麻雀の基本ルールとゲームの流れ。初心者が覚えるべきポイントを紹介

2018.12.16

麻雀は決して難しいゲームではありません。最初はルールを覚えることで精一杯になりがちですが、初めからすべて覚える必要はなく、基本的なことをおさえれば問題ありません。麻雀の基礎をまとめてチェックしてみましょう。

麻雀のマナーやルールに関する基礎知識

麻雀に少しでも関心を持っている人なら、マナーやルールがたくさん存在することを知っているでしょう。初めからすべてを覚えるのは難しいので、抑えるべきポイントに絞ってまとめました。

初心者が覚えておきたい麻雀のマナー

麻雀はマナーを重んじます。実際にプロテストでも強いだけでなく、マナーや振る舞いを審査基準として掲げている団体は多いです。

ただし前提として、マナーは場によって異なる場合があります。以下で紹介するマナーは基本的なことで共通していることが多いですが、他人に強要するのは避けましょう。

<開始時のマナー>

  • 最後の点数計算ができない場合はあらかじめ誰かに依頼しておきましょう。
  • 牌山は34枚(17枚×2段)で積みます。完成したら右側をより前に、少し斜めにして出します。
  • ドラ表示牌は目の前に座っている人がまくります。

<対局中のマナー>

  • テンポよく進めることもマナーですが、先ヅモ(前の人の打牌が完了する前に次のツモをすること)はいけません。
  • ホー(捨て牌を置く場所)は6枚で改行し、卓上をきれいに、また見やすく保ちます。
  • ツモは利き手で行います。両手を卓上に置くと牌山を崩してしまうこともあるので、利き手のみを卓上で使用します。
  • 強打せず、そっと打牌します。
  • ポン、チーをする場合は手牌から2枚を晒してから、打牌し、河から捨て牌を拾います。
  • 腰(あがりや副露の発言や素振りをして実行しないこと)は禁止です。
  • 見せ牌(うっかり手牌や牌山の牌を見せてしまうこと)も違反なので、裾の長い洋服などには気をつけましょう。

<対局後のマナー>

  • ロン牌、ツモ牌は手牌に混ぜてはいけません。点数確認やフリテン確認に必要なので、触らずそのままにしておきます。
  • あがってない人は手牌を見せないこともマナーです。つい他の人と共有したくなりますが、すぐに気持ちを切り替えましょう。
  • 牌山からあがり牌を探してはいけません。気になる気持ちは分かりますが、振る舞いを重んじる麻雀ではスマートな行動ではありません。
  • 他家の振り込みなど、対局を責めるのもいけません。気になる場合は冷静に質問しましょう。

麻雀のルールはなぜ難しいといわれるのか

麻雀のルールは確かに多く存在しますが、1つ1つは合理的で難しくありません。しかし「麻雀は難しいもの」といわれてしまいます。

ルールの数が多いこと自体もありますが、麻雀そのものよりも『賭け事』として麻雀をしている人がいることもあります。儲けるためには点数の高い役を多く作り、早くあがらなければならないので、難しいのです。

また、点数計算が複雑なことも挙げられます。対局後に役の数と符によって計算しますが、確かにこれをマスターするのは難易度が高いのです。

しかし、早見表を使えばそれほど難しくないですし、それでも分からない場合は誰かに協力を申し出ても問題ありません。あまり難しく考えすぎず、対局数を重ねながら覚えていきましょう。

麻雀に統一ルールは存在しない?

麻雀のルールをインターネットで検索した事のある人は『雀荘によって異なる』『ローカルルールがある』『〜という場もあります』など、ルールが画一化されていないことに気づくはずです。

雀荘も特色を出すために、楽しいルールを考案して他店との差別化を図っていることもあるようです。もちろん基本的なルールは全国共通ですが、どこまでカスタマイズすることがOKで、どこからがNGかは明確にされていないのが実情です。

まずは麻雀ゲーム1局の流れをつかもう

実際に麻雀をはじめるにあたって、どのような流れで進むのかは知っておく必要があります。早速チェックしていきましょう。

席および親と子を決める

正式にはサイコロと牌で席を決めるとされていますが、任意で好きな席を選んで座ることも多いです。席が決まれば、点棒が25000点分あるか確認しましょう。

続いて、親を決めます。麻雀は4人で行うゲームですが、1人が親、3人が子の役割を担います。各プレイヤーは『東(トン)』『南(ナン)』『西(シャー)』『北(ペー)』と呼ばれ、親は東と決まっており、親から反時計回りに南、西、北と自動的に決まります。

ちなみに親は子の1.5倍の得点能力を持ち、親の方がより多くの得点を獲得しやすいといえます。

一方で、麻雀ではツモ(あがり牌を自分で引き当てる)であがった場合に他の3人が点数を分担して支払いますが、子があがった場合の親の支払いは子の2倍です。

洗牌をしてから2段17枚の牌山をつくる

洗牌(牌をよく混ぜること)したら、17枚の牌を横に並べ、その上に同じように積んだ牌山をつくります。牌山が完成したら、先ほどのマナーで紹介したように、少し前に出して斜めに並べましょう。

サイコロを使って配牌を行う

親は14枚、子は13枚の牌を取ることを配牌と言います。配牌は親が2つのサイコロを振り、出目は2〜12になりますが、その数字によって最初に牌をとる場所が決まっています。

それぞれ以下の括弧内の出目の場合は、その人の牌から最初に取ります。 東(5、9)、南(2、6、10)、西(3、7、11)、北(4、8、12)

最初にとる場所が決まったら、親から左回りにサイコロの出目の山を右側に残して、親から4枚ずつ取っていきます。配牌は対局の際に体で覚えていきましょう。

捨て牌後、アガりまたは流局で1局が終了

配牌で、親は子より1枚多く牌を持っているので、親が不要な牌を1枚捨てることから始まります。

その局は誰かがあがるか、壁牌(各プレイヤーの前に積まれた牌山)が無くなったら終了です。誰もあがらずに終了することを流局といい、終了後、結果に応じて点棒を授受し、点数と順位を確認します。

麻雀の基本的なルール ツモる、捨て牌、鳴く

 

続いて、最低でもおさえておきたい基本的なルールをいくつか紹介します。

牌山からツモったあとに手牌を捨てる際のコツ

牌山から1枚とることをツモといいます。ツモしたら手牌から1枚捨てますが、これを捨て牌といい、捨て牌したものは河に並べます。どれを捨て牌すべきか、このコツを覚えておきましょう。

まずは『自分の捨てた牌でロンできない』というルールがあるので、河に捨てられている牌や、リーチした後に他家が捨て牌してロンされなかった牌が安全といえます。

また何枚か捨てられている字牌は、牌は4枚ずつしかないと考えると安全確率が高いです。

逆に最も危ない牌は、数牌の真ん中の数字で4〜6といえます。両面待ちに関係する牌なので、他家のあがり牌となっている可能性が高いということです。

他者の捨て牌で面子を作る。鳴くについて

鳴くとは、手牌を揃える上で後1枚足りない状態から最後の1枚を他家が打牌した捨て牌から取得するというものです。

麻雀のあがりの形は『4面子1雀頭』といわれ、3枚の組み合わせを4つ、2枚の組み合わせを1つです。面子には3種類あります。

  • 順子(シュンツ) 3枚連続した数牌(シュウパイ)を揃えた面子のこと
  • 刻子(コーツ) 3枚同じ種類の牌を揃えた面子のこと
  • 槓子(カンツ) 4枚同じ種類の牌を揃えた面子のこと

ポン、チー、カンの違い

鳴く意味については先ほど紹介しましたが、場面に応じて『ポン』『チー』『カン』で鳴き方を変えます。

  • ポン 手牌の対子(トイツ。刻子の一歩手前で、2枚の同じ種類の牌が揃っている状態)を刻子にするために、他家の捨て牌を取得して揃えることです。
  • チー 手牌の搭子(ターツ。順子の一歩手前で、あと1枚でシュンツとなる状態)を順子にするために、自分から見て左の他家(上家)の捨て牌を取得して揃えることです。
  • カン 最も代表的なのが、手牌の刻子を槓子にするために、他家の捨て牌を取得して揃えることです。

麻雀の基本的なルール アガるために必要な役

 

麻雀で勝つには役を覚えることが大切です。役とは何かも含めて、紹介します。

アガるためには4面子1雀頭と役が必要

先ほど紹介したように、あがるには3枚の組み合わせを4つ、2枚の組み合わせを1つが必要です。面子には順子、刻子の2種類があります。

ちなみに順子で揃える場合には、萬子(漢数字に萬の図柄の描かれた数牌で1〜9の9種類の牌)、索子(細長い竹のような図柄の描かれた数牌で1〜9の9種類の牌)が同じ種類で、連続した数牌となっていることが必要です。覚えておきましょう。

しかし、4面子1雀頭だけではあがることはできず、『役』が必要です。役にはあがりの形で決まる手役と、あがった時の状況で決まる状況役の2種類にわけることができます。あがるには最低で1つ以上の役が必要で、役は約40種類ほどあります。

初心者が最初に覚えたい役1 リーチ

まず最も簡単な役が『リーチ』です。テンパイの状態で1000点を出してリーチと宣言します。

ただし、注意点がいくつかあります。まずリーチを宣言すると取り下げることはできません。また鳴いてテンパイとなった場合は、リーチをかけることができないので注意しましょう。

初心者が最初に覚えたい役2 役牌

続いて覚えておきたいのが『役牌』です。字牌の中の『三元牌』で刻子をつくれば、役が成立します。

なお役はいくつも成立させることができ、その分点数が高くなるのでリーチと役牌を両方成立させることで、さらに高得点を狙うことができます。

麻雀の基本的なルール テンパイとは

先ほどから『テンパイ』という表現を使用していますが、その意味をきちんと理解できているでしょうか。念のため確認しておきましょう。

残り1牌でアガりになる状況のこと

テンパイとは、必要な牌があと1枚揃えばあがりの形が完成する状態のことで、逆にテンパイでない状態は『不聴(ノーテン)』と言われます。なお、あと1枚の牌のことを『あがり牌』といいます。

テンパイには2つのパターンがあります。

  • 形式テンパイ 役なしテンパイとも言われ、形式上はあがり牌待ちの状況であるものの、役がないためあがれないことを指します。 なおこの形でリーチを宣言してしまうと『ノーテンリーチ』というチョンボ(反則)にあたり、罰符(満貫分の支払い)になります。
  • 黙聴、闇聴 黙聴(ダマテン)、闇聴(ヤミテン)とも言われ、テンパイしているがリーチを宣言せずにいる状態の事です。 他の役も成立している場合、リーチを宣言しない方が良い場合もあります。リーチをかけると他家に警戒心を与えずにすむことや、いつでも手を変えることができるというメリットがあるためです。

有名なテンパイの種類1 両面待ち

待ちの中で最も優れた待ちの形と言われています。

あがり牌が2つある場合、つまり未完成の順子の両端の牌があがり牌となる場合、最大で2種類8枚の可能性があるということです。

有名なテンパイの種類2 多面待ち

多面待ちとは、3種類以上のあがり牌があるテンパイをいいます。組み合わせが複雑になるので、初級者には難しいです。

せっかくのあがり牌を見逃さないように細心の注意を払う必要があります。

たとえば数牌の2、3、3、3が手牌にある状況においては、1が加わると1、2、3の順子と3、3の雀頭となります。また4が加わると2、3、4の順子と3、3の雀頭に、2が加わると2、2の雀頭と3、3、3の暗刻が成立します。

多面待ちのテンパイを整えることに慣れてくれば、高得点も狙うことができます。

麻雀の基本的なルール ツモ、ロン、フリテン

 

麻雀で必ず出てくる用語『ツモ』『ロン』『フリテン』の意味もチェックしていきましょう。

アガる場合はツモまたはロンで

麻雀であがる方法はツモ、ロンのいずれかです。ツモはあがり牌を自分で打つことで、ロンは他家の捨て牌で揃えることです。麻雀は4人で行うゲームなので、ロンの確率は必然的に高いといえます。

ロンアガりができないフリテンに注意

要注意なのがロンできない状況のフリテンです。他家の捨牌を見て「ロン!」と言ったところ、あがれないだけでなく、ルール違反となってしまうことは初級者では意外とよくあります。

フリテンとはロンができないテンパイのことです。よくあるパターンは、自分が一巡毎に捨てた牌でテンパイに至ったときや、テンパイでリーチを宣言した後に他のプレーヤーの捨て牌が自分のあがり牌にもかかわらず、見逃すような場合です。

フリテンを防ぐことは初級者にとっては難しい場合も多いので、誤ロン(ロンあがりできないのにロンを宣言してしまい、罰則となる)を防ぐことに意識を向けましょう。

つまり、あたり牌が河にないか確認することや、リーチ後は他家の捨て牌をしっかりチェックすることが大切です。

麻雀のルールの簡単な覚え方

麻雀のルールはたくさんあるので、基本的には対局を重ねながら実例を通じて覚えていくほかありません。しかし、最近は便利なスマホアプリも出ています。

麻雀のルールはアプリで覚えるのが便利

最近はスマホアプリで気軽に対局することができ、1人でも気軽に練習することができます。初級者はもちろん、上級者のスキルアップにもおすすめです。

おすすめ麻雀アプリ NET麻雀MJモバイル

無料でルールの解説、牌の呼び方、あがりのパターン、役の種類、点数の数え方を学ぶことができます。初心者に嬉しいトレーニングモードは簡単な講義のあと、練習問題で理解度を確かめることができます。

ある程度、ルールを理解すれば実際に試してみることでしか上達はありません。でも対人戦は少し緊張するものです。

そんなときはCPU戦を利用して、じっくりと考えながら練習することができます。

麻雀は論理的なゲームなので、なんとなくの感覚で続けていても、上達しません。1つ1つの捨て牌や、戦略すべてに根拠を持つようにすることも練習において大切です。

ある程度慣れてきたら、オンライン対戦にも挑戦してみましょう。これだけの機能を無料で利用できるので、麻雀を楽しみたい人はぜひダウンロードしてみてください。

おすすめ麻雀アプリ わかる麻雀入門

かわいいキャラクターによる解説で、楽しく麻雀の基礎を学ぶことができるアプリです。手取り足取り、対話形式で用語やルールを教えてくれます。講義の後にはクイズで理解度をチェックしながら、先へ進んでいく形式です。

このアプリは対戦の実践機能はありませんが、連携している麻雀ゲームアプリがあるので別アプリをダウンロードすれば学んだことを実際にゲームの中で使うことができます。

基本のルールが分かれば麻雀が楽しくなる

麻雀の基本ルールを紹介しましたが、やはり読んでいるだけでは理解しづらいのも現状です。最後に紹介したアプリは気軽に始められるので、実際に対局を体験してみてください。

麻雀のルールはまだまだたくさんありますが、経験とともに覚えられるので、まずは基本ルールを抑えて麻雀を楽しんでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME