漫画の名作で完結済みの作品を紹介。一度は読みたいスポ根漫画など

2019.01.01

漫画の名作で完結済みの作品を紹介します。お気に入りの作品を見つけて、休日、または隙間時間にでも楽しんでみましょう。1度は読みたい『スポ根』漫画から、大人買いにぴったりの充実した内容の作品まであるので参考にしてみてください。

完結済みのダークファンタジー漫画

続きが気になって眠れないということのない、完結済みの漫画は大人買いにもぴったりなタイトルとして人気があります。まずは、ダークファンタジー漫画から完結しているものを2つ紹介します。

鋼の錬金術師

漫画家・荒川弘の『鋼の錬金術師』は、ファンタジーの世界と錬金術をテーマとした兄弟の絆を描いた作品です。累計5000万部を突破し、アニメや数々のアプリのコラボで目にしたことがあるという人も多い作品で、実写版の映画化も行われました。

2人の若い天才錬金術師の兄弟・エドワードとアルフォンスは『病気で失った母』を蘇らせるために行った禁断の人体錬成に失敗してしまいます。錬成の代償として、兄のエドワードは左足と弟を失ってしまうのです。

なんとかして弟だけは助けようと、自身の右腕を代価として弟の魂を鎧に定着させることに成功します。そこから始まる兄弟の全てを取り戻す壮大なストーリーは『錬金術の枠を越えた壮大な人の物語』として子どもから大人まで人気の作品です。

進撃の巨人

漫画家・諫山創(いさやまはじめ)の『進撃の巨人』は、巨人が全てを支配する世界で『人類と巨人の戦い』を描いた作品です。テレビアニメでの放送や、実写版の映画化も行われ、単行本の発行部数は7600万部を突破し人気を集めています。

巨人の侵略を防ぐために巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに過ごしていた人類に迫る、巨人と人類の戦いは『巨大な壁の崩壊』と共に始まっていきます。

立ち向かう主人公のエレンと、仲間の活躍を描いた作品は『なぜ巨人が存在しているのか』という『巨大な壁の中で過ごしている理由』まで迫っていく内容が見逃せません。

胸が熱くなるスポ根漫画

完結している作品には、思わず熱くなってしまうスポ根漫画の名作も多数あります。それぞれのキャラクターに自身を重ねてしまうほど、引き込まれるストーリーが描かれた作品を2つ紹介するので参考にしてみてください。

ピンポン

漫画家・松本大洋の『ピンポン』は、卓球をテーマとして幼馴なじみ同士の戦いを描いた作品です。映画化されるほど人気を獲得したこの作品は、個性豊かなキャラクターが作り出す努力と才能の物語が学べる1冊として注目されています。

本作では、気質が正反対の主人公・ペコと幼馴染のスマイルの2人を中心に切磋琢磨する姿が描かれています。リアリティのあるキャラクターとそれぞれが状況に押しつぶされそうになりながらも卓球という世界で努力をする姿は『胸が熱くなる』スポ根漫画の代表ともいえる作品です。

DEAR BOYS

次に紹介するのが漫画家・八神ひろきの『DEAR BOYS(ディアーボーイズ)』です。高校バスケットボールをテーマに、爽やかなスタイルで描かれているので読みやすさからも人気を集めています。

作中では廃部寸前だったバスケ部の入部を希望した主人公・哀川和彦が、バスケ部を盛り上げる所からスタートします。練習試合でも圧倒的不利な状況からどのように勝利を掴むのか、そして主人公やその仲間達がどのように上達して上を目指していくのか必見の内容です。

スポーツ漫画では、その強い気持ちから勇気をもらうことも多くあります。スポ根ならではの楽しみを堪能してみましょう。

医療に関する名作漫画

次に紹介するのが『医療』をテーマとした完結済みの名作漫画です。現代の医療を描いたような作品から、ドラマ化が行われた注目の作品の中から2つ紹介します。

ブラックジャックによろしく

漫画家・佐藤秀峰(さとうしゅうほう)の『ブラックジャックによろしく』は、過酷な医療現場の最前線で葛藤する医師の物語を描いた作品です。医者とは一体どのような存在なのかと問いたくなる内容は多くの大人を惹きつける魅力があります。

一度読むと止まらないと口コミでも人気のこの作品は、命は誰のものか・誰のための命なのかと深く考えさせられます。生きることとはどういうことなのかと『自分と向き合う』きっかけになったという意見も寄せられている話題作です。

医龍

漫画家・乃木坂太郎の『医龍』は、元優秀な外科医の主人公・朝田が『医者としての新たな人生』を歩んでいく姿を描いた作品です。医療の闇ともいえる部分にスポットを当てながら、外科医として活躍する主人公の物語は、読み応え満載と口コミが寄せられています。

作中では医療の実態や、医療を取り巻く問題も取り上げられており、ドラマでもそのシリアスな展開は引き継がれて放送されました。それぞれのキャラクターの成長も見どころなので細かい部分も楽しんでみましょう。

大ヒットした面白いweb漫画

インターネットで公開されている漫画にも、大ヒットした見逃せない作品がいくつも公開されています。その中でもひときわ話題となった作品を2つ紹介するのでチェックしてみましょう。

虫籠のカガステル

漫画家・橋本花鳥(橋本チキン名義)の『虫籠のカガステル』は、巨大な虫になってしまう奇病(カガステル)に侵された人類と戦う主人公・キドウの物語が描かれた作品です。

いつものように駆除屋として生きる主人公は、カガステルにやられて死にかけた男性から『娘を母親の所へ連れて行って欲しい』という頼みを引き受けます。出会った2人を待ち受ける数々の困難や試練は、いつの間にかその世界の理と生き様に引き込まれる感覚が人気の漫画です。

ワンパンマン

漫画家・ONEによってウェブサイト上で連載されていた作品『ワンパンマン』は、リメイク版(作画・村田雄介)として『となりのヤングジャンプ』で連載されている漫画です。

あらゆる敵をパンチ1発(ワンパン)で倒してしまう最強ヒーローの主人公・サイタマが巻き起こす笑い中心のストーリーが描かれています。3年のトレーニングを行い、圧倒的な強さを得た変わりに『頭髪を全て失ったヒーロー』が何故か無気力に敵と戦う姿は癖になると人気です。

ワンパンで倒せてしまう悲しみや、どうしてヒーローを目指そうと思ったのかなど、独特な世界観を楽しんでみましょう。

読んだ人のみぞ知る名作の魅力

読んだ人だからこそ知ることができる名作の魅力は、名シーンや名言で彩られています。まだ読んだことがない作品でも、完結しているものなら読みやすいので、大人買いしつつ楽しんでみるのもおすすめです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME