カラオケで音程が取れない原因とは。トレーニングの仕方と対処法

2018.12.24

カラオケで音程が取れないと、採点でも高得点が取れません。そこで今回は、音程を取るために便利なトレーニングと対処法を紹介していきます。しっかりと音程を取れるようにトレーニングをして、高得点を目指しましょう。

カラオケで音程が取れないのはなぜ?

カラオケで音程が取れないのはなぜでしょうか。まずは、どうして音程がきれいに取れないのかを確認していきましょう。チェックする方法も紹介するので、自分が正しい音程が取れているのかも確認してみてください。

正確に聴き取れていない、発声できていない

音程が取れていないときには、必ず原因があるはずです。代表的な2つの原因を紹介するので確認してみてください。

まず、正確に音程が聴き取れていないのが原因として考えられます。普段から音楽に触れることが少ないと、音程を曖昧に記憶してしまいます。

この場合は、普段から音楽に触れる生活をすること、歌いたい曲を何度も聞き、音程を『徐々に覚えていく必要』があります。

次に考えられるのが『正しく発声できていない』こと。これは、自分の声の音域がズレているという自覚がないと起きてしまいます。間違っている自覚がないので、音程が正しく発声できていないことが当たり前になり、上手く音程が取れなくなるのです。

この場合は、自分の音程が間違っているという認識をすることで、練習を重ねて『正しい音程』を身につけることができます。

他にも、さまざまな原因が考えられます。これらの原因が、『1つ』または『複数』あることで音程が取れなくなってしまうのです。

音程が取れているかチェックする方法

音程が取れているかを確認するためには『ドレミファソラシド』をアカペラで歌ってみる方法があります。

実際に『ドレミファソラシド』をアカペラで歌ってみると、難しさがわかると思います。正しく歌える人は、音程が取れている人です。上手く歌えない・自分では合っているかわからない場合は、音程が取れていないかもしれません。

1人でチェックするのが不安という場合は、誰でも良いので音程が取れていると思える人に聴いてもらいましょう。

音程が取りやすくなるトレーニング

音程の確認をしたら、さっそくトレーニングを初めてみましょう。トレーニングをすることでより上達が見込めます。

曲をスロー再生してしっかり聴きとる

曲をスロー再生することで、しっかりと聴きとるようにします。正しいメロディを聴き取ることで、自分が発声する『正しい音程』を知ることができます。

YouTubeでもスロー再生ができますが、音程が下がってしまうため『アプリ』を活用していくのがおすすめです。テンポを落とす・キーを変えるなどの機能が付いたアプリを紹介しておきます。

最初に紹介するのが『Anytune』です。通常、スピードを落としてしまうと『音程』が下がってしまいます。このアプリでは『音程だけ』『再生速度だけ』を変えることができるので、『ゆっくりと正しい音程』が確認できるのです。

曲の分割をして、苦手な部分だけを練習するという使い方もできます。カラオケに限らず、演奏習得や譜面起こしにも使えると多くの人に支持されているアプリです。

Anytune – iPhone

次に紹介するのが『ミュージック テンポ チェンジャー』です。

使っている携帯の音楽ファイルの『音程』『再生速度』を変えることができます。こちらのアプリも、『音程だけ・再生速度だけ』のどちらかが選べるので『音程』の確認にぴったりです。

ループ機能も付いているので、気になった部分は繰り返し練習できます。

ミュージック テンポ チェンジャー – Android

最後に、iPhoneでもAndroidでも使うことができるアプリが『ハヤえもん』です。サウンドエフェクトを使って『音程のみ』『再生速度のみ』変更が可能です。

アプリを起動してサウンドエフェクトを使うと、十字のラインが表示されます。縦軸は音程を、横軸が速度を変更できるので『好きなように動かして』曲を聴くことができます。

ハヤえもん – iPhone

ハヤえもん – Android

紹介したアプリを使えば、速度のみを変えられるので、音程のチェックをゆっくり行うことができます。まずは、歌いたい曲がどのような音程なのかを確認します。その後、重ねて自分が歌うことで、『音程の違い』に気づくきっかけにもなるでしょう。

まずはハミングで歌ってみる

音程を練習するときに最も効果的と言われているのが『ハミング(鼻歌)』です。

ハミングでは、鼻が震えるように鼻歌として声を出していきます。『ん』『む』のどちらかの音で鼻歌を歌うイメージです。腹式呼吸を意識しながら、鼻が震えるように意識して行っていきましょう。

ハミングを続けることで、『腹式呼吸の練習』になるほか、自分の声が聞き取りやすいので『音程の違いが理解しやすい』のです。高い音程は、似た音に聴こえやすく、違いを理解しにくい部分です。

ハミングであれば、高い音程でも聴きとりやすいので『違いがわかりやすく』高い音程で音を外してしまう人にもぴったりの練習方法です。ピアノの鍵盤を使って、一緒にハミングをすると『音程の違い』をより意識して直すことができるので試してみましょう。

音の高低差が大きい部分を意識して練習

『音飛び部分』と呼ばれる『音程が低い(高い)ところから高い(低い)ところに飛ぶ』部分に注意して練習しましょう。

音飛び部分では、音程が一気に変わるので調節がしにくいので音程がズレやすく、プロでも何度も練習する箇所とも言われています。

音飛び部分の音程がズレないよう、意識してハミングを続けていきましょう。

それでも音程が取れないときの対処法

練習をしていても音程が取れないということもあると思います。そこで実践したいのが『自分の声を聴く』ということです。自分の声を聴くことで、どのような曲が歌えるのか、どこが間違っているのかを知るきっかけが作れます。

スマホアプリや、ボイスレコーダーを使い、自分の声を聴いて上達に繋げていきましょう。

曲が自分の声に合っていない可能性も

自分の声を聴いてみると、歌いたい曲の音程が『自分の声に合わない』というケースもあります。例えば、女性の音程に男性が合わせられないような状態などです。

男性のキーを調節すれば合わせて歌えると考える人もいるでしょう。しかし、音域が自分の音域を越えていれば『出したくても出せない』という問題にぶつかるのです。

自分の音域は練習をすれば広げていくことができます。しかし、最初は『正しい音程』を学ぶのが最優先です。そこで、音域の狭い曲を選ぶ必要が出てきます。

音域が狭い曲を選ぶ

ここで音域が狭い曲を紹介するので確認してみましょう。

まず、最初におすすめなのがKinki Kidsの『愛されるより愛したい』です。音域が狭く、上がり下がりがあまりないので練習にぴったりです。年代を問わずに親しまれていることから、カラオケで歌いやすい点でもおすすめできます。

他にも、福山雅治さんの曲は『全体を通して音域が狭い』ので『落ち着いて歌うように意識』をすれば練習にぴったりです。自分が好きな曲を探して、練習曲として歌ってみましょう。

音域の狭い曲を練習して、徐々に音程を取れるようになれば『いろいろな曲にチャレンジ』できます。しかし、どうしても歌いたい曲があるという人はキーを変更してみましょう。

どうしても歌いたい曲はキーを変更する

カラオケやカラオケアプリには『キーを変更する』機能が付いています。高すぎるのであれば下げて、低すぎる場合は上げていきましょう。

しかし、一気に動かしてしまうと『丁度良い』部分を越えてしまいます。1〜2つ動かして試すことを繰り返し、徐々に合わせてみましょう。事前に自分に合ったキーが見つかったら、そのキーで予約をすればスムーズにカラオケでも楽しめます。

音程を掴むには何度も聴くのがおすすめ

音程を掴むためには、音楽と触れ合う機会を増やすことが大切です。曲を何度も聴くことで、徐々に音程や音域にも慣れていくものです。

カラオケで事前に練習したり、自宅で練習したり『音』とのふれあいを楽しみながら上達を目指していきましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME