漫画の博物館はどこにある?一度は訪れたいミュージアムなどをご紹介

2019.01.19

漫画の博物館での展示は、日本の漫画を心から楽しむためにも1度は訪れておきたい名所です。そこで、漫画の博物館がどこにあるのか、どのような特徴があるのかを確認してみましょう。漫画の持つ不思議な魅力と楽しさを味わうきっかけにしてみてください。

漫画の展示を観に行こう

化石や絵画といったさまざまなテーマを紹介している博物館では『漫画』がテーマで展示されていることもあります。博物館に展示されるほどの日本の漫画は、非常にレベルが高く、世界からも注目を集めている文化なのです。

世界に誇れる日本の漫画

世界に誇れる日本の文化として名高い『漫画』は、海外からも多くの支持を集めているほど高いレベルを持っています。その証拠に、日本の漫画や漫画家が多くのギネス記録を持っているのも事実なのです。

コミックス累計発行部数のギネスを保持している『ONE PIECE』や、世界一巻数の多い漫画としてギネスを保持している『こちら葛飾区 亀有公園前派出所』などは海外からも人気のタイトルです。

他にも、漫画の神様と呼ばれている『手塚治虫』は、数多くいる漫画家たちからも尊敬される存在です。胃がんの闘病生活でも漫画を書き続けたその信念は、人生を全て漫画に捧げたとも言えるほどで、残した作品は後世に語り継がれる名作となっています。

漫画の世界を目の前で感じられる

そんな日本が築きあげてきた漫画の歴史や世界を身近に感じられるのが博物館の魅力です。単行本・雑誌など多くの媒体から見続けてきた漫画の世界を存分に楽しめるのも博物館ならではと言えます。

原画展と呼ばれる漫画の原作の世界は、漫画がどのように完成していったのかというか歴史や、作者自身の人物の背景などを学ぶのにもおすすめです。

まずは一体どこに博物館があるのか、どのような展示があるのかをチェックしてみましょう。

宮城県 石ノ森萬画館

宮城県石巻市にあるのが『石ノ森萬画館』です。漫画家『石ノ森章太郎』が考案したデザインの漫画館で、石ノ森章太郎が生み出した作品が展示されています。

サイボーグ009、仮面ライダーを生んだ巨匠

石ノ森章太郎が手がけた作品には『サイボーグ009』や『仮面ライダー』などのヒット作が多くあります。漫画の可能性を追求し続けた活動は『萬画宣言』を提唱するほど大きなものでした。

石ノ森萬画館では、『漫画は万物を表現できる萬画であると提唱したこの萬画宣言』のほかにも、作者の人柄にふれることができるコーナーが多く展示されています。展示コーナーに合わせて作られた見どころ満載の館内は飽きることなく最後まで楽しみで溢れています。

原画展示はもちろん、ここだけのジオラマも

原画展示コーナーでは収蔵されている原画の中から厳選された原画が展示されています。どのようなタッチで描かれたのか、構成はどのようなものだったのかを直接みて学んでみましょう。

原画展示コーナーにも負けないほど人気なのが『ジオラマ』が楽しめるシージェッター海斗の世界です。このコーナーのためだけに作られた特性ジオラマは、世界観を感じるだけではなく、作者が皆を楽しませたいという気持ちも味わえるおすすめのスポットとして人気があります。

  • 店舗名:石ノ森萬画館
  • 住所:宮城県石巻市中瀬2-7
  • 電話番号:0225-96-5055
  • 営業時間:3月から11月 9:00〜18:00、12月から2月 9:00〜17:00
  • 定休日:第3火曜日
  • 公式HP

東京都 青梅赤塚不二夫会館

東京都青梅市に2003年にオープンしたのが『青梅赤塚不二夫会館』です。昭和を代表するギャグ漫画作家・赤塚不二夫の絵や写真が展示されています。いつの間にか元気になれる赤塚不二夫ワールドを楽しめると多くの人で賑わうスポットです。

天才バカボン、おそ松くんの世界が広がる

代表作『天才バカボン』や『おそ松くん』を中心とした世界が広がった展示場は、『楽しい』の一言がぴったりのコーナーが勢揃いしています。

左右から見え方が変わる絵や、アーカイブが入ったパソコンなどが展示され、見る者の気持ちをいつの間にか明るくしてくれると人気です。見る楽しみと参加する楽しみのある赤塚不二夫ワールドは大人から子どもまで堪能することができます。

トキワ荘を再現した空間にワクワク

2階には、赤塚不二夫が同世代の漫画家と漫画を描きながら生活していた『トキワ荘』をイメージして作られたコーナーが用意されています。再現度が高く、そこに並べられた貴重な原稿によって、リアリティのある当時の様子を伺うことができるのです。

どんな所で漫画が作られてきたのかを体験しながら、独特な世界観が広がる赤塚不二夫ワールドを思いっきり楽しんでみましょう。

  • 店舗名:青梅赤塚不二夫会館
  • 住所:東京都青梅市住江町66番地
  • 電話番号:0428-20-0355
  • 営業時間:10:00〜17:00
  • 定休日:月曜日(月曜祝日は営業、翌日休館)、年末年始
  • 公式HP

神奈川県 藤子・F・不二雄ミュージアム

神奈川県川崎市にあるワクワクが止まらない博物館として有名なのが『藤子・F・不二雄ミュージアム』です。笑いあり、涙ありで今も多くの人の心に残る名作の『ドラえもん』を含む名作が博物館に展示されています。

キャラクターのカラー原画に魅了

藤子・F・不二雄が手がけたカラー原画が展示室に飾られており、約5万枚の中から厳選された原画を楽しむことができます。展示されている作品はドラえもんに限らず『パーマン』や『キテレツ大百科』などもあるのでお気に入りの作品を見つけてみましょう。

ここで面白いのが、原画ができるまでの工程を3Dアニメーションを使って解説しているところです。それぞれの様子が3Dアニメーションでわかりやすくなっているので、大人から子どもまで『漫画ができあがるまで』を学べます。

カフェでは、あのアンキパンが食べられる

ミュージアムで展示を楽しんだら、次はオリジナルメニューが楽しめるカフェに足を運んでみましょう。開放感たっぷりのカフェでは、用意されている小物まで遊び心が伺える様子が見られます。

提供されているメニューにはアレルギー表示が行われていますが、不安な場合はスタッフに相談しておくとスムーズです。

カフェのオリジナルメニューは、それぞれのキャラクターをモチーフにしたものがたくさん並んでいます。中でも人気なのが、ドラえもんの道具で登場した『アンキパン』です。

実際にアンキパンのメニューを見てみると、ビーフシチューとセットのものやフレンチトーストになったものまで工夫がされています。ドラえもんの道具で夢見たアンキパンを食べて、思いっきりミュージアムを堪能しましょう。

関東の空港からアクセス抜群

成田空港、羽田空港からアクセスがしやすく、旅行先として楽しむことができるのもメリットの1つです。ミュージアムへは、小田急線やJR南武線の登戸駅から『市営の直行バス』が出ています。

市営バスにはドラえもんが描かれているほか、ナンバープレートにドラえもんの誕生年が使われているなど工夫もされているので向かう前からも楽しめます。

  • 店舗名:藤子・F・不二雄ミュージアム
  • 住所:神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
  • 電話番号:0570-055-245
  • 営業時間:10:00〜18:00
  • 定休日:毎週火曜日、年末年始
  • 公式HP

京都府 京都国際マンガミュージアム

京都府京都市にある『京都国際マンガミュージアム』では、約25万点の資料を見ることができる研究閲覧室が展開されています。漫画の世界を学ぶのにぴったりなミュージアムをチェックしておきましょう。

古い漫画が読める

現代の漫画から古い漫画まで多くの作品が展示されているのが京都国際マンガミュージアムのポイントの1つです。見たことがない古い漫画と出会えるほか、タイトルは知っていても内容を見ることができなかった漫画を閲覧できると大人から子どもまで楽しまれています。

年代物の漫画などもあるので、子どもの頃を思い出しながら懐かしい気持ちに浸れるのも『古い漫画』の魅力です。

漫画について深く学べる

京都国際マンガミュージアムの中にある『研究閲覧室』では、現代の国内マンガ本を中心に、江戸中期以降の漫画関連歴史資料や、歴史的資料が約30万点収蔵されています。

30万点のうち、約25万点の資料は、閉架式図書(へいかしきとしょ・外部からの閲覧者に公開されていない図書のこと)なので見られないものもあります。ただし、研究、調査を目的とした人や、漫画の歴史を詳しく知りたいという人(18歳以上に限る)が研究閲覧登録をすると、整理・目録化作業が完了しているものに関して、特別に閲覧が可能となっています。

魅力的な資料が多く展示されているので1度は足を運んでおきたいスポットとして人気です。

生原稿、直筆イラストなど貴重な展示も

博物館として、生原稿や直筆イラストなどの貴重な展示も行われています。貴重な資料の数々は、私たちが普段から目にしている漫画よりも深い歴史を知るきっかけ作りにもぴったりです。

他にも、紙芝居の読み聞かせや、漫画の描き方などの質問ができるコーナー、食事が楽しめるコーナーなどが充実しています。時間が過ぎるのを忘れてしまうほどの充実した展示を楽しんでみましょう。

  • 店舗名:京都国際マンガミュージアム
  • 住所:京都市中京区烏丸通御池上ル
  • 電話番号:075-254-7414
  • 営業時間:10:00〜18:00
  • 定休日:毎週水曜日(休祝日の場合は翌日)、年末年始、メンテナンス期間
  • 公式HP

福岡県 北九州市漫画ミュージアム

福岡県北九州市にある『北九州市漫画ミュージアム』では、北九州ゆかりの著名な漫画家の作品が多く展示されています。見る楽しみ、読む楽しみ、描く楽しみを通して『想像力・表現力・創作力』などを学ぶ機会にもぴったりで、大人から子どもまで楽しめる内容で人気のスポットです。

地元の漫画家の資料を中心に展示

地元の漫画家『松本零士氏、わたせせいぞう氏、畑中純氏、北条司氏など』の作品や資料を中心に展示しています。約5万冊の漫画単行本をゆっくりと読むことができるスペースもあるので、お気に入りの漫画を見つけてみましょう。

期間限定展示や常設コーナーが充実

常設コーナーには、漫画の七不思議、漫画タイムトンネル、漫画こぼれ話などそれぞれで『漫画の楽しみ』を感じる工夫が凝らされているのも見逃せません。中でも人気なのが期間限定展示です。

期間限定展示では『鋼の錬金術師展』や『マカロニほうれん荘展 in 福岡』などが開かれています。北九州漫画家列伝など、土地に関係したイベントなども行われることもあるので今後のイベントにもチェックして足を運んでみましょう。

  • 店舗名:北九州市漫画ミュージアム
  • 住所:福岡県北九州市小倉北区浅野二丁目14-5 あるあるCity5階・6階
  • 電話番号:093−512−5077
  • 営業時間:11:00〜19:00
  • 定休日:毎週火曜日
  • 公式HP

大人も夢中になれる漫画の博物館

博物館は、子どもだけではなく大人も夢中になれる漫画の魅力がたくさんあるスポットです。懐かしい子どもの頃を思い出せる展示の数々を楽しんで、あのときの気持ちに浸ってみるのもおすすめできます。

時代が変わっても色褪せることのない『日本の漫画』を心ゆくまで楽しんでみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME