心健やかに生きるヒントを得られる『難しくない哲学本7選』

2020.10.13

哲学は難しそうに思えますが、意外と日常のいたるところに隠れているものです。哲学には、決して平坦な道のりではない人生を「生きる」ためのヒントが溢れています。迷いや悩みをもっているなら、哲学に触れることで新しい視点や考え方を知り、現状を突破するヒントや新しい発見を得られるかもしれません。そんな哲学に触れるにあたり初心者でも読みやすいおすすめの本を紹介します。

哲学とは?基本が簡単に理解できる入門書3選

まずは哲学とは、どんなもののことを言うのかを知るための本をご紹介しましょう。哲学の歴史はとても長く複雑ですが、簡単にまとめている本を読めば一気に知識が深まります。

哲学思想の偏移を知ることができる図鑑

(Amazon.co.jp) 名のある哲学者たちが一体なにを考えていたのかがわかる図鑑がこちらです。図鑑というだけあって、中にはマインドマップをはじめとした図解がたくさん。活字が苦手な方でも思わずページをめくってしまいます。

大型版ですので持ち運びにはあまり向いていませんが、寝る前やリラックスタイムに哲学の基本を学ぶにはぴったりの本です。

  • 商品名:哲学大図鑑
  • 著者:ウィル バッキンガム(著)、小須田 健(翻訳)
  • 参考価格:3960円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

有名哲学者の論説を知ることができる本

(Amazon.co.jp) ややインパクトのある表紙が目印のこちらの本も、哲学を簡単に学びたいと考えている方におすすめの1冊です。文庫本サイズなので持ち歩きやすいところもおすすめしたい理由のひとつ。

どの哲学者がなにを唱えていたのかをわかりやすく説明してくれる本ですので、有名な哲学者の本を1冊ずつ読まずとも哲学のあらすじを理解できます。哲学をわかりやすく、そして面白く書いたブログがもととなっています。

  • 商品名:史上最強の哲学入門
  • 著者:飲茶
  • 参考価格:733円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

哲学における「?」をなくすための用語集

(Amazon.co.jp) 哲学書を読んでいると、入門者向けと書いてあってもわからない用語が目につくこともあります。そんなときに役に立つのがわかりやすく哲学用語を紐解いた用語集です。

哲学を専門に学ぶ学生にも役立つようにさまざまな用語が集められています。これだけ読んでも知識が深まるであろう貴重な1冊です。

  • 商品名:哲学用語図鑑
  • 著者:田中正人(著)、斎藤哲也(編集)
  • 参考価格:1,430円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

日常生活にも哲学を。毎日を豊かにする本5選

哲学は考えることそのものでもあるので、日々の生活のなかにも哲学は隠れています。いつもの毎日が少し輝いて見えるようになる本をご紹介します。

仕事とは?将来とは?という悩みを解消する本

(Amazon.co.jp) 仕事に関する悩みは社会人にとってなかなか解消できないもの。将来自分はどう生きていくのか、常にヒントを探している方におすすめしたい1冊がこちらです。

仕事に向ける意識そのものを変えることができるかもしれず、この本を読むことで悩みの種が芽吹く前に問題点を解消できるかもしれません。

  • 商品名:働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える
  • 著者:村山 昇(著)、若田 紗希(イラスト)
  • 参考価格:2446円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

哲学から生活のヒントを得ることができる本

(Amazon.co.jp) 社会に順応しながら働く方々のなかには、人や社会とどう関わって生きるべきか考えたことがある方もいるでしょう。

悩みごとや不安が生まれたとき、それを打ち破る武器になる哲学的思想をまとめたのがこの1冊。哲学を具体的にどう日常に活用するのかがわかるおすすめの本です。

  • 商品名:武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50
  • 著者:山口 周
  • 参考価格:1584円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

悩みにダイレクトに刺さる哲学者の言葉の本

(Amazon.co.jp) 悩みごとを抱え込む前に哲学で解消してしまおう、というのがコンセプトの本がこちらです。

現代人の悩みは、すでに有名な哲学者たちが解き明かしているかもしれません。将来、人間関係、死、さまざまな悩みに哲学で寄り添ってくれるおすすめの1冊です。

  • 商品名:その悩み、哲学者がすでに答えを出しています
  • 著者:小林 昌平
  • 参考価格:1705円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

毎日コツコツ哲学を身につけられる本

(Amazon.co.jp) 自分で考えながら哲学の知識を深めたいと思っている方におすすめなのが、1回15分ずつ哲学を知ることができるこちらの1冊。

簡単に噛み砕いて説明してくれている哲学書ですが、その内容は想像以上に深いもの。身近なものになぞらえて哲学を紐解いてくれている点もおすすめの理由のひとつです。

  • 商品名:自分の頭で考えたい人のための 15分間哲学教室
  • 著者:アン・ルーニー(著))、白取 春彦(序文・その他)、田口未和(翻訳)
  • 参考価格:1848円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

愛とは何か?深いテーマを読み解く本

(Amazon.co.jp) 日常生活のなかに含まれるのは仕事や人間関係だけではありません。人を愛するということもまた、毎日の生活に根をはっている大きなテーマです。

友愛から無償の愛までさまざまな形の愛について説いたこの哲学書は、恋愛についての悩みを抱えている方におすすめできる1冊です。

  • 商品名:愛
  • 著者:苫野 一徳
  • 参考価格:880円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

生きることの意味をあらためて知る本2選

何ごともなく平穏に日常を送る方でも、絶対に逃れられないものがあります。それは「死」です。死についてを学ぶことで、生きることの大切さを知りましょう。

死を通して宗教についても学べる本

(Amazon.co.jp) 昔、ソクラテスは哲学について「死のレッスン」と言ったそうです。哲学者にとって死は深く終わりのないテーマのひとつ。もちろん、いつもの日常を生きている方にも言えることです。

終わることのない死への探求心をわかりやすく書いたこの1冊は、終活という言葉が流行り始めた現代で役に立つはずです。

  • 商品名:誰も教えてくれなかった「死」の哲学入門
  • 著者: 内藤 理恵子
  • 参考価格:1980円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

人生を最後まで楽しむためのヒントを得る本

(Amazon.co.jp) 「あした死ぬとしたら、あなたは何をしますか?」という質問が帯から訴えかけてくるインパクトのある本。

悔いなく最後まで自分らしく生きるために必要なことを考えさせてくれる、まさに先生のような本です。自分の悩みや思い残していることと向き合い、いつ来るかわからない死を直視してみましょう。

  • 商品名:あした死ぬかもよ?
  • 著者:ひすいこたろう
  • 参考価格:1254円(税込)
  • Amazon商品ページはこちら

哲学に興味を持ったら本のページをめくろう

哲学は学校へ行かずとも、何歳からでも自分自身で学べる学問のひとつ。悩みごとに行きあたったら、まずは哲学書のページをめくってみてください。きっと心のトゲを抜いてくれる一言に出会えるはずです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME