切ない恋の終わりに。失恋カクテル『ラスト・キス』とは?レシピも紹介

2020.09.23

ホワイトラムで作るラムベースのカクテル「ラスト・キス」。ロマンチックなカクテル名ですが、一体どんなカクテルなのでしょうか?今回はラムベースのカクテル「ラスト・キス」について、作り方や特徴をまとめてご紹介していきます。

「ラスト・キス」ってどんなカクテル?

「ラスト・キス」はホワイトラムをベースにブランデーを合わせて作るショートタイプのカクテルで、ロマンチックなカクテル名に反してかなり辛口でドライな口当たり。「最後の恋」や「失恋」の切なさを思わせる、レモンジュースのほろ苦さも特徴です。

ホワイトラムとは?

「ホワイトラム」とはサトウキビから作られるラム酒の1種。ラム酒は熟成の仕方や年数によって色が変わり、それによって異なる名前がついています。ホワイトラムは蒸留後、樽による熟成をしていない「無色透明」のラムのことを言います。

ちなみに、樽で2ヶ月から3年未満熟成したものを「ゴールドラム」、3年以上熟成したものを「ダークラム」と呼びます。ホワイトラムは熟成しない分、甘味や香りが軽く、ウォッカに似たすっきりとした味わいが特徴です。

「ラスト・キス」の作り方

「ラスト・キス」はホワイトラム、ブランデー、レモンジュースを合わせたのが標準のレシピと言われていますが、実はそこにジンとドライベルモットを加えた「もう1つのレシピ」が存在します。材料と作り方をまとめてご紹介していきます。

標準のレシピ

  • ホワイトラム 45ml
  • ブランデー 1/2tsp(テイースプーン1/2杯)
  • レモンジュース 1/2tsp(ティースプーン1/2杯)

材料をシェイカーに入れてシェイクし、カクテルグラスに注いで完成です。ホワイトラムがほぼ全ての割合を占めるレシピなので、使うラムによって味の違いを楽しめます。

もう一つのレシピ

  • ホワイトラム 30ml
  • ジン 15ml
  • ブランデー 1/2tsp
  • ドライ・ベルモット 1/2tsp
  • レモンジュース 1/2tsp

作り方は標準のレシピと同じく、シェイカーでシェイクしてグラスに注ぐだけ。ベルモットのハーブの風味が加わり、より複雑で独特な香りが特徴です。

ホワイトラムのおすすめ銘柄は?

続いては、「ラスト・キス」に欠かせないホワイトラムのおすすめ銘柄を2つご紹介していきます。様々な銘柄があるホワイトラムですが、今回は有名な定番銘柄と、日本産の銘柄をご紹介します。

バカルディ・スペリオール

(Amazon.co.jp) ホワイトラムの定番といえばスペイン系の「バカルディ・スペリオール」。世界で最も知名度の高いラムと言われている有名銘柄です。飲みやすくライトな口当たりが特徴で、カクテルベースとして幅広いカクテルに使えます。ラムに初めてトライする方にもおすすめしたい銘柄です。

  • 商品名:バカルディ スペリオール
  • 価格:1,224円
  • Amazon:商品ページ

[関連記事] ラム酒のNo.1ブランド「バカルディ」の魅力に迫る。

ナインリーヴズ・クリア

(Amazon.co.jp) 沖縄産の黒糖と滋賀県でとれる超軟水を使い、同じく滋賀県の蒸留所でつくられた日本産のホワイトラムは、黒糖の華やかな香りと澄んだクリアな透明度が特徴です。アルコール度数50度とかなり強く、本格的なラムの風味が感じられます。海外のコンクールなどでも賞を受賞している、日本が誇る銘柄です。

  • 商品名:ナインリーヴズ クリア
  • 価格:4,950円
  • Amazon:商品ページ

マイヤーズラム・プラチナホワイト

(Amazon.co.jp) バカルディに並んで有名な銘柄といえば「マイヤーズラム」。原産地はジャマイカで、まろやかで苦味がなく、甘くてフルーティな香りが特徴です。アルコール度数は40度程度で、そのままでもカクテルベースとしても飲みやすい人気のホワイトラムです。

  • 商品名:マイヤーズ ラム プラチナホワイト
  • 価格:2,142円
  • Amazon:商品ページ

ホワイトラムの味を存分に楽しむカクテル

いかがでしたか?切ない大人の恋の味を表現した「ラスト・キス」は、使うホワイトラムによって味が変わり、ホワイトラム本来の味を存分に楽しめるのでラム好きの方にもおすすめのカクテルです。ぜひお気に入りのホワイトラムを見つけて楽しんでみてくださいね。

こちらの記事もチェック!

関連記事:『ラム酒』ベースのおすすめカクテル6選。自宅で作れるレシピも紹介

関連記事:人気カクテル『ラムコーク』のレシピ。自宅でラムカクテルをつくろう

関連記事:ラムのカクテル『ピニャ・コラーダ』はトロピカルな幻のカクテル?

関連記事:ラムカクテルの大定番「ダイキリ」。基本とアレンジレシピを紹介

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME