多肉植物が人気の理由とは。おしゃれな飾り方や品種をご紹介

2019.01.16

多肉植物が人気の理由には、その独特な形や色合いと『育てやすさ』が大きく関係しています。観葉植物の中でも、育てやすくその個性が楽しめる多肉植物の飾り方や品種を紹介するので参考にして楽しんでみてください。

観葉植物の中でも多肉植物は人気の種類

観葉植物の中でも多肉植物は男性・女性問わず人気を集めています。では、なぜ多くの人に愛されて人気があるのでしょうか。そこには、多肉植物だからこその特徴が大きく関係しているのです。

まずはその理由からチェックしていきましょう。

形や色合いが独特

最初に多肉植物を目にして感じるのが『その形や色合いの独特さ』です。多肉植物といっても多種多様な姿をしており、同じ品種であってもその姿は育つ環境で変わってきます。

コロンとしていながらプニッとした独特な形で、葉もツルツルしているものもあれば、粉っぽいものなどもあります。幾何学模様に葉が重なっていたり、刀のような形をした葉が重なっていたりと、いろいろな姿で楽しませてくれるのです。

また、パステルトーンの色合いの多肉植物や、寒さや日光によって紅葉することで緑と赤などの綺麗な色合いが楽しめるものもあります。他にも、透き通ったものや真っ赤に色づくもの、紫で幻想的なものまで幅広い種類があるのも多肉植物ならではと言えます。

なぜこのような形をしているのか

では、なぜ多肉植物はこのような形をしているのでしょうか。これには、多くの多肉植物が生息している土地で生き残るための構造が関係しています。

多肉植物は、その肉厚な茎や葉に水を貯めることができます。これは、乾燥地帯に適応するために水を蓄えるようになったと言われています。

この多肉化する部分(水を蓄える部分)は品種によって異なり、多肉化することによって葉が独特な形を作り上げていきます。このように、乾燥地帯でも環境に適応するための『形』とも言えるのです。

初心者でも育てやすい

多肉植物が注目されているもう1つの理由が『初心者でも育てやすい』という部分です。乾燥地帯に強い多肉植物だからこそ、水やりの回数などは少なめで管理がしやすくなっています。

また、多少の寒暖差などには強く、置き場所はほぼ他の観葉植物と同じ場所で問題ありません。ベランダにも置くことができるほか、日当たりと風通しを考えるだけで置き場所にも困らないのもポイントです。

追って詳しく説明するテラリウムでも楽しめるので、お部屋を彩ることができるのに『育てるのは簡単』という点も人気に拍車をかけています。

インテリアの一部に最適

次は、多肉植物を楽しむ方法もチェックしてみましょう。インテリアとして手軽に取り入れることができ、その楽しみ方は多種多様です。人それぞれの楽しみ方があるので、参考程度にチェックしてみてください。

テラリウムで寄せ植えを楽しむ

テラリウムとは、透明な入れ物に寄せ植えをするものです。涼しげな雰囲気でインテリアとしても取り入れやすいほか、鉢底を見ることもできるので『水やりの量』を管理しやすいのもポイントの1つと言えます。

テラリウムであれば、多肉植物の種類や量が少なくても見栄えも良く、初心者でも手軽に始めることができます。

壁掛けにする

緑の壁掛けインテリアの『ウォールグリーン』を多肉植物の寄せ植えで作ることができます。普段は霧吹きで水をかけてあげるだけで良いので『水やりの心配はあまりしなくて良い多肉植物ならではの楽しみ方』です。

市販の額縁を使って、好きな多肉植物の寄せ植えをして飾ってみましょう。ある程度楽しんだら、また鉢植えなどに戻して普段の管理をしてあげれば『使った多肉植物を長く』楽しめます。

盆栽風や和モダンなムードで

多肉植物は、大きくしなやかに育つ枝を持つものや『長く垂れ下がる』品種もあります。そんな品種を活用して盆栽風に仕立てて飾ることで、和の風情を楽しめます。他にも、大きくなる多肉植物の品種は何年もかけて育てることで枝を伸ばし盆栽風に演出できるものもあるのです。

和風の鉢植えに風情溢れる独特な姿の多肉植物を並べてみるのも楽しみの1つにしてみましょう。

薔薇のように華やかなエケベリア

ここからは、彩り鮮やかな多肉植物の品種をいくつか紹介します。人気の品種から1度は育ててみて欲しい独特な美しさがあるものなどがあるので参考にしてみてください。

まずは、薔薇のように鮮やかでエレガントなエケベリア属からチェックしてみましょう。春秋型多肉植物で、小型種のものから大型種まで豊富な種類がある中でも『ロゼット型』(薔薇のような花の形)が圧倒的人気の品種です。

優しいシルエットのエレガンス

正面から見たときの美しいロゼット型のシルエットで人気なのがエレガンス(月影)という品種です。色づいたときには、その表情を変えて妖艶な色合いを魅せてくれる点も見逃せません。

日当たりと風通しの良いところで育ててあげるとより綺麗に色づきます。

肉厚の葉がたまらないラウィー

白粉が葉の表面にある姿とその丸みを帯びた肉厚の葉が愛らしいと人気の品種がラウィーと呼ばれるエケベリアです。ロゼット型はそのままに、しっかりと存在感があるのでテラリウムにもよく合います。

交配親としても有名な品種で、ラウィーを親にもつ品種には『可愛らしい肉厚の形状を受け継いだ』ものが多くあるのでチェックしてみるのもおすすめです。

2つのタイプが存在 ハオルシア

葉のやわらかい『軟葉系』と、固い葉が特徴の『硬葉系』の2つのタイプがあるのがハオルシアです。春秋型の多肉植物で、1部の種類は『光に透かすと雫のように』見えることからテレビでも紹介されました。

初心者でも育てやすいほか、種類も豊富で自分にぴったりな1株を見つける楽しさも味わえる品種です。

人気種と言えばハオルシア・オブツーサ

中でも人気種と言えるのが『ハオルシア・オブツーサ』です。テレビでも紹介された光で透かすと雫に見えるのがこの品種で、このことから『雫石(しずくいし)』という和名もあります。

透き通る部分は、愛好家から『窓』と呼ばれる部分で『光を取り込み生長する』ためにこのような構造をしています。軟葉系で丈夫なことからも初心者におすすめです。

こちらも軟葉系の美しい白水晶

もう1つ見逃せない品種が『白水晶』です。ぷっくりとした葉が水晶のような形で透き通っている姿は、幻想的なイメージをあたえてくれます。窓には筋が広がり、その姿をより際立てているのも印象的です。

遮光の度合いを高めることでより白い部分が多くなり、日当たりの良いところで育つと色の濃い緑の部分が増えます。育てる環境でも変わるその姿を楽しんでみましょう。

かっこいいクラッスラの人気品種

男性からも熱い支持を集めているのがクラッスラの品種です。大きさや形もさまざまで、幾何学模様に見えるものやユニークなものまで勢揃いしています。コレクションとして集める人もいるほど魅力あるクラッスラは『男心くすぐる』格好いいものがあるのでチェックしてみましょう。

侍を思わせるルックス 神刀

葉が侍を思わせる刀のような形をした品種が『神刀』です。その変わった形から男性から人気を集めている神刀は夏型多肉植物で、寒さに弱いので室内でインテリアとして育てるのがおすすめです。

夏になると葉の中心から花茎を伸ばして赤い細やかな花を咲かせるので、また違った一面を楽しむことができます。葉が大きいこともあり、初心者でも扱いやすいタイプです。ユニークな姿を思いっきり楽しんでみましょう。

真っ赤に染まった紅葉祭り

神刀とは違った姿を魅せてくれるのが『紅葉祭り』です。赤く綺麗なクラッスラの火祭りよりもさらに赤く紅葉する品種で、燃えるようなその赤は女性にも人気があります。

とても丈夫な品種で入門用にも最適なほか、葉も大きくお手入れが簡単なのも魅力的です。部屋に彩りを添えたい人は紅葉祭りを取り入れてみましょう。

多肉植物は通販の人気店でも購入可能

多肉植物は、通販の人気店でも購入ができます。小さなものであれば100円均一ショップでも購入ができる手軽さも支持を集めている理由です。中でも人気の通販ショップを2つ紹介するので購入のときの参考にしてみてください。

綺麗な写真で選びやすい レポスの多肉村

綺麗な写真で、好みの多肉植物を見つけることができるのが『レポスの多肉村』です。品種それぞれに写真が添えてあるので、どのような多肉植物なのかをひと目で判断することができます。

取り扱っている種類も豊富で、時期に合わせた割引などもあるので贈り物を購入するときにも役立ちます。サボテンなどもあるので、いつもの多肉植物と一緒にインテリアの幅を広げられるのも人気です。

タイトルに『5+1』が付いているものであれば、5つ注文で1つ多肉植物がプレゼントされるので『寄せ植え』を考えている人はまとめてお得に購入してみましょう。

【レポスの多肉村】多肉植物・エケベリア・サボテン・エアープランツの通販・販売 |

種類の豊富さが魅力 多肉永遠

種類の豊富さでより好みの多肉植物を見つけることができるのが『多肉永遠(たにくとは)』です。おすすめの多肉植物からセット販売まで手がけているので、その種類豊富なカテゴリから好きなものを選んでいくことができます。

購入してそのままインテリアとして活用することができる寄せ植えは、贈り物としても重宝します。メッセージカードや簡易ラッピングがサービスされている点も見逃せません。

大切な人へのプレゼントから自分用まで、豊富な種類から選んで多肉植物の奥深い世界を体験してみましょう。

株式会社多肉永遠,多肉植物販売

愛らしいフォルムのインテリアグリーン

愛らしいフォルムから格好いいものまで幅広い種類で違った表情を魅せてくれるのが多肉植物です。インテリアグリーンとしても優秀なほか、花束のアレンジメントなどでも楽しむことができます。

多肉植物だからこその手軽さと楽しみ方で、自分なりのインテリアグリーン作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME