『ブレンデッドウイスキー』とは?その魅力とおすすめ銘柄を紹介

2020.08.28

皆さんは「ブレンデッドウイスキー」をご存知でしょうか?この記事では、香味豊かなウイスキーとして知られているブレンデッドウイスキーについてご紹介します。ブレンデッドウイスキーの特徴やおすすめの銘柄をご紹介していきます。

ブレンデッドウイスキーとは

ブレンデッドウイスキーとは、香り・味わいの個性が強いモルトウイスキーと穏やかな個性のグレーンウイスキーをブレンドして作られたウイスキーのことです。互いの長所が引きたった香味豊かなウイスキーとして知られています。

モルトウイスキー

モルトウイスキーとは、大麦の麦芽だけを原料として作られるウイスキーのことです。大麦麦芽と水を使用し、糖化・発酵・蒸留・熟成の工程を経て作られますが、その際モルトウイスキーはポットスチルと言われる銅製の単式蒸留器が使用されるのが特徴。単式蒸留器に入れて2回または3回蒸留し、アルコール度数を高めた後に、一般的には3年以上樽の中で寝かせて熟成されます。

ウイスキー作りの伝統的な製法を用いられていることから、大量生産や品質の安定が難しいウイスキーとされています。

グレーンウイスキー

対して、グレーンウイスキーは、原料にとうもろこし・ライ麦・小麦などの穀類を使用し、大麦麦芽を糖化酵素として加え製造されたウイスキーのことを言います。モルトウイスキーと糖化・発酵・蒸留・熟成の製造工程は同じ(手法は異なる)ですが、グレーンウイスキーは蒸留の際に連続式蒸溜機を使用するのが特徴。

モルトウイスキーは香りや味わいの個性が強いのに対し、グレーンウイスキーはまろやかで落ち着いた個性です。

ブレンデッドウイスキーのおすすめ銘柄

数あるブレンデッドウイスキーの中から、ぜひウイスキー好きの方に飲んで頂きたいおすすめ4銘柄を厳選してご紹介します。

シーバスリーガル 18年

なめらかで芳醇な味わいとアロマの華やかな香りが特徴。2017年の「 ザ・スコッチウイスキー・マスターズ・コンペティション」では、金賞を受賞した逸品です。

  • 商品名:シーバスリーガル 18年
  • 内容量:700ml
  • 参考価格:6,936円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

ジョニーウォーカー ブルーラベル 

ピートの香りがきいた芳醇で重厚な味わいが特徴。絶妙な調和は「究極のブレンデットスコッチ」と称されるほどです。ちょっと高めの金額ではありますが、プレゼントにもおすすめです。

  • 商品名:ジョニーウォーカー ブルーラベル
  • 内容量:750ml
  • 参考価格:13,600円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

笹の川酒造 ブレンデッドウイスキー 山桜 黒ラベル

熟成モルトの豊かな味わいとグレーンの優しく甘い香りが堪能できる一品。笹の川酒造は全国的にも人気のあるブランド。国産と言うのもポイントです。

  • 商品名:笹の川酒造 ブレンデッドウイスキー 山桜 黒ラベル
  • 内容量:700ml
  • 参考価格:2538円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

ブラックニッカ リッチブレンド コンフォートアロマ 

果実のような甘い香りとコクのある豊かな芳醇さが特徴。ほのかにビターな後味もブラックニッカリッチブレンドならではです。

  • 商品名:ブラックニッカ リッチブレンド コンフォートアロマ
  • 内容量:700ml
  • 参考価格:2,890円(税込)
  • Amazon商品ページ:こちら

ブレンデッドウイスキーの豊かな香りと味わいを堪能しよう

個性豊かなモルトウイスキーと落ち着いた個性のグレーンウイスキーがブレンドされて作られているブレンデッドウイスキーは、香りの豊かさが魅力。

ウイスキー初心者の方には飲みやすいロックがおすすめですが、香りを堪能するには香りが最も引き立つストレートで味わうのがおすすめです。ぜひご自身の好みに合った飲み方で、ブレンデッドウイスキーの香り・味わいを堪能してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

スコッチを知ることがウイスキー通への道。スコッチの基礎知識やおすすめ銘柄まで徹底解説

『バーボンウイスキー』のすべて。世界中で愛される味わいの秘密に迫る

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME