コーヒーを『ペーパードリップ』で美味しく入れるコツとは?

2020.08.28

香りや風味をできるだけ落とさずにコーヒーを楽しみたいなら、入れ方が簡単なペーパードリップがおすすめです。ミルやコーヒーメーカーを使わずに、自宅で本格的なコーヒーが味わえます。ペーパードリップで手軽に美味しくコーヒーを楽しみましょう。

ペーパードリップコーヒーの美味しい入れ方

コーヒーを注ぎ入れる際に必要なものや、抽出の手順を解説します。

自宅で簡単にドリップコーヒーを

ドリップコーヒーとは、『豆を挽いた粉にお湯を注いで通過させ、抽出したコーヒーのこと』です。豆から抽出した液を乾燥させて作るインスタントコーヒーに比べ、より香りや風味を楽しめるのが特徴です。

コーヒーを自分好みの味にアレンジでき、高価な機械を必要としないため、自宅で簡単にコーヒーを楽しめる方法として多くの人に親しまれています。

必要なもの

『粉を入れる紙製のフィルター』『フィルター用のドリッパー』『コーヒーを落とすためのサーバー』の三つが、最低限必要な道具になります。

ドリッパーは形状や材質により様々な種類がありますが、初心者の場合はプラスチック製のドリッパーが使いやすいでしょう。

その他、お湯を注ぐためのポットは、注ぎ口が細いタイプのものを使えば、少しずつ静かにお湯が注げるので便利です。ドリップ専用のケトルも販売されています。

抽出の手順

まずはドリッパーに粉を入れます。コーヒー1杯につき20gくらいがちょうどよい量とされています。味の好みに応じて量を調節しましょう。

続いて、お湯を沸かし、沸騰したお湯をポットに移します。ドリップに最適な温度は85~90℃といわれているため、沸騰した100℃近いお湯をポットに移せば、少し冷めてちょうどいい温度のお湯が用意できるでしょう。

その後、お湯を注いでコーヒーを抽出すれば出来上がりです。入れる際は、粉を蒸らすこと・お湯をゆっくりと注ぐことを重要視しましょう。

ペーパードリップコーヒーを美味しく入れるコツ

美味しいコーヒーを作るためには、いくつかのコツがあります。淹れる際に注意すべきポイントを確認しましょう。

カップは温めておく

コーヒーをできるだけ温かい状態に保つために、前もってカップを温めておきましょう。受け皿も温め、その下にクロスを敷くことで、さらに高い保温効果が期待できます。

また、容器の側面が厚ければ、コーヒーが冷めにくくなります。口に触れる部分まで熱くなると飲みにくくなるため、カップの下側が厚めで、上側が薄めのカップが最適です。

お湯は一定のスピードで注ぐ

抽出する際に注ぐお湯は、一定のスピードを保ちながら注ぐことが重要です。注ぐ速さやお湯の量が不安定だと、抽出の際に雑味や余計な成分が出やすくなってしまいます。

お湯の速度を変えず、ひらがなで『の』の字を描くように少しずつお湯を注ぐことで、風味にムラのないしっかりとした味のコーヒーができます。

蒸らしがとても大切

味や香りを落とさないために、最も大切な作業が『蒸らし』です。蒸らしを上手に行うことで、美味しい成分を無駄なく抽出できます。

粉をフィルターに入れた後、お湯を粉全体に含ませるよう少しずつ注ぎ、30秒~1分ほどそのままの状態で待ちましょう。蒸らしはあくまでも粉にお湯を浸透させることが目的であるため、蒸らしている間サーバーに数滴のコーヒーが落ちる程度のお湯が適量です。

粉が全体的に膨らめば、『順調に蒸らされている』と判断してよいでしょう。膨らみは粉から放出される炭酸ガスによるもので、ガスが出ることで雑味を減らせます。

インスタントも工夫次第で美味しくなる

インスタントコーヒーは手軽さがメリットですが、豆や粉から作るコーヒーに比べ、どうしても香りや風味が落ちてしまいます。インスタントでもできるだけ美味しく淹れるポイントを二つ紹介します。

最初に少量の水で溶かす

コーヒーの粉にはでんぷんが含まれているため、最初から熱湯を注ぐとでんぷんがダマになりやすく、インスタントコーヒー特有の粉っぽい味が鮮明になります。

スプーン1杯分のインスタントコーヒーをカップに入れ、少量の水で粉が溶けるまでかき混ぜましょう。このひと手間を加えることで、最初からお湯で作るインスタントコーヒーに比べ、より美味しい仕上がりになります。

フリーズドライ製法のコーヒー粉を選ぶ

インスタントコーヒーの製造方法には、『スプレードライ製法』と『フリーズドライ製法』の2種類があります。

熱風を当てて乾燥させるため風味が落ちやすいスプレードライ製法に比べ、氷点下で凍らせた後に砕いて乾燥させるフリーズドライ製法は、豆の風味が損なわれにくい製法です。

どちらの製法で製造されているかは、パッケージやメーカーのHPで確認できます。

美味しいコーヒーで素敵な時間を過ごそう

淹れ方の簡単なペーパードリップなら、コーヒーを自宅で手軽に楽しめます。手軽に飲めるインスタントコーヒーも、ひと手間加えることで美味しくなります。時間がないときや面倒なときに重宝する、インスタントコーヒーの上手な淹れ方を覚えておくとよいでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME