ボルダリングって何?はじめるための準備からコツまでのまとめ

2019.02.01

ボルダリングは、体を動かすことが好きな大人の男性に、人気がある遊びスポーツの1つです。ボルダリングは、コツさえ押さえれば、性別問わず幅広い人が楽しめます。また、屋内でも遊べることもあり、天候の心配もありません。ボルダリングについて紹介します。

ボルダリングについて知ろう

『ボルダリング』をまだ知らない人も多いのではないでしょうか?ここでは、ボルダリング初心者や、まだボルダリングについて何も知らない人に向けて詳しく解説します。

ボルダリングとは

まず、ボルダリングとは、どういったものなのでしょうか?ボルダリングは、もともと『ボルダー』と呼ばれる『巨大な石を登る遊び』として誕生しました。

ボルダーには、自然によってつくられた凸凹があります。その凹凸を上手に利用しながら、自分の手足を使って登っていきます。

今では、ボルダに見立てた壁を作って、屋内でも楽しめるジムも多数あり、天候に左右されずに遊べるという点も魅力の1つでしょう。

ロッククライミングのジャンル

ボルダリングは、断崖絶壁を登っていく『ロッククライミング』の1種です。ロッククライミングとの大きな違いは、登る高さでしょう。

ロッククライミングは、大きく分けると人工的な登攀道具を使って登っていく『エイドクライミング」』、登攀道具を使わずに登っていく『フリークライミング』の2タイプに分けられます。

ボルダリングは、このフリークライミングの1種です。フリークライミングには、ボルダリングのほか、安全確保のためにロープを使う『ルートクライミング』もあります。

安全確保のロープを使わずに登るボルダリングは、万が一落下しても、致命的なケガを負わない高さ(3~5m程度)を目安に行います。

2020年には、スポーツクライミングの1種目としてオリンピックでも行われることが決定し、スポーツとしての認知度が高くなり、注目されています。

ボルダリングジムとは

ボルダリングは、自然界のボルダーを登るだけではなく、人工的にボルダーの特徴を施した壁でも行われます。

このような、ボルダリング用の壁を設置し、天候に左右されることなく屋内でボルダリングを楽しめるジムが、『ボルダリングジム』です。

ボルダリングジムは、都内をはじめ全国各地にオープンしており、小さな子供から大人まで幅広い年代の人たちがボルダリングを楽しめるスペースとなっています。

服装のポイント

ボルダリングをするためには、いくつかの準備が必要です。ここでは、ボルダリングをするときの服装のポイントについて解説します。

ボルダリングの服装とは

ボルダリングでは、主に下記の4つを着用します。

  • シューズ
  • 靴下
  • ズボン
  • シャツ

ボルダリングには、ボルダリング用のシューズがあります。初めて訪れる人や、初心者はジムでレンタルするのがおすすめです。慣れていくうちに、自分専用のボルダリングシューズが欲しくなった場合には、クライミング用品専門店やインターネットで購入しましょう。

また、靴下は『アンクル丈が短め』の靴下であれば問題ありません。

ズボンについては、『ジャージ』や『ハーフパンツ』などでOKです。それらが無い人は、チノパンで代用できます。

ボルダリングの基本のシャツは、『半袖のTシャツ』です。

初心者や女子のチェックポイント

初心者や女子は、さらに服装選びに注意する点があります。ズボンは、裾が太いタイプの物は、ボルダリングで手や足をかける部分(ホールド)を隠してしまうため、裾が詰まったものにしましょう。丈が長すぎるのもNGです。

また、クライミング中は、手足を大きく広げて登るので、シャツやズボンから肌が見えやすくなります。そのため、特に女性は、スポーツインナーと呼ばれるシャツやズボンを併用すれば、安心してボルダリングを楽しめます。

ボルダリングシューズの選び方

ボルダリングには、ボルダリング用のシューズがあると先ほど紹介しましたが、レンタルではなく、自分専用のものが欲しい場合、どのように選べばよいのでしょうか?

ボルダリングシューズには、着脱方法・ソールの形・つま先の形などそれぞれ種類がいくつかありますが、最も重要なポイントは、サイズ選びです。

ここでは、ボルダリングシューズの正しい選び方について解説します。

基本は小さめ

ボルダリングシューズは、クライミングするときに足に力が入りやすいように、基本は小さめです。

初めて履いた人は、『きつい!』と驚くかもしれません。しかし、足の指がギュッと締め付けられている感があるくらいがクライミングしやすくなります。

そのため、足の指を少し曲げた状態で履くように作られています。

初心者はジャストサイズから

ボルダリングシューズは、伸びやすいため、通常よりも1サイズ小さめのシューズを購入して、時間をかけて伸ばしていくという方法が一般的です。

しかし、初心者が小さめのシューズを購入し、痛みを我慢しながらボルダリングをやっても、楽しめません。そのため、小さめサイズを選ぶのではなく、痛みのないジャストサイズを購入しましょう。

中~上級者になるにつれ、小さなホールドを使いながら登っていくことが多くなります。そのため、つま先に力が入りやすい小さなサイズを、中~上級者は選ぶのですが、初心者は大きめのホールドを使って登ることが多いため、そこまで小さめにこだわる必要はありません。

ボルダリング慣れてきたら、1サイズ小さめのシューズを購入すると失敗がありません。

痛いときの対処法

小さめのサイズを購入して、足が痛いときには下記の2つの対処法があります。

  • 100円均一ショップの水切りネットを履いてから、ボルダリングシューズを履く
  • シューキーパーを使用して、徐々にボルダリングシューズを伸ばす

ボルダリングシューズの多くは、足汗の水分によって伸びます。ストッキング素材の水切りネットは、靴と足の摩擦を無くすだけでなく水分もシューズに届くため、効率よくシューズを伸ばせます。

それでも痛みがある場合には、シューキーパーでシューズ自体を伸ばすことも検討してみましょう。ただし、シューキーパーで一気に伸ばそうとすると、シューズが壊れてしまうので、少しずつ広げて1日放置、そしてそれでも小さかったら、また少し広げて1日放置を、繰り返してください。

サイズチェックの方法

ボルダリングシューズの選び方について紹介しましたが、通常のシューズのサイズ選びとは異なるため、初心者にとってはまだまだ難しく感じることもあるでしょう。

また、メーカーによっても、若干サイズが異なる場合もあります。ボルダリングシューズのサイズを選ぶためには、最初に『自分の足の正しいサイズ』を知ることから始めます。

ここでは、サイズチェックの方法について解説します。

サイズの測り方とサイズ表

自分の足のサイズをはかる方法は、下記のとおりです。

  1. 片膝をついて床についた足の『かかと』と『つま先』に厚手の本をそれぞれ水平に置く
  2. 立ちあがって本を足にぴったりと合わせる
  3. 本がずれないように、足を外して本の間の距離をメジャーで測る

自分の足のサイズがわかったら、メーカーごとのサイズ表と合わせます。主なメーカーごとのサイズ表は下記のとおりです。

  • LA SPORTIVA
メーカーサイズ 33 33H 34 34H 35 35H 36 36H 37 37H 38 38H
足のサイズ(cm) 22.5 23 23.5 23.5 24 24.5
メーカーサイズ 39 39H 40 40H 41 41H 42 42H 43
足のサイズ(cm) 25 25.5 26 26.5 27
  • fiveten/Scarpa/Boreal/Evolve
メーカー名 22.5cm 23cm 23.5cm 24cm 24.5cm
fiveten Men 4.5 5 5.5 6 6.5
Women 6 6.5 7 7.5 8
Scarpa 36 36.5 37 37.5 38
38Boreal 3.5 4 4.5 5 5.5
Evolve Men 4.5 5 5.5 6 6.5
Women 6 6.5 7 7.5 8
メーカー名 25cm 25.5cm 26cm 26.5cm 27cm 27.5cm
fiveten Men 7 7.5 8 8.5 9 9.5
Women 8.5 9 9.5 10 10.5 11
Scarpa 38.5 39 39.5 40 40.5 41
Boreal 6 6.5 7 7.5 8 8.5
Evolve Men 7 7.5 8 8.5 9 9.5
Women 8.5 9 9.5 10 10.5 11

2分履いて痛くないか

ボルダリングのスタートからゴールまで、かかる時間は約2分です。ボルダリングシューズ2分痛みが無ければ、ゴールまでは痛みを感じずにボルダリングが楽しめます。

5分つま先立ちができるか

次に、5分間つま先立ちができるかを確認してみましょう。ボルダリングは、つま先立ちで、ホールドを登っていくスポーツです。

そのため、5分つま先立ちができないようなシューズは、避けた方がよいです。

グレードについて知ろう

ボルダリングジムを訪れると、ルールのほかに『グレード』について説明を受けることがあります。このグレードとは、いったい何を表しているのでしょうか?

ここでは、ボルダリングのグレードについて解説します。

グレードとは

グレードとは、ボルダリングの難易度のことです。グレードにも、『階級グレード』のほか、『フレンチグレード』やアメリカ発の『Vグレード』があります。

階級グレードは、最も難易度の低い10級~最も難易度の高い6段まであります。また、フレンチグレードは1+~9aまで、VグレードはV0-~V17までです。

初心者は7級から10級で

ボルダリグジムによって、同じグレードでも難易度が同じというわけではありません。ジムによって、課題を設定する人が違うためです。

そのため、初心者におすすめの階級グレードは、10~7級を目安にしながら登るようにしましょう。そうすれば、初心者でも、楽しみながらボルダリングができます。

フレンチグレードで言えば1+~3あたりです。Vグレードは、階級グレード6級がV0-にあたるため、該当するレベルがありません。

最初のレベルアップの目標は4級

ボルダリング初心者は、自分の目標とするグレードを設定することがレベルアップの秘訣です。

最初のレベルアップの目標は、4級程度がよいでしょう。力だけで登れる7級までとは違って、4級あたりになると技術やコツが必要となってきます。初心者でも、何回か通っていくうちに、自然と体がボルダリングのコツを覚えていくので、心配はいりません。

クライミングのコツ

ボルダリングは、技術やコツをつかめば、パワーが無い子どもから年配まで幅広い世代の人が楽しめるスポーツです。

ここでは、クライミングのコツを3点紹介します。

オブザベーションをしっかりしよう

ボルダリングのクラスでは、必ず『オブザベーションをしてから登り始める』ことを説明しています。

ボルダリングにおけるオブザベーションとは、手足を動かす前に自分の頭の中で『右手でこのホールド、右足でこのホールドをつかむ』というようなイメージをすることです。

オブザベーションをすることで、万が一落下した場合にでも、何が悪かったのかよくわかるため、同じ失敗を繰り返しにくくなります。

おへその位置を意識しよう

2つ目のコツは、『おへその位置』です。右足で立つときには、右足のつま先の直線状におへそを持ってくるように、また、左足で立つときには、左足のつま先の直線状におへそが来るようにします。

おへそを軸足のつま先の直線状に持ってくることで、体の重心がしっかりとするため、バランスがとりやすくなります。

同側の手足を使おう

3つ目のクライミングのコツは、『同側の手足を使う』ことです。右手で、ホールドをつかみに行きたい場合には、まず右足を出します。逆に、左手でホールドをつかみたい場合には、左足を出しましょう。

イメージとしては、はしごを登るときと同じ動きです。右手を動かしてホールドをつかみたいのに、左足を動かしてしまうと、バランスが崩れたり、届かなかったりして失敗してしまいます。

東京でおすすめのボルダリングジム

東京には、たくさんのボルダリングジムがあります。ここでは、東京でおすすめのボルダリングジム3選を紹介します。

B-PUMP

『B-PUMP』は、日本最大級の大型ボルダリングジムです。初心者の人でも初回体験コースが用意されています。

広々とした施設内には、300本以上のボルダリングコースがあり、自分のレベルに合わせたコースや、さらなるレベルアップのためのチャレンジなど自分でコースを見つけて楽しめるのが特徴です。

なかには、傾斜90度以上のオーバーハングもあります。ボルダリングシューズ・チョークボックスのレンタルのサービスも利用できるので、動きやすい服装と薄手の靴下、そして汗拭きタオルさえ持っていけばOKです。

  • 店舗名:B-PUMP TOKYO(ビーパンプトーキョー)
  • 住所:東京都文京区湯島1-1-8
  • 連絡先:03-6206-9189
  • 営業時間:平日12:00~23:00、土祝 11:00~22:00、日曜 10:00~21:00
  • 定休日:年末年始
  • 料金:専用シューズ・チョークバック付き体験料金 平日3800円、土日祝 4000円(税抜き)
  • 公式HP

エスカラードクライミングジム

『エスカラードクライミングジム』は、初心者講習など、初心者に優しいジムです。初めてボルダリングを挑戦する人には、初回のみスタッフが無料で30分ほど講習してくれるので安心です。

また、充実したコースは、初心者だけでなく上級者までに対応しており、自分のレベルに合ったコースを見つけて楽しみましょう。

完全個室の更衣室も完備しています。シューズ ・チョークのほか、Tシャツ・ハーフパンツのレンタルもあるので、仕事帰りにも便利です。

  • 店舗名:ESCALADE CLIMBING GYM(エスカラードクライミングジム)
  • 住所:東京都新宿区西新宿7-5-20 新宿旭ビル
  • 連絡先:03-5937-0501
  • 営業時間:10:00~24:00
  • 定休日:年中無休
  • 料金:シューズ・チョークのレンタル付き体験プラン1500円(平日10:00~16:00のみ)
  • 公式HP

Bouldering Studio PEKI PEKI

清潔感あふれる空間で、ボルダリングを楽しみたい人は、『Bouldering Studio PEKI PEKI』がおすすめです。

Bouldering Studio PEKI PEKIは、スイスのアウトドアブラド『マムート』がサポートしており、親子で楽しめるボルダリングジムとして人気があります。

初心者~上級者までレベル別の壁が用意されているので、幅広いクライマーたちに対応しています。

また、Bouldering Studio PEKI PEKIは中学生以上の利用に限られています。隣には、全国初の子ども専用(小学生以下)のボルダリングジム『PEKID’S』があり、子どもと大人を分けています。

  • 店舗名:Bouldering Studio PEKI PEKI(ボルダリングスタジオペキペキ)
  • 住所:東京都渋谷区神宮前6-19-14
  • 連絡先:03-5778-0247
  • 営業時間:平日 12:00~23:00 土日祝 11:00〜22:00
  • 料金:体験 ビジタープラン 一般 平日 2400円、​土日祝 2800円(レンタル品・スタートレクチャー込み)
  • 公式HP

一度は挑戦してみたいボルダリング

ボルダリングは、屋内でできる全身を使ったスポーツです。最初に準備するものも少なく、力が無くてもできることから、年齢を重ねても長く続けられるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME