漫画の描き方が学べる本。イラストのコツやデジタルソフトについて

2018.12.15

漫画の描き方を学べる本を活用して、思い通りの漫画が描けるように工夫をしていきましょう。漫画の描き方から、イラストのコツやデジタルソフトの使い方の参考になる本も一緒に紹介するので参考にしてみてください。

初心者におすすめ。イラストの基本が学べる本

初心者におすすめの『イラストの基本』が学べる本を3冊紹介します。アタリからペン入れまで丁寧に説明している本ばかりなので、イラストで行き詰まっている人にもおすすめです。

スーパーマンガデッサン

漫画での『イラストのいろは』を丁寧に紹介しているのが『スーパーマンガデッサン』です。参考になるイラストの種類も多く、上達のきっかけになると口コミでも人気がでています。漫画を描きたいけれど、イラストがちょっと苦手という人におすすめです。

  • 商品名:スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン
  • 価格:568円
  • amazon:商品ページ

なぞって上達 マンガデッサン練習帳

SNSで話題になった『えびも流』の描き方を基本から丁寧に紹介しているのが『なぞって上達 マンガデッサン練習帳』です。人の体を身近なものに例えて紹介しているのでわかりやすさに定評があります。

漫画のタイトル通り、なぞることで徐々に覚えていけるので難しいイラストの基本を学ぶのにおすすめの1冊です。

  • 商品名:なぞって上達!マンガデッサン練習帳
  • 価格:1080円
  • amazon:商品ページ

新15分スケッチ練習帖 基礎ドリル編

練習時間があまりとれない人は『15分スケッチ練習帖 基礎ドリル編』がおすすめです。『線』と『塗り』の工程を組み合わせて練習していくので、15分前後で手軽にイラストを描く方法を紹介しています。

基礎的なフリーハンドによる線の引き方や、身近なアイテムを題材としたドリルなので、基本的な技術を得るのに最適な1冊です。

  • 商品名:新15分スケッチ練習帖【基礎ドリル編】
  • 価格:1728円
  • amazon:商品ページ

さらに詳しく人物の描き方を学ぼう

初心者向けの本よりも少し深く踏み込んで『人物の描き方』を詳しく描いている本を3冊紹介します。初心者用の書籍で物足りなくなったときに選びたい本ばかりなので参考にしてみてください。

マンガの基本ドリル キャラを描く入門編

ひたすら描きこむことでキャラクターのイラストを描く力を付けられると人気なのが『マンガの基本ドリル キャラを描く入門編』です。自分では描けないと感じた題材でも、丁寧に描き方を紹介しており、『多くの題材』からチャレンジできます。

パース表現や広角レンズのように広げた描き方など、テクニックを学ぶにもぴったりの1冊です。

  • 商品名:マンガの基本ドリル〈1〉キャラを描く入門編―エンピツ一本で上達
  • 価格:1512円
  • amazon:商品ページ

最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術

『最速で上達する』ことをテーマに、模写から画力アップの方法をDVDと一緒に紹介してくれるのが『最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術』です。描く空間を自由に作れる空間ビートや、キャラの躍動感の出し方などのテクニックは覚えておいて損はないと定評があります。

辞典に近いと言える充実した内容は、イラストを描くときに参考になるものが多いため『脱初心者』にもぴったりです。

  • 商品名:DVDビデオ付き! アニメ私塾流 最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術
  • 価格:2592円
  • amazon:商品ページ

そのまま使えるふたりポーズ500

登場人物2人のさまざまなポーズが学べるのが『そのまま使えるふたりポーズ500』です。3D人形やデッサン人形を使っても上手くいかないときなど、それぞれのシーンに合わせて使えるポーズが収録されているので『イラストを描くときのポーズ集』として長く使っていけます。

トレースすることで、自分の作品にも取り入れていけるその使いやすさからもおすすめの1冊です。

  • 商品名:そのまま使えるふたりポーズ500
  • 価格:1944円
  • amazon:商品ページ

背景の描き方を学べる本

次は、人物ではなく背景を描くときに勉強になる本を2冊紹介します。パースの技術は特に行き詰まりやすい点なので、基礎から学んでおけば多くの場面で活用できます。

マンガパースと背景の描き方の教科書

独学では学びにくいパース(遠近法や遠近図法のことで、奥行のある背景などを描くときに使われる技術)の基本と視点の関係を丁寧に教えてくれるのが『マンガパースと背景の描き方の教科書』です。

写真付きで説明しているので、実際の様子を想像しながら読むことができます。この作品は学校の風景を中心に解説しているので、学校をテーマに含んだ漫画を描きたい人には特におすすめです。

  • 商品名:超入門これなら描ける!マンガパースと背景の描き方の教科書
  • 価格:2980円
  • amazon:商品ページ

パース塾

初心者でもパースのテクニックをわかりやすく説明しているのが『パース塾―画力がメキメキUPする!いちばん簡単な遠近法講座』です。漫画で使いやすい技法を紹介しているので、パースの基礎知識が学びやすいと人気があります。

パースを難しく考えすぎず、シンプルに捉えて噛み砕いて紹介している点からも『初心者』や『いまいちよくわからないと悩んでいる人』にも読んで欲しい内容でまとまっています。

  • 商品名:パース塾―画力がメキメキUPする!いちばん簡単な遠近法講座
  • 価格:1404円
  • amazon:商品ページ

クリスタでの描き方が学びたい人はこちら

ここまでは手描きでのキャラクターや背景の描き方の基本・テクニックが学べる本を紹介しました。次は、アプリであるクリスタ(CLIP STUDIO PAINT PRO)を使って描く方法が学べる本を3つ紹介します。デジタルはデジタルに合わせた本を読むことが大切です。

キャラクターの描き方入門教室

クリスタを活用し、キャラクターを描く基本を初心者向けに解説しているのが『キャラクターの描き方入門教室』です。イラストを描くために必要なクリスタの機能を優しく解説しているので、クリスタの使い方から描き方までトータルに学ぶことができます。

細かい設定方法などは何度が繰り返すことで覚えられますが、最初はどうしても設定から悩んでしまうので『教科書』として何度も読んで覚えていくのがおすすめです。

  • 商品名:とことん解説! キャラクターの描き方入門教室 CLIP STUDIO PAINT PROではじめるデジタルイラストの基本
  • 価格:1922円
  • amazon:商品ページ

キャラの背景 描き方教室

背景描写の基本からクリスタを使った描き方まで解説しているのが『キャラの背景 描き方教室』です。キャラクターが上手く描けるようになったら、次はキャラクターをより引き立てる背景の描き方を学んでいくことでより世界観や物語を伝えやすくなります。

この本では、背景を描くときに覚えておきたい『一点透視図法、エフェクト、パースの基本』などを学べるほか『クリスタでの背景の描き方』を徹底的に学ぶのにもおすすめの1冊です。

  • 商品名:「キャラの背景」描き方教室 CLIP STUDIO PAINTで描く! キャラの想いを物語る風景の技術
  • 価格:2376円
  • amazon:商品ページ

CLIP STUDIO PAINTの良ワザ事典

クリスタでキャラクターや背景が描けるという人には、クリスタを使う上で覚えておきたい便利な機能を事典にした『CLIP STUDIO PAINTの良ワザ事典』がおすすめです。

デジタルイラストを描くときに便利なテクニックをまとめて紹介しているので、今行っている作業をより効率化できると人気がでています。覚えておいて損のない技術の数々を参考に、スムーズにクリスタを使いこなしましょう。

  • 商品名:CLIP STUDIO PAINTの「良ワザ」事典 [PRO/EX対応] デジタルイラストに役立つ厳選テクニック211
  • 価格:2138円
  • amazon:商品ページ

基本を学んでオリジナル漫画づくりを目指そう

基本を学ぶことで、自分のオリジナル漫画へと応用していくことができます。わからないことをそのままにしておくのではなく、少しでも解決して自分の力にしていく姿勢が漫画においても大切です。

貪欲に楽しみながら技術や描き方のテクニックを学び、思い通りの作品が描けるように本を活用してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME