インドカレーの種類と名前を6つご紹介。日本でも馴染みのカレーなど

2019.01.23

インドカレーの種類と名前をわかりやすく解説します。奥深い味わいを楽しんだり、どのインドカレーが好みの味なのかを覚えておくためにも、名前を参考にしてみてください。日本とインドのカレーの違いも要チェックです。

日本でも人気のインドカレー

日本でも多くの人から人気を集めているインドカレーは、日本で主流となっているカレーとは違った特徴を持っています。まずは、日本のカレーとインドのカレーの違いからチェックしていきましょう。

日本とインドのカレーの違い

日本のカレーは、じゃがいもや人参などの野菜と肉を加えて煮込んだ後、寝かせることで深い味わいを楽しめるものです。一方、インドカレーは『玉ねぎとトマト』を炒めた後、肉と水を入れて火が通る程度に煮込み、スパイスと塩だけで美味しく食べることができます。

このように、インドカレーの方が調理が簡単です。しかし、スパイスを集めることが難しい日本では、日本のカレーの方が手軽に食べられることから人気を集めています。

他にも、インドカレーの多くがとろみがついていないのに対して『日本のカレーはとろみがある』という違いもあります。同じカレーでもよく見てみると違いがあることに気付けるのです。

インドの中でもカレーのタイプが異なる

インドの中でも地方によってなど、カレーのタイプが変わっていきます。これは、数十種類のスパイスをすり潰して食材に適した調理法で味付けをするインドならではとも言える部分です。

インドの家庭には数え切れないスパイス・ハーブが常備されているので『そのときに合わせて異なる味を作る』ことから、タイプの違うカレーができあがります。

また、北インドと南インドでもカレーの違いがあります。

北インドのカレーは日本のカレーをイメージさせるほどのドロッとしたタイプが一般的です。しかし、南インドのカレーはさらさらしたものが主流となっています。使う材料や、スパイスの違いによって北インドと南インドでは『違ったタイプのカレー』が作られています。

このように、家庭や地域の違いで種類豊富に作られているのがインドカレーなのです。次は、このインドカレーの中でも『代表的な6つのカレー』を紹介していくので参考にしてみてください。

肉系インドカレーの種類と名前

最初に紹介するのが『肉系インドカレー』のキーママターとマトンドピアザです。肉系とは言っても、それぞれ旨味の違いがあるのでチェックしていきましょう。

キーママター

キーマとは、細かいものという意味でひき肉(主にラム肉)を使ったカレーのことです。そんなキーマカレーにグリンピース(マター)を入れることで深い味わいで親しまれているのが『インド・イスラムの代表的な料理』のキーママターです。

ラム肉の臭みをスパイスとマターによって上手く消し、ラム肉の旨味を惹き立てた味わいを楽しむことができます。ラムが苦手な人でも、違和感なく不思議と食が進むカレーに仕上がっているのもポイントです。

マトンドピアザ

マトンドピアザは、マトン(羊の肉)とピアザ(玉ねぎ)を使ったカレーです。くせのあるマトンに強めのスパイスを使うことで、臭みを消して風味をより活かすように味付けが行われています。

じっくりと甘みと旨味を引き出すように炒めた玉ねぎと、食感の良い生の玉ねぎの2種類を使うことで、スパイシーでもまろやかさのあるマトンカレーに仕上がっています。

濃厚系インドカレーの種類と名前

次に、濃厚系インドカレーの種類と名前を紹介します。こってりとした濃厚な味わいで、お腹も心も満たされるカレーをチェックしてみましょう。

ムルグマッカーニ

ムルグマッカーニは、バターチキンカレーのことです。チキンの濃厚な味わいと、バターの豊かな風味を楽しむことができると人気があります。カレーにカシューナッツを砕いて入れるものなど、作り手によってさまざまな工夫が取り入れられているのも美味しさの秘密です。

濃厚なバターとクリーム味で、辛味も比較的少ないので食べやすいカレーとしても親しまれています。

パニールマッカニ

パニールマッカニは、バターとカッテージチーズ(パニール)を使うことでより濃厚に作られたカレーです。生クリームとバターでコクを引き出して、まろやかに仕上げてあるので、濃厚でも不思議と食べやすく人気があります。

チーズの独特な食感と濃厚な味わいがスパイスと一緒に口いっぱいに広がることで、マイルドでも厚みのある味わいを楽しめます。

ヘルシー系インドカレーの種類と名前

濃厚なカレーだけがインドカレーではありません。中にはヘルシーで女性からも人気を集めているインドカレーがあります。次は、ヘルシー系インドカレーを2つチェックしてみましょう。

アルパラク

アルパラクとは、じゃがいもの入ったほうれん草のカレーのことです。インドでは定番のほうれん草のカレーに、じゃがいもをプラスすることで『ヘルシーかつ満足感のあるカレー』に仕上がっています。

ペースト状になったほうれん草に合うスパイスの調合で美味しさをより引き立てる工夫がされています。

ダールカレー

ダールカレーとは、豆カレーのことで『インドならではの豊富な種類の豆』を使って作られたカレーです。ベジタリアンの多いインドでは、肉の変わりに豆を使うことでタンパク質を補っています。1日の3食のうち1食は必ず食べるとも言えるほど人気のカレーです。

1種類の豆だけを使ったダールカレーもあれば、数種類の豆を使ったものもあるので、豆の味わいと合わせて変わるスパイスの風味を楽しめます。

本格インドカレーをお試しあれ

本格インドカレーは、その種類の豊富さで『作り手によっても味が変わる』ものです。奥深い味わいのカレーの世界を、本格インドカレーで体験してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME