パチンコで勝ったら景品交換。やり方、人気の景品、疑問まで徹底解説

2019.01.12

パチンコは根強いファンも多い娯楽施設のひとつです。パチンコで得ることができる景品には、どんなものがあるのでしょうか。景品交換のやり方、景品交換所の探し方、人気の景品の種類など、押さえておくべきポイントをご紹介します。

パチンコの玉は景品と交換できる

パチンコの面白いところは、遊んで増やした玉を景品と交換できる点にあります。お金を出して玉を借り、借りた玉で遊んで得た玉が出玉です。出玉を景品に交換する方法をご紹介します。

レシートに変えてもらう

パチンコの玉を景品と交換するには、出玉を計測し、玉数が記載されたレシートを手に入れる必要があります。

パチンコを遊び終わったら、パチンコ台の呼び出しボタンを押し、店員を呼びましょう。ボタンに『呼出』と書かれているため、どのボタンか迷うことはありません。

店員が来たら玉の交換を依頼しましょう。すると、店員が玉数を計測する機械を使って、レシートを出してくれます。

景品交換カウンターへ

出玉数が記載されたレシートを持って、景品交換カウンターへ行き、好きなものと交換してもらいましょう。景品は、一般景品と特殊景品の2種類にわけることができます。

一般景品は、食料品や日用品、家電などです。欲しいものがあれば、玉の数に応じて好きなものを手に入れることができます。

特殊景品は、出玉と現金を交換するために必要な景品のことです。パチンコをする人は、ほとんどの場合、出玉を特殊景品に交換します。パチンコ屋では、出玉を現金に換えることができないという点を押さえておきましょう。

ほとんどの場合、レシートを渡すときに全部交換したい旨を伝えれば、出玉をすべて特殊景品に交換するという意味で受け取ってもらうことができます。特殊景品を交換するに満たない出玉は、他のものに換えてもらいましょう。

特殊景品の交換先

パチンコで大儲けしたと聞いて、パチンコの景品=現金のイメージを抱いている人は多いことでしょう。しかし、実際は出玉を特殊景品に交換し、特殊景品を換金所で現金に換えてもらう必要があります。

特殊景品の交換先は、表立って目につくことがない場所に設置されていることが多いです。パチンコ屋の並びにあるビルの中や、通りの向かい側といったわかりにくい場所にある場合もあります。

初めて訪れたパチンコ屋の場合は、どこに換金所があるか迷ってしまうことでしょう。そんなときは、人の流れを見て、どの方向に換金所があるかをチェックすることをおすすめします。

都内にあるパチンコ屋の場合は、一部のパチンコ屋を除き、『T・U・C』と書かれた黄色い看板が換金所の目印です。

景品交換所に置いてある物

出玉と交換できる景品には、どんな種類があるのでしょうか。一般景品と特殊景品の具体的な中身をチェックしましょう。

お菓子や家電などの一般景品

景品カウンターに置いてある一般景品の種類はさまざまです。パチンコ屋によって若干の違いはあるものの、お菓子、ジュース、タバコ、ドライヤー、小型調理家電などがあります。洗剤や歯ブラシといった生活用品と交換できる場合も多いです。

特殊景品と交換して余った半端な出玉は、必要なものと換えましょう。ただし、とくに必要なものがなければ、無理に交換する必要はありません。

パチンコ屋によっては会員登録をすれば、残った出玉を次に持ち越すことができる場合もあります。何度も遊ぶ予定がある人は、利用するといいでしょう。

主に金と交換する特殊景品

特殊景品は特別景品と呼ばれることもあり、地域によっては文鎮やペンなどの形状をしている場合もありますが、意味合いは同じです。

パチンコ屋によって形状やデザインに違いはあるものの、使用法に違いはありません。たとえば、T・U・Cで換金することができる特殊景品は、透明なアクリル板の中に金でできたチップが挟み込まれています。

特殊景品の中にある金を取り出して、買取業者に買取ってもらうことも可能です。しかし、交換レートは換金所で現金に引き換えた方が得になるように調整されています。

特殊景品を換金するもしないも個人の自由ですが、現金と交換せずにそのまま持っているという人はほとんどいないでしょう。

パチンコ屋と景品交換所の関係

パチンコを遊んで景品と交換する場所と景品を換金する場所が、別々の場所にある理由には、どんなものがあるのでしょうか。パチンコ屋と景品交換所の関係を探りましょう。

何故2つが別の場所にあるのか?

景品をお金に換える換金所は、正式には景品交換所という名前で呼ばれています。パチンコ屋と景品交換所が離れた位置にある理由は、パチンコが賭博行為とみなされないようにするためです。パチンコ屋の店員が出玉を直接現金に換金すれば、違法行為となってしまいます。

パチンコ屋の店員は、換金所の場所を聞いても教えてくれません。意地悪をしているのではなく、店側が客に、景品を現金と交換することを促しているとみなされないようにするためです。

パチンコの玉や、ゲームセンターなどで使用されるメダルを、景品に交換することは法律で認められています。パチンコで得た景品を、どのように扱うかは個人の自由です。景品を買取ってくれる業者に持ち込んで換金しても、違法行為ではないという位置付けとなっているのです。

2店の関係は地域で違いがある

パチンコ屋と景品交換所は、まったくの別会社でなければなりません。パチンコ屋と景品交換所が関連会社や系列会社の場合、違法行為となります。

もし、2店を同じ人物が経営していたり、深い関係があったりすれば、店の責任者は逮捕されることでしょう。2014年に、パチンコ店社長が景品を直接買取したという容疑をかけられ、逮捕された事例もあります。

パチンコ屋の近くに景品交換所が必ずある理由も「たまたまその場所に出店した」ということになります。地域によっては、景品交換所の店員がパチンコ店の幹部とのパイプを持っているという情報を耳にすることがあるかもしれませんが、もしそれが事実なら、そのパチンコ店は経営を続けることはできません。

場所によってはパチンコ屋と景品交換所の距離が近すぎる場合もあります。あまりに2店の距離が近いと、関係を疑われても仕方がないのかもしれません。

人気一般景品は何?

パチンコ屋は、人気のあるアイテムや話題になっている商品などを景品にして、集客を図ることもあります。人気がないアイテムを景品にしても、在庫が増えてしまうばかりです。景品を発注する担当者は、景品のラインナップに工夫を凝らしています。パチンコ屋の景品として人気が高い一般景品には、どんなものがあるのでしょうか。

タバコ

喫煙者にとって、タバコは必需品です。時代が禁煙ブームになってタバコが値上がりしても、タバコを吸う人は一定数存在しており、タバコを吸いながらパチンコを楽しむ人も多いため、人気の景品となっています。

すべての銘柄がそろっているとは限りませんが、好きな銘柄のタバコがあれば交換する人は多いことでしょう。

パチンコが流行し出した戦後間もない時期に、景品として得たタバコを転売して稼ぐ人が増え、社会的な問題となったこともあります。それぐらい古い時代から人気がある景品です。

お菓子

大手菓子メーカーの人気のスナック菓子やチョコレート菓子は人気があります。キャンディや、ガムなどはパチンコをしながらでも食べることができるので、その場で楽しむ方も多い景品です。

パチンコ店でしか入手することができない、パチンコのキャラクターをプリントしたキャンディを置いて、店の特色を押し出しているところもあります。中には夏場にアイスを置いている店もあり、色々な店へ足を運んでみると、店ごとにそれぞれ違った工夫を図っていることがわかるでしょう。

おもちゃ

駄菓子店に置いてあるような、吹いて遊ぶおもちゃや、鳴らして遊ぶおもちゃなど、低年齢向けのおもちゃは人気のある景品のひとつです。

パチンコ屋の景品に小さな子供向けのおもちゃが多い理由は、孫がいるシニア世代への需要を見込んでいるからでしょう。小さな子供に人気のあるキャラクターがテーマになっているおもちゃや、幼稚園児や小学校低学年くらいの子供の興味を引きやすい、ラジコンなどを景品にしているパチンコ屋もあります。

その他の気になるパチンコ景品所話

もし、パチンコ店で景品を交換し忘れてしまったら、どうすればいいのでしょうか。その他、景品交換所でのアルバイト事情や、後日の景品交換が可能かどうかもご紹介します。

景品交換所のバイトは案外快適?

バイト先の人間関係に疲れてしまい、転職を考えているという人は多いことでしょう。景品交換所では多くの人手は必要ないため、最小限の人数で勤務することになります。パチンコ店の利用者が少ない地域の場合、1人で勤務することも珍しくありません。

屋外での立ち仕事が辛いという人にも、景品交換所のバイトはおすすめです。景品交換所の中は冷暖房完備となっています。客がいない暇な時間帯には雑誌を読んだりスマホをいじったりすることが許可されている店もあります。

後日に景品交換は可能か?

パチンコで遊んだ後、うっかりレシートを景品に交換することを忘れてしまった場合、後日あらためて交換することはできるのでしょうか。

もし、交換し忘れに気付いたときはできるだけ早い段階でパチンコ屋へ連絡しましょう。店側に景品交換に関するデータが残っていれば、対応してくれる場合もあります。

しかし、レシートに「本日限り有効」といった文言が記載されていることからもわかるように、店側の落ち度ではないため、必ずしも対応してもらえるとは限りません。十分に注意しましょう。

今後景品交換が禁止になるかも?

パチンコ店は遊技場であり、賭博をするための場所ではないという位置付けですが、景品交換所(換金所)が存在する限り、出玉を現金化するルートは確立されていることになります。

2018年9月に「安倍政権が、景品交換所の改廃に意欲を持っている」というニュースが流れ、話題を呼びました。

しかし、景品交換所が消滅すれば、パチンコ業界は大きな打撃を受けることになるため、パチンコ業界やパチンコファン双方からの大きな反発が予想されます。

出来る限り当日に景品交換をしましょう

後日まとめてパチンコの景品交換をしようと考えることは危険です。店側の判断次第では、当日でなければ景品交換をしてもらえないこともあります。政府の動き次第で、景品交換に関するトラブルを避けようとする力が強まるリスクもありそうです。

パチンコは法律ではギャンブルとは認められていませんが、今後の風向き次第では、パチンコの景品を換金することが禁止になる可能性もあります。今後の動向に注意しつつ、パチンコを楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME