万年筆用インクを比較。耐水性の高いインクやカラーインクを紹介

2019.01.28

万年筆用のインクは同じ黒でも色々な表情で色合いを表現しています。そこで、万年筆用インクを選ぶときに知っておきたい基礎知識と、万年筆用インクの比較を紹介します。それぞれのメーカーで違う特徴を知ってインク選びの参考にしてみてください。

万年筆用インクの選び方

万年筆用インクは、どのインクを使っても良いとは言えません。使っている万年筆に合わせて選ぶ必要があるのです。そこでまずは、万年筆用インクの選び方を確認してみましょう。

原則、同じメーカーのインクを使用する

万年筆用のインクを選ぶ時の基本は『万年筆と同じメーカーのインクを使う』です。これは、万年筆を作ったメーカーが『書き心地・耐久性』などの品質のチェックをしたときに使っているのが同じメーカーのインクだからです。

他のメーカーのインクを使ってしまうと、相性のチェックをしていないため『思わぬ故障の原因に繋がってしまう』ことがあります。他のメーカーのインクでの故障は『保証対象外』のメーカーが多いので、万が一どうしても使わなければならないときには自己責任で使うようにしましょう。

耐水性の高いインクの種類は?

万年筆用インクは、『染料インク・顔料インク・古典インク』の3種類のインクに分けることができます。この中でも耐水性の高いインクと言われているのが、顔料インクと古典インクです。

古典インクのほうが、顔料インクよりも耐水性が低いですがどちらも同じくらい耐水性が高く、書いた文字が長持ちします。インクは、目的に合わせて種類も選ぶようにしましょう。

次は、各メーカーから販売されている万年筆用のインクを比較して紹介します。それぞれのカラーで比較しているので『インク選びの参考』にしてみてください。

黒インク比較

まず、オーソドックスな黒インクの比較を見ていきましょう。黒インクは、ほとんどのメーカーが取り扱っていますが、中でも人気の『ラミー』と『プラチナ』の黒インクを紹介します。

にじみにくいラミーのブラック

ドイツのブランド『ラミー』で販売されているブラックは、その高い粘度から『にじみにくい』ことで初心者にも使いやすいインクとして好まれています。正統派の黒を感じさせる『純黒』の上品な色合いは、使いやすさからもおすすめです。

  • 商品名:LAMY ラミー ボトルインク ブラック LT52BK 正規輸入品
  • 価格:973円
  • amazon:商品ページ

変化を楽しめるプラチナ セピアブラック

国内ブランドの『プラチナ』が販売しているのが、変化を過程を楽しむインクの『CLASSIC INK(クラシックインク)』です。中でもセピアブラックは、淡い色から徐々に黒く変化していく濃淡をより強調して表現され『味わい深い黒』が楽しめます。

ラミーの黒インクよりもプラチナのインクの方が少し耐水性が劣りますが、どちらも長く色褪せない文字を楽しむことができます。

  • 商品名:プラチナ万年筆 クラシックインク INKK-2000#66 セピアブラック
  • 価格:1900円
  • amazon:商品ページ

青インク比較

次に紹介するのが青インクの比較です。黒インクの次に使われている青インクは、契約書や公文書などでも使われることがあるものです。長期保存を目的に考えて作られていることも多い青インクも、メーカーによって違った色合いが楽しめます。

ペリカン エーデルシュタイン トパーズ

海外ブランドの『ペリカン』から販売されているのが、宝石をテーマとして作られた『エーデルシュタイン・インク』です。トパーズは和名にすると黄玉(おうぎょく)ですが、インクの色味はブルートパーズをイメージして作られています。

書いた時点では、鮮やかな青を魅せてくれますが『時間の経過と共にトパーズのような』深みのある色合いが堪能できると人気を集めています。

  • 商品名:ペリカン 万年筆 ボトルインク トパーズ エーデルシュタイン 正規輸入品
  • 価格:2592円
  • amazon:商品ページ

モンブラン ロイヤルブルー

海外ブランドの『モンブラン』から販売されている青インクが『ロイヤルブルー』です。鮮やかさが特徴なブルーは、紺色に近い色合いが表現されています。時間の経過でやや黒に近い色合いに変わり、より深みのあるブルーに変わると人気です。

ペリカンとモンブランの青インクは、どちらも書き心地や耐水性が高く作られているのでそこまで差はありません。

それぞれ色合いに特徴があるため、同じ青インクでも違った美しさを楽しむことができます。宝石のような輝きのある青が良いのか、深みのある味わいが楽しめる青が良いのかと色合いで選ぶのもおすすめです。

  • 商品名:MONTBLANC モンブラン 万年筆 インク ロイヤルブルー 青 60ml 正規輸入品 ボトルインク MB105192
  • 価格:2109円
  • amazon:商品ページ

赤インク比較

黒インク、青インクに続いて人気なのが赤インクです。赤といってもメーカーによって濃淡が違い、赤インクだけでもかなりの種類があります。中でも人気の2つを紹介するので参考にしてみてください。

モンブラン コーンポピーレッド

モンブランの『コーンポピーレッド』は、『愛と希望を求めて』というコンセプトから、鮮やかさよりも深みのある赤が印象的なインクです。ルージュとも言えるような深みのある赤は、書いてから時間が経つごとに魅力的な赤へと変化する様子が楽しめます。

  • 商品名:MONTBLANC モンブラン 万年筆 インク コーンポピーレッド 赤 60ml 正規輸入品 ボトルインク MB111432
  • 価格:1940円
  • amazon:商品ページ

セーラー ストーリア ファイヤー

国内ブランド『セーラー』から販売されている『ストーリア』のシリーズは、耐水性・発色に優れています。にじみにくく、裏抜けしにくいことからも人気があるシリーズです。

ストーリアのファイヤーは、鮮やかな赤が特徴的で『炎の名前を色合いで表現』しています。描いてからの乾きも早く、その鮮やかさを長く保っていられることも特徴の1つです。

モンブランは染料インクで耐水性が低く、セーラーは顔料インクで耐水性が高いので、目的に合わせて選んでみましょう。

  • 商品名:セーラー万年筆 万年筆 顔料ボトルインク ストーリア 30ml レッド
  • 価格:1018円
  • amazon:商品ページ

カラーが豊富。パイロット 色彩雫の色比較

最後に紹介したいのが全24色のカラーバリエーションが楽しめる『色彩雫(いろしずく)』です。パイロットから販売されているこのシリーズは、その豊富なカラーと使いやすさから初心者にも使いやすいとされています。

中でも人気のカラーをいくつか紹介するので、インク選びの参考にしてみてください。

ブルー系の月夜と深海

24色の中でもブルー系は、深い味わいのある色合いが特徴的なインクです。色彩雫では、『月夜』と『深海』の名前のブルー系が特に人気を集めています。

月夜は、ダークトーンの青で作られた不思議な青緑のカラーです。月の明るい夜を感じさせるブルーは、時間の経過と共に徐々に暗くなる様子を楽しめます。

深海は、スモーキーで大人の雰囲気を楽しめる紺に近いカラーです。まさに深海を感じさせる青は、使うペンによっても色合いが変わる楽しみがあると人気があります。

どちらもブルー系ですが、感じる印象も色の変化も全く違うので『濃淡』に注目してみるのがおすすめです。

  • 商品名:パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-TY ツキヨ
  • 価格:1401円
  • amazon:商品ページ

 

  • 商品名:パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-SNK シンカイ
  • 価格:1432円
  • amazon:商品ページ

パープル系の紫式部と山葡萄

パープル系は、色合いに差が出やすく『比較』してみると『色の違いがはっきり』でるカラーです。パイロットで取り扱われている『紫式部』と『山葡萄』に注目してみましょう。

紫式部は、シンプルな紫のようでいて、鮮やかな色合いを感じることができます。折り紙にあるような紫と良く似た色ですが、時間が経つとより深みが出てくるので変化も目が離せません。

山葡萄は、名前の通り山葡萄の色の赤紫が特徴的なカラーです。少し滲んだ部分からは緑がかった色合いを楽しめるほか、乾いた後には深みのある紫がより色合いを深めてくれます。

どちらも紫を代表する色合いですが、どちらも『全く違う紫』です。その違いを楽しめるのも色彩雫のポイントと言えます。

  • 商品名:パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-MS ムラサキシキブ
  • 価格:1410円
  • amazon:商品ページ

 

  • 商品名:パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-YB ヤマブドウ
  • 価格:1464円
  • amazon:商品ページ

グリーン系の深緑と松露

もう1つ見逃せないカラーなのがグリーン系です。一言で緑と言っても、いろいろな表情の緑があります。色彩雫の中で人気の『深緑』と『松露』をチェックしてみましょう。

深緑は、深い緑の色合いが感じられるカラーです。濃い緑色で、濃淡をしっかりと感じることができるほか、時間の経過で強い緑の生命力を想像させます。

松露は、松の葉の露を表現した優しいグリーン系です。白さえも感じることができる淡い緑と、時間をかけて変化する育った松を彷彿させる緑を体験できます。

どちらの緑も自然豊かな色合いを表現しているので、色合いが好みの方を選んでみるのもおすすめです。

  • 商品名:パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-SHR シンリョク
  • 価格:1464円
  • amazon:商品ページ

 

  • 商品名:パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-SY ショウロ
  • 価格:1401円
  • amazon:商品ページ

それぞれの色合いを愉しむ大人の趣味

色合いというのは、人それぞれで想像するイメージが変わってくるポイントと言えます。同じ色に分類されるインクでも、その表情や表現を変えて楽しませてくれるというのは、万年筆の魅力でもあるのです。

それぞれのインクに込められた気持ちと色合いを愉しんでみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME