麻雀の簡単な始め方とゲームの流れ。3人麻雀についても紹介

2018.12.16

麻雀は賭け事というイメージがありましたが、映画やメディアに取り上げられることにより論理的思考や知的なゲームといった麻雀そのものの魅力が注目されてきています。これから麻雀をしてみようと考えている人にも分かりやすく、麻雀の始め方を紹介します。

そもそも麻雀ってどんなゲーム?

麻雀がどういうゲームか知らないという人も安心してください。まずは基本的なことだけをまとめました。

親1人子3人が役をつくり点数を競い合う

麻雀は牌を取ったり捨てたりして、原則4人で行うゲームです。4人中1人が親、3人が子の役割を担います。局(最小試合単位)が終わると、親は反時計回りで次の人に移ります。

親は子の1.5倍の得点能力を持ち、同じ親の方がより多くの得点を獲得します。

一方で、麻雀ではツモ(あがり牌を自分で引き当てる)であがった場合に他の3人が点数を分担して支払いますが、子があがった場合の親の支払いは子の2倍です。

麻雀は早くあがることが勝ちではありません。役(14枚の牌の組み合わせ)の難易度によって点数が与えられ、その点数の高い人が勝者なのです。

東風戦と南風戦の半荘で1ゲームとなる

麻雀ゲームは一般的に『半荘(ハンチャン)』というゲーム単位で遊ばれます。半荘は前半の『東風戦(トンプウセン)』と『南風戦(ナンプウセン)』で構成されています。

それぞれ4局なので、合計8局行います。ちなみに1局が試合の最小単位ですが、具体的には誰かがあがるか、壁牌(各プレイヤーの前に積まれた牌)が無くなったら終了です。

麻雀の始め方 席、親と子決めから牌山まで

では実際にどういった流れで局が進むのか、見てみましょう。

最初に座る席、親と子を決める

座席と親の決め方は、正式には牌とサイコロを使用して決めます。字牌の東南西北の字が書いている方を裏にして、それぞれ1枚引きます。東を引いた人が『仮東(カリトン)』となります。

続いて、仮東の人が2個のサイコロを振り、出目の数を反時計回りで数えて、あたった人が『仮親(カリオヤ)』になります。そして仮親が再度サイコロを振り、出目の数を反時計回りで数え、あたった人が正式な親になります。

麻雀では親が『東(トン)』、親から反時計回りに『南(ナン)』『西(シャー)』『北(ペー)』と呼ばれることも覚えておきましょう。

牌を裏側にしてシャッフルを行う。洗牌

親が主導して、牌をすべて裏側にして麻雀台の上で洗牌(シーパイ。よく混ぜること)します。最近は全自動卓も多いので、自動化されている場合もありますが、ここではアナログな麻雀卓の使用を仮定して説明していきます。

2段17枚、合計34枚の牌山を各自作成

洗牌したら、続いて17枚の牌を横に並べ、その上にもう1段積みあげて、牌山をつくります。牌山が完成したら少し前に移動させ、また右側を少し前にして斜めになるようにします。

麻雀の始め方 配牌から流局、あがりまで

いよいよ対局開始です。

サイコロを振り親14枚、子13枚の配牌を行う

親は14枚、子は13枚の牌を取ることを配牌と言います。これが手牌(役を成立させるように頑張る持ち牌のこと)となります。

配牌は親が2つのサイコロを振り、その出目(2〜12)によって最初に牌をとる場所が決まっています。

それぞれ以下の括弧内の出目の場合は、その人の牌から最初に取ります。 東(5、9)、南(2、6、10)、西(3、7、11)、北(4、8、12)

最初にとる場所が決まったら、親から左回りにサイコロの出目の山を右側に残して、親から4枚ずつ取っていきましょう。

親、子の順にツモと打牌を繰り返す

配牌で、親は子より1枚多く牌を持っているので親が不要な牌を1枚捨てることから始まります。そこからは反時計回りに順番に、ツモ(牌山から牌をとること)し、打牌(捨て牌すること)を繰り返して進みます。

冒頭で説明したように、役といわれる形を成立させることと、他家にロン(他家が打牌した牌であがること)させないように気をつけながら進めます。

麻雀はなんとなくで打つのではなく、ある情報から論理的に考えて打つことが重要です。

アガりまたは流局で1局が終了。次の局へ

その局は誰かがあがるか、壁牌(各プレイヤーの前に積まれた牌山)が無くなったら終了です。誰もあがらずに終了することを流局といいます。

次の局に進み、8局終了後、結果に応じて点棒を授受し、点数と順位を確認します。

3人麻雀の始め方とルール

麻雀は4人で行うゲームと説明しましたが、例外的に3人で行われることがあります。どのような違いがあるのか見てみましょう。

そもそも3人麻雀、サンマとは何か

例外的に3人で行われることがあります。『3人打ち』『三麻(サンマ)』などと呼ばれています。

最初は人数が不足するなかでも麻雀を楽しもうと編み出されたと考えられていますが、今や3人打ち専門の雀荘もあります。特に関西方面で人気が高いようです。ネット麻雀でも3人打ち専用卓を用意しているサイトも出ています。

主な特徴は、使用する牌が少ないため高い役を作りやすいことや、ゲームの進行が早いということです。ルールはこのあと見ていきましょう。

当初は4人目がいなかった場合の暇つぶし程度の遊びとして始まりましたが、どんどん発展する中で工夫がなされ、独自ルールが作られていきました。

サンマの始め方 マンズの2から8は使わない

人数が少ないので使用する牌の枚数が少なくなります。

通常の麻雀では、以下の計136枚を使用します。

  • 萬子(マンズ):1~9の9種類の数牌×各4枚=合計36枚
  • 索子(ソウズ):1~9の9種類の数牌×各4枚=合計36枚
  • 索子(ピンズ):1~9の9種類の数牌×各4枚=合計36枚
  • 三元牌(サンゲンパイ):『白』『撥』『中』の3種類の字牌×各4枚=合計12枚
  • 風牌(フォンパイ):『東』『南』『西』『北』の4種類の字牌×各4枚=合計16枚

しかしサンマでは萬子の2〜8を抜いて、27種類108枚で対局を行います。

サンマのルール1北は抜きドラとして活用

親を『東』とし、子を『南』『西』『北』とするという説明をしましたが、サンマの場合は3人しかいないので北は使用しません。

つまり、サンマでは北がいないので、『場風牌(バカゼハイ。現在の局における場と同じ風牌のこと)』になることはありません。その代わりに北の牌は『北抜きドラ』という牌になります。

配牌やツモで北を取得した場合は、「ペー」または「ペキ」と発声しましょう。自分の右側に出して、カンと同じようにその代わりの牌を取得することができます。簡単に言うと、牌の交換ができるのです。

サンマのルール2鳴きはポン、カンのみ

『ポン』『カン』は通常通りに行えますが、『チー』はできません。

ここで、『ポン・カン・チー』を簡単におさらいしておきましょう。

  • チー 順子(シュンツ。3枚の連番の数牌で揃えた面子のこと)を作る鳴きです。塔子(ターツ。あと1枚で順子というとき)に、他家がその牌を捨てた場合に自分のものにすることです。 チーするには4つの条件を満たしている必要があります。(1)手牌のなかに塔子があること、(2)リーチを宣言していないこと、(3)対象が自分の上家(カミチャ。左側の人)であること、(4)最新の捨て牌であること、です。
  • ポン ポンとは、3枚の刻子(コーツ)を揃えるために鳴くことです。2枚の種類の牌がある 対子(トイツ)の状態で、他家の捨て牌を取得することができます。 チーの対象は自分の上家(カミチャ。左側の人)のみですが、ポンは誰からでも可能という違いは覚えておきましょう。 ポンするには3つの条件があります。(1)手牌のなかに対子があること、(2)リーチを宣言していないこと、(3)最新の捨て牌であること、です。
  • カン カンとは、槓子(カンツ。4枚同じ種類の牌を揃えた面子のこと)を揃えることです。手牌に刻子がある場合、他家が捨てた牌を取得するか自分でツモることができます。 関するには3つの条件があり、(1)手牌に刻子があること、(2)最新の捨て牌であること、(3)1局につき4回まで(全員で)、を満たしている必要があります。

3人麻雀の簡単な点数計算方法

サンマでは点数の計算方法にも特徴があります。4人の場合は、親がツモであがった場合、残りの3人で分配をして支払いますが、サンマではその処理についての考え方が2パターンあります。

支払う側の点数を調整する方法と、受け取る側の点数を調整する方法をそれぞれ見ていきましょう。

支払う側の点数を操作。ツモり損、千点加符

サンマの点数計算で、最も代表的ともいえるのがツモり損です。

4人の場合をそのまま採用するやり方です。たとえば子の8000点のツモの場合は、親4000点、子はそれぞれ2000点を支払います。つまり、ツモり損では、受け取り側は4人でプレイする場合よりも少ない6000点しか貰うことができません。

ツモり損を採用すると、ロンあがりとツモあがりでの点差が大きくなってしまいます。これに対処するため、独自の調整を加えようというルールが千点加符です。ツモあがりの際は、4人麻雀の支払い点数に1000点を加えて計算されます。

受け取る側の点数を操作。折半払い

受け取る側の点数を調整するというルールを採用する場合もあります。考え方はとても簡単で、親子関係なく点数を1/2にするというものです。

たとえば子が満貫(マンガン。役に応じて獲得する点数のことで、子は8000点、親は12000点)でツモあがりの場合、親と子の支払いは4000点ということになります。

つまり4人麻雀の場合は親かぶり(親は子の2倍を支払う)がありますが、サンマで折半払いルールを採用すると、親のデメリットはなくなります。

4人麻雀とサンマのルールの違いを理解しよう

麻雀の基礎とサンマの主なルールについて紹介しました。4人で麻雀ゲームをするのと、サンマは別物と捉えて挑むことが大切です。

サンマは牌が少ないので、4人麻雀と比べると運の要素もあり、初心者でも高得点を狙える可能性もあります。ルールを抑えてサンマを攻略しましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME