競馬のボックスの買い方と注意点。点数早見表や便利な投票方法を活用

2018.12.27

馬券にはさまざまな種類や買い方があり、競馬初心者にとっては悩むシーンも多いのではないでしょうか?馬券の買い方の1つに、ボックス買いがあります。ボックス買いは、とても便利な投票方法ですが、初心者は注意が必要です。

競馬の投票方法

競馬は、馬券を購入することでレースを楽しめます。競馬初心者は、まず馬券の種類と買い方を知ることから始めてみましょう。必要なシーンに応じた馬券購入ができるようになると、より競馬を手軽に楽しめます。

ここでは、馬券の種類と買い方について紹介します。

馬券の種類を知ろう

現在JRAでは、全部で下記の10種類の馬券を発売しています。

  • 単勝(1着になる馬を予想)
  • 複勝(3着になるまでの馬を予想)
  • 応援馬券(1頭の馬を決定し、単勝と複勝を同時に購入)
  • 枠連(1~2位までに入着する枠番号の組合せを予想)
  • 馬連(1~2位までに入着する馬番号の組合せを予想)
  • 馬単(1位と2位の馬番号を着順通りに予想)
  • ワイド(1~3位までに入着する2頭の馬番号の組合せを予想)
  • 3連複(1~3位までに入着する3頭の馬番号の組合せを予想)
  • 3連単(1~3位に入着する馬番号を着順通りに予想)
  • WIN5(JRAが指定する全5レースの各レースで1着になる馬番号を全て予想)

なお、WIN5はインターネット限定で販売されているため、競馬場やウインズなどに設置されているマークカードでは購入できません。

さまざまな買い方がある

馬券の買い方にもさまざまな方法があります。なかでも、最も基本的な投票方法が下記の2方法です。

  • ボックス(複数選択した馬のすべての組合せを購入する投票方法)
  • 流し(軸馬となる1頭を決め、その馬の相手となる馬を複数選んで、軸馬と相手馬とのすべての組合せを購入する投票方法)

上記の2つの投票方法以外に、マルチとフォーメーションの方法もあります。

マルチとは、馬単流しまたは3連単流しで投票する場合、軸馬と相手馬の着順を入れ替えた組合せも購入する方法のことです。

フォーメーションとは、1~3着になると予想される馬を、各1頭以上ずつ選択します。そして選択した馬の組合せを全通り購入する方法です。

ボックスとは?特徴とメリット

競馬初心者も的中しやすいため初心者~上級者まで、幅広い人たちに人気がある投票方法がボックスです。

ボックスとは、軸馬となる馬を決めずに、自分が勝つであろうと思う馬を複数頭選択し、その選択した馬のすべての組合せを自動的に購入できます。

ここでは、ボックスの特徴とメリットについて紹介します。

選択した馬の組合せ全通りを購入

ボックスは、自分が選んだ馬の組合せ全通りを同時に購入できる方法です。ボックスで投票できる馬券は、馬を複数頭選べるものに限ります。

また、選んだ馬の数によっても、組合せ数は大きく異なります。ボックスでの組合せ数の最小は1通り、最大では4896通りも1回で投票可能です。

的中しやすくなり、手間も省ける

ボックス買いのメリットは、自分で予想した勝ち馬のすべての組合せを購入できるため、初心者でも的中しやすい点です。

また、馬を絞り込めず何頭も選んだ場合などは、組合せ数がとても多くなってしまいます。

しかし、ボックスならば自分ですべての組み合わせを考える必要もなく、1枚のマークシートで記入が済むため手間が省けます。

ボックスの注意点

ボックス買いは、的中率を上げたい人や自分で組合せを考えるのが面倒な人にとって、便利な方法です。

しかし、初心者は注意しなければいけない点もいくつかあります。ここでは、ボックスで購入する時に注意すべき点3つを紹介します。

金額が縛られる

ボックスは軸馬を決めずに、自分が選択した馬すべての組合せを自動的に一括購入できるので便利です。しかし、その反面1枚のマークシートですべての組合せを同時に購入するため、資金配分の設定ができず、1点当たりの金額設定が同額になります。

それぞれの組合せによって資金配分を変更したい人は、マークシートではなくインターネット会員に登録して、インターネットから投票しましょう。

トリガミの可能性

ボックスでは、トリガミの可能性が高くなる点もデメリットの1つとして挙げられるでしょう。トリガミとは、馬券が的中しても、配当金額が馬券購入金額より低くなってしまうことです。

このような買い方をしてしまっていては、マイナスばかりが膨らんでしまい、競馬を楽しめません。

例えば、4頭の馬を選んだ3連単ボックスの全組合せ数は、24通りあります。1点につき200円で購入したとき、全部で200円×24通り=4800円なので、購入金額は4800円です。

そのため、4800円以上の配当金が得られなければトリガミの可能性があるため、予想配当金の算出のためオッズにも注目しておきましょう。

購入点数を確認しておこう

ボックスは、選んだ馬の数が多ければ多いだけ買い目の点数も増えてしまいます。特に初心者は、ボックスで購入するときは事前に購入点数を確認しておくことが大切です。

購入点数がよくわからない人は、JRAの公式ホームページに掲載されているマークカード点数早見表を参考にするとよいでしょう。

JRA マークカード点数早見表

フォーメーションとの違い

『さまざまな買い方』の項目で、フォーメーションについて軽く触れましたが、初心者の中には、ボックスとの違いについてあまりわからない人も多くいます。

ここでは、ボックスとフォーメーションの違いと、フォーメーションの特徴について紹介します。

三連単ではボックスより効率的か

フォーメーションは、ボックスよりも組合せ数を絞れるケースもあります。例えば、3連単などの組合せが多くなる馬券を購入するケースです。

3連単は的中した場合には、高額配当が期待されるため競馬ファンに人気があります。

4・6・8・13番の馬を選択して3連単ボックスで購入するとき、組合せ数は全部で24通りです。

一方で、1着に4もしくは6番、2着に4・6・8番、3着には8もしくは13番と3連単フォーメーションを購入したときの組み合わせ数は全部で6通りです。

このように、馬をある程度絞り込んでからフォーメーションで購入することで、ボックスよりも組合せ数を減らすことが可能です。また、購入金額を抑えることにより、トリガミの可能性を低くできます。

比較に使える点数の計算ツール

フォーメーションとボックスのどちらの買い方をすればよいのかわからないときは、点数を計算できるツールを利用するとよいでしょう。

1~3着のそれぞれで、自分が選択したい馬番号を1~18番までにチェックをするだけで、枠連・馬連・馬単のほか3連複・3連単でのそれぞれのケースでの買い目点数がわかるので便利です。

フォーメーションの点数計算ツールは、JRAの公式ホームページに載っています。

フォーメーション組合せ数計算 JRA

ボックスの中のさまざまな買い方

すでに、馬券とボックスを組合せて全6通りのボックスの買い方があることを紹介しましたが、ここではよく使われるワイドボックス・馬単ボックス・馬連ボックスの3つについて詳しく紹介します。

ワイドボックス

ワイドボックスとは、馬券のワイド(3着までに入る2頭の馬番号の組合せを予想)をボックスで買う方法です。

例えば、4・6・8・13番の4頭を選択した場合、4-6、4-8、4-13、6-8、6-13、8-13の全6通りを購入できます。

選択する馬の数が増えれば増えるだけ、買い目の点数も増えていきます。全18頭を選択した場合の組合せは153通りとなります。的中率は上がりますが、購入点数も増えるので、配当金を考えながら購入しましょう。

ワイドボックスは、購入点数が多く購入金額が増えるため、荒れそうなレースでオッズのたかい馬を狙うときに有効です。

馬単ボックス

馬単ボックスは、馬単(1着と2着の馬番号を着順通りに予想)をボックスで買う方法のことです。

例えば、4・6・8・13番の4頭を選択した場合、下記の全12通りを購入できます。

  • 4-6
  • 6-4
  • 4-8
  • 8-4
  • 4-13
  • 13-4
  • 6-8
  • 8-6
  • 6-13
  • 13-6
  • 8-13
  • 13-8

馬単ボックスは、上位2着までに入る馬を絞り込めても、どちらが1位になるかわからないときに有効です。

ただし、馬単ボックスも選択する馬の数によって買い目が最大で306点と、買い目が増えるため注意しましょう。

馬連ボックス

馬連ボックスとは、馬連(上位2着までに入る馬番号の組合せを予想)をボックスで買う方法です。

例えば、上位2着前に入る馬を4・6・8・13番の馬と予想した場合、下記の6通りを購入できます。

  • 4-6
  • 6-8
  • 8-13
  • 4-13
  • 4-8
  • 6-13

着順関係なく、自分が応援したい馬・気になる馬が上位2着に入ればよいので、的中率が高くなります。

マークカードの書き方 中央競馬の場合

マークカードには、全部で下記の5種類があります。

  • 緑のカード
  • 青のカード
  • 赤のカード
  • ライトカード
  • クイックカード

それぞれのカードによって購入可能な馬券が決められています。

ここでは、中央競馬で馬券をボックスで購入するときのマークカードの書き方について紹介します。

赤のカードのボックスの面を使用

ボックスで馬券を購入する時には、赤のカードのボックスと書かれた面を使用します。赤のカードでは下記の6種類の馬券をボックスで買えます。

  • 枠連
  • 馬連
  • 馬単
  • ワイド
  • 3連複
  • 3連単

このマークカードは、片面にボックス、反対側にフォーメーションと記載があります。ボックスもしくはフォーメーションのどちらか1つしか購入できないので注意しましょう。

場名、レース番号、式別をマーク

例えば、『3連単で、2・3・5・12番の4頭の馬のすべての組合せを購入する』という設定で、どのようにマークをすればよいのか説明します。

まず、赤のマークシートのボックスと書かれた面に、購入したい競馬が行われる競馬場・購入したいレース番号・式別をマークします。

式別は、購入する馬券の種類のことで、1つしか選べません。この場合では、3連単をマークします。

馬番と金額をマーク

次に、予想する馬の番号2・3・5・12番の4カ所をマークします。3連単ボックスで4頭の場合では、全部で24通りとなります。

次に、予算に応じて、1点当たりの購入金額を決めてマークしましょう。最低100円から設定可能です。

ボックスで購入する時には必ず買い目の点数を、点数早見表などを使って計算して、あらかじめどれくらいの金額になるのかを確認しておくようにしましょう。

スマッピー投票ならペーパーレス

スマッピー投票ならば、マークシートを使わずに馬券をボックスで購入できます。スマッピー投票とは、スマホ専用の投票方法で、スマホでQRコードを作成して対応した券売機にかざすだけで購入できるのが特徴です。

スマッピー投票の手順は下記の通りです。

  1. スマホから、JRAの公式ホームページに入る
  2. 画面上にある『スマッピー』のボタンをタップ
  3. スマッピー投票画面の通常投票ボタンをタップ
  4. 購入したいレースが行われる競馬場名とレース番号を選択
  5. 式別を選択
  6. 方式でボックスを選択
  7. 馬番号または枠番号を選択
  8. 1点当たりの購入金額を入力してセットボタンをタップ
  9. 表示された内容と合計金額を確認したらQRコード表示をタップして完了

インターネットでの買い方

競馬場やウインズなどの場外馬発売場へ行かなくても、インターネットを利用して馬券を購入できます。インターネットならば、いつでも好きな時にどこでも購入できるので便利です。

通常投票のほか、オッズ投票などさまざまな投票方法もできます。もちろん、馬券をボックスで買うことも可能です。

ここでは、インターネットでのボックス買いの方法を紹介します。

即PATを利用するとPCやスマホで購入できる

即PATとは、JRAが指定する銀行の口座を持っていれば、登録して最短で即日登録できるインターネット投票サービスです。

登録が完了したその日から、インターネットを利用してPCやスマホから馬券購入ができます。

JRA指定口座を持っていない人は、まず下記の銀行の口座を開設しましょう。

  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • じぶん銀行

口座が開設したら、JRAの公式ホームページの『即PAT電話投票加入申し込み』から、新規会員登録を行うことができます。

PC投票の場合

PCからの投票は下記の手順で行います。

  1. INET-IDを入力して、即PAT会員画面にログイン
  2. 加入者番号・暗証番号・P-ARS番号を入力
  3. 『ネット投票メニューへ』をクリック
  4. 通常投票を選択
  5. 購入したい競馬場(曜日)とレースを選択
  6. 式別を選択し、方式でボックスを選択
  7. 馬番号または枠番号を選択
  8. 金額を入力
  9. 投票内容を確認したら、購入ボタンをクリックして完了

手順6の画面に、『展開セット』ボタンが表示されています。マークカードでのボックスの買い方では、資金配分ができないことはすでに説明した通りです。

しかし、インターネット投票には展開セットボタンが用意されており、流し・マルチ・ボックス・フォーメーションの投票方法で、 組合せごとに金額を自由に設定できるのでぜひ活用してみましょう。

JRAダイレクトの利用でクレカ払いも可能

JRAダイレクトを利用すれば、面倒な入出金手続きを行わずにクレジットカードで支払うこともできます。

JRAダイレクトとは、JRAダイレクト指定のクレジットカードを持っている場合、簡単にパソコンから登録して、登録完了後はすぐに馬券購入できるサービスです。

JRAダイレクト指定のクレジットカードは下記の7種類です。

  • JCBカード
  • 三井住友カード
  • UCカード
  • MUFGカード
  • DCカード
  • NICOSカード
  • 楽天カード

いずれのカードも、インターネット利用が可能な場合に限ります。

スマホ投票の場合

即PATでのスマホ投票は下記の手順で行います。

  1. スマホから投票サイトにアクセス
  2. 加入者番号・暗証番号・P-ARS番号を入力をしてログインをタップ
  3. トップメニューから入出金メニューをタップ
  4. 競馬場名、レース番号、式別を選択
  5. 方式にボックスを選択
  6. 馬番号もしくは枠番を選択
  7. 1点当たりの金額を入力
  8. 入力終了をタップして、合計金額を確認
  9. 表示された合計金額を入力して、投票ボタンをタップして投票完了

スマホ投票の場合でも、手順7の画面下に、『展開セット』ボタンが表示されています。この展開セットボタンをタップすれば、PC投票と同様に流し・マルチ・ボックス・フォーメーションの投票方法で、 組合せごとに金額を変更できます。

点数確認を怠らず損のない賭け方を

馬券をボックスで購入すれば、取り逃しなどの危険性も低く、競馬初心者でも、的中率が高くなり楽しめます。

しかし、ボックスは選択する馬の数によって買い目の点数が増えるため、点数表などで確認をすることが大切です。初心者は、購入前に点数確認をしてトリガミとならないよう注意してください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME