の味が楽しめるお好み焼き店です。

同店の広島風お好み焼きが東京に進出してきて以降、新橋のサラリーマンからは絶大な支持を集めています。油をできるかぎり使わず、具材を何重にも重ねて蒸し焼きしたお好み焼きは、ヘルシーでありながらカリカリで香ばしい味わいです。

  • 店舗名:ソニア
  • 住所:東都港区新橋5-15-1 ル・グラシエルビル B1F
  • 電話番号:03-3433-5084
  • 営業時間:月~金 ランチ11:30~14:30、ディナー17:30~23:00
    • 土 ランチ11:30~14:00、ディナー17:00~22:00
  • 定休日:日曜・祝日
  • 公式HP

東京都内のお好み焼きを食べつくそう

東京にも、関西や広島に見劣りしないぐらい、美味しいお好み焼きを出すお店がたくさん軒を並べています。家族や友達と連れだって、東京都内の名だたるお店のお好み焼きを食べつくしましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME