幸せを呼ぶカクテル『マネキネコ』とは?レシピとおすすめの材料も解説

2020.09.22

緑がかった透明感のある色合いと、鮮やかなチェリーが美しい「マネキネコ」。名前からもわかる通り日本人バーテンダーが考案した、ウォッカベースの飲みやすいカクテルです。この記事ではマネキネコの特徴や味わい、本格的なレシピとおすすめの材料についてご紹介します。

幸せを呼ぶカクテル『マネキネコ』

マネキネコはウォッカベースにフルーツジュースやフルーツリキュールを加えて作る、贅沢なショートカクテルです。

コンテストの優勝カクテル

マネキネコは、第22回全国バーテンダー技能競技大会で優勝した作品です。考案者はバーテンダーの横山和久氏。カクテル名は「幸福を呼ぶカクテル」という意味で名付けられました。名前の通り幸せを感じる甘く優しい口当たりで、比較的女性に人気の高いカクテルです。

味わいや美味しい飲み方

テイストは中口、TPOはアペリティフ(食前)が推奨されていますが、どんなシーンにも合わせやすい味わいです。度数は10%前後と低めなので、お酒にあまり強くない方や、カクテル初心者の方にもおすすめ。

ベースのウォッカは無味無臭に近く癖がないため、他の材料が持つフルーティーな風味を存分に楽しめます。まるでフルーツの盛り合わせを1杯にしたような贅沢な味わいです。

『マネキネコ』の作り方(レシピ)

 

自宅でできるマネキネコの作り方、アレンジ方法をご紹介します。

材料(グラス使用/1杯分)

  • ウォッカ 20ml
  • ココナッツパッション 10ml
  • バナナリキュール 10ml
  • グレープフルーツジュース 20ml
  • ブルーキュラソー 1tsp
  • チェリー 1個

チェリーは、マラスキーノチェリーとレッドチェリーなど2種類用意するとより華やかな見た目に仕上がります。

作り方(手順)

  1. 飾り用チェリー以外の材料を全てチェイカーに入れる。
  2. シェイクしてグラスに注ぎ入れる。
  3. チェリーをカクテルピンに刺して飾る。

簡単アレンジレシピ

材料が多めですが、自宅で楽しむ場合はベースのウォッカ以外の材料を抜いてシンプルにアレンジするのもおすすめです。度数はウォッカの量で簡単に調節出来ます。

『マネキネコ』作りにおすすめの材料

自宅でマネキネコを楽しむ際におすすめのリキュールをご紹介します。ベースのウォッカはリーズナブルな商品でも十分美味しく仕上がりますので、量販店などで手に入れてみてください。

アリーゼ ココ リキュール

(Amazon.co.jp) ラムにココナッツやパッションフルーツのリキュールをブレンドした、フランス産のリキュール。爽やかなパッションフルーツの香りと、ココナッツの甘さのハーモニーを楽しめます。ソーダ割りやフルーツジュース割り、カクテルの材料など幅広く活用できる商品。

  • 容量:750ml
  • 参考価格:¥2722(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

デカイパー クレーム ド バナナ

(Amazon.co.jp) 300年の歴史を誇るデカイバー社が製造・販売している定番のバナナリキュール。バナナの豊かな香りと濃厚な甘みが特徴です。様々なリキュールと組み合わせてデザートカクテルを楽しんだり、フルーツジュースやミルクと合わせるのもおすすめ。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥1601(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

モナン ブルーキュラソウシロップ

(Amazon.co.jp) 世界100ヵ国以上で愛用されているオレンジ風味のシロップ。シュガーシロップの甘みと、フルーツやスパイスの風味、鮮やかな青色が特徴です。高濃度に濃縮してあるため少量で色付け、香り付けが出来るコスパの良商品。

  • 容量:250ml
  • 参考価格:¥515(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

フルーツの風味を堪能できる『マネキネコ』

マネキネコは洗練された美しい見た目が特徴のカクテルです。どんな人でも飲みやすい癖のない味わいで、おもてなしにも喜ばれます。材料は多めですが、作り方はシェイクするだけとシンプルです。フルーティーなカクテルがお好みの方はご自宅で試してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME