花が咲く多肉植物と花言葉など。色んな表情を楽しめるおすすめの種類

2019.01.18

花が咲く多肉植物の種類と花言葉を紹介します。いろいろな表情が楽しめるからこそ人気の多肉植物は、今では花屋や雑貨屋でも手軽に購入できるようになりました。贈り物にもぴったりとして注目されている多肉植物選びの参考にしてみてください。

花屋や雑貨屋で買える多肉植物を楽しもう

花屋や雑貨屋で買える多肉植物は、男性・女性問わず人気を集めています。そんな多肉植物の楽しみ方を紹介するので、さっそくチェックしてみてください。

インテリアとして飾る

男前インテリアの代表として注目されているのが『多肉植物』です。小ぶりな丸太の中心部分をくり抜き、そこに多肉植物を植えれば『ウッドな風合いと豊かな表情』で男前インテリアとして輝きます。

他にも、テラリウムと呼ばれるガラス容器などで多肉植物を育てながら飾れば、部屋を一段とおしゃれに飾ることができるのです。多肉植物は種類が多いので、部屋のイメージに合わせて選べるのもポイントとなっています。

寄せ植えでおしゃれな花壇に

寒さに比較的強い多肉植物を選べば、地域にもよりますが『おしゃれな花壇』を作り上げることもできます。水はけのよい土づくりをするほか、雨ざらしにならないように工夫をしておけば『数ある多肉植物の個性を活かした花壇』が楽しめるのです。

他にも、グラベルガーデン(砂利の庭)と呼ばれる英国で人気の飼育方法にも注目してみましょう。砂利を敷き詰めた地面に乾燥に強い多肉植物を植えることで、育てる楽しみと見る楽しみが両立できるのです。

アレンジメントや花束で贈り物に

ちょっと変わった方法として人気なのが『花束や贈り物』に多肉植物を選ぶものです。

例えば、花束の彩りに多肉植物を使えば、その肉厚な葉とのコントラストで花をより一層惹き立ててくれます。また、花束のイメージに合わせて色の違う多肉植物を選べば、洗練された印象を与えることもできるのです。

次に、多肉植物をちょっとしたアレンジメントにしてみる方法があります。

自分で育てた多肉植物を組み合わせて、個性豊かな花束やアレンジメントを贈り物にしてみましょう。

ピンクのふち取りが花のようなエケベリア

ピンクのふち取りが花のように綺麗に色づくエケベリア属は、育てやすさからも人気の種類となっています。人間でも過ごしやすい季節に育てられ、フラワーアレンジやブーケにも使われることのある品種です。

葉挿しや株分けで増やすのも簡単なので、初心者の人でも簡単に美しい見た目を楽しめることからも注目されています。その中でも人気の2種類を紹介するのでチェックしてみましょう。

花うらら

うららかな名前の付いた『花うらら』は、ぷっくりとした葉にピンクが色づく可愛らしい多肉植物です。寄せ植えにもぴったりで、アレンジメントにも彩りを加えることができます。

花のように見えますが花ではなく、中央から花芽を伸ばし『黄色い釣り鐘』のような花を春先に咲かせます。花が咲く前に液体肥料をあげておくのがおすすめです。

花月夜

春秋型多肉植物の花月夜(はなつきよ・かげつや)は、クリーム色で透明感のある葉が特徴的です。葉のふちはほのかなピンク色に色づき、丸い見た目が可愛いと人気があります。

花うららに似た花を春先に咲かせ、茎や花の根元はうっすらとしたピンク色で幻想的です。株脇から伸びて花が咲くその姿も見応え十分です。

美しい花が咲く品種は他にも

美しい花が咲く多肉植物の品種は他にも多くあります。綺麗な花に見惚れてしまう代表的な品種を3つ紹介するので参考にしてみてください。

黄色い花が咲くコノフィツム 宇田朝臣

たんぽぽのような黄色い花を咲かせるのがコノフィツムの宇田朝臣(うだあそん)です。葉はぷっくりしていてつい触りたくなる姿をしているのもポイントです。先端にある赤いラインが特徴的で、中央の部分が透き通っているので綺麗な姿をしています。

そのバンザイしているようにも見える可愛らしい見た目の間から、ひょっこりと顔を覗かせる黄色い花が愛くるしいと人気を集めています。

宇田朝臣を含むコノフィツムという品種は冬が正長期の多肉植物です。美しい花を咲かせますが、花が咲き終わったら花がらは早めに摘み取るようにします。残しておくと株に貼り付いてシミのようになってしまうので、花を楽しんだ後のケアを忘れないようにしましょう。

色合いが素敵なクラッスラ 紅稚児

真っ赤な葉に芽を奪われてしまう素敵な色合いが楽しめるのがクラッスラ紅稚児(べにちご)です。花はポツポツと白く、ひとつの株にたくさん咲くので『葉の赤と花の白』が綺麗なコントラストを醸し出しています。

この品種は、熱さ・寒さ共に比較的丈夫で『直射日光』にもある程度耐えることができるので花壇でも育てられます。生長スピードは遅いので、たまに水やりをする程度でゆったりと育ち『部屋を彩って』くれるのもポイントです。

風通しが悪い、水はけが悪いなどで湿度が高い状態が続いてしまうと『根腐れの原因のカビ』に侵食されます。1週間以上ずっと土が湿っているという状態を作らないようにするのが育てるコツです。

個性的なリトープス

個性的な花を咲かせるのがリトープス(メセン)です。数ある多肉植物の中でも愛好家が多いことでも知られるリトープスの花は『キク科の花』に似た姿をしています。

花の色は、黄色や白色がメインですが『まれに赤い花』を咲かせることもあります。正しい育て方をすれば初心者でも簡単に育てることができるのも嬉しいポイントです。

リトープスは同じメセンの仲間のコノフィツムと同じように脱皮をする植物です。1年に1回、外側の古い葉の中から新しい葉が生まれる姿も個性的で見ていて飽きません。その姿も多種多様で、同じ品種でも葉の色がさまざまな色を出しているのもリトープスならではです。

多肉植物の素敵な花言葉

花に花言葉があるように、多肉植物にも花言葉があります。素敵な花言葉のある多肉植物を2つ紹介するので参考にしてみてください。

花が綺麗なカランコエは、幸福を告げる

カランコエは、小さな星型の花が集まって咲く可愛らしい多肉植物です。花言葉は『幸運を告げる・たくさんの小さな思い出・あなたを守る・おおらかな心』というものがあります。

幸運を告げるというのは、小さな釣鐘状の花を咲かせる種類から『幸せを告げるベル』を連想させることから付けられています。

シックな見た目のサンシモンは、いい予感

シックな見た目から男性にも人気のあるサンシモン(黒法師)は、葉が黒紫に色づき大人びた姿を魅せてくれる多肉植物です。花言葉は『いい予感』と言われています。

どんなに良い条件でも花が咲くまでに何年もかかる様子が、期待する気持ちを表すことで『いい予感』の花言葉が付けられました。

花を咲かせるときの注意点

ここで知っておきたい注意点は、サンシモンは『花が咲くと株が枯れてしまう』ことです。スプレー菊のような花は色鮮やかで綺麗ですが、まだまだ育てていたいときには『事前に数を挿し木などで増やしておく』のがおすすめされています。

茎を切り落とすことでも花が咲かないようにできるので、増やすスペースがない場合には活用してみましょう。

花を咲かせる多肉植物の育て方

最後に、花を咲かせる多肉植物の育て方をチェックしてみましょう。育て方が簡単な多肉植物は、初心者にも育てやすいですが『ポイント』を抑えておくのが大切です。

置き場所と水やりがポイント

多肉植物の多くが自生しているのは、暑く乾燥した地域です。多少の乾燥には強いので、育てるのは簡単ですが『日当たり・風通し』には十分に注意しなくてはいけません。直射日光は、葉焼けしてしまうほか風通しが悪いと根腐れなどの原因になります。

明るい日陰を置き場所にするなど適切な環境を整えたら、次に覚えておきたいのが水やりです。水が必要なさそうに見えますが、活発に生長する時期には水が欠かせません。水はけのよい土壌を整えて、たっぷりと水をあげるようにしましょう。

また、受け皿に貯まってしまった水はそのままにしておくと根腐れの原因になるので適宜処分するのがおすすめです。

水やりは、葉に張りがなくなってきた頃がタイミングです。休眠する時期には月に1回程度にしておくのもポイントとなっています。葉や茎に水がかからないように水やりをしてあげましょう。

大きくする場合は植え替え、肥料も

大きくする場合には植え替えや肥料を試してみましょう。肥料の適正量を守って使うことで、より大きく育てることができます。

まず、鉢植えで育てているときには『約1年』くらいで根が土いっぱいに広がっていきます。根が育っているのに鉢植えが小さいと、生長を妨げてしまうので『植え替え』がおすすめされているのです。

年1回を目安に一回り大きな鉢に植え替えてあげると生長もスムーズになります。このときに『少なめ、薄く』を心がけながら肥料をあげるとより効果的です。

植え替えではない時期に追加の肥料を与えるときには、与えすぎに注意しておきます。液体肥料や固形肥料など、品種や生長に合わせて使うことができれば、肥料を使っていないころよりも色合いや風合いを引き出すことができます。

最初のうちは、肥料のあげすぎなどで失敗してしまうことはよくあります。少なめ、薄くから初めて、慣れてきたら徐々に肥料の分量や種類を考えて大きくしてみましょう。不安であれば、数が増えてから挑戦するのがおすすめです。

花が咲いた後はどうする?

花を見事に咲かせ、その姿を堪能した後は『花が終わっても花茎が残って』しまいます。そのままにしていても大きな問題にはなりませんが、見た目を気にするのであれば『元で切って』しまってもOKです。

また、花がらが残るタイプの多肉植物もあります。その場合、花がらが葉にくっついてしまうことで見た目が悪くなることがあるので、花を楽しんだ後には綺麗に取ってあげましょう。

このように、花を楽しんだ後にもしっかりとアフターケアをしてあげれば、いつまでもその美しい姿を保ってあげられるのでチャレンジしてみてください。

花が咲く多肉植物を育て、癒されよう

多肉植物は、その見た目から花が咲かなくても十分に楽しめる観葉植物です。そんな多肉植物が咲かせる花は、時間をかけて咲くものもあり『癒やされるひととき』を与えてくれます。

そんな奥深く、多肉植物の種類によって表情を変える花を楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME