コーヒースプーンの種類と選び方。テーブルマナーも解説!

2020.08.14

コーヒースプーンにも、多種多様な形や素材があるのをご存知でしょうか?素材の特徴や形、選ぶときのチェックポイントを覚えれば、シーンに合わせて最適なスプーンが見つかるでしょう。スプーンを使うときに覚えておきたいマナーと一緒に紹介します。

コーヒースプーンの種類

コーヒースプーンには大きく分けて2種類あります。それぞれのスプーンの役割と特徴をまずはチェックしてみましょう。

コーヒーを飲む際に用いるスプーン

コーヒーを飲む際に用いるスプーンは、ティースプーンと呼ばれる全長約13〜14cm程度のものよりも、小さく作られているのが特徴です。コーヒーカップのサイズに合わせて、ミルクや砂糖を混ぜるときに使いやすいように設計されています。

ティースプーンとの違いは大きさだけで、用途はほとんど変わりませんが、ソーサーに収まりやすく、清潔感や高級感を演出できるのも小ぶりなコーヒースプーンの特徴です。

計量に必要なスプーン

もう一つのコーヒースプーンは、計量のために目盛りなどがついた計量用のスプーンです。コーヒー豆やコーヒー粉を目盛りで細かく計れるタイプと、スコップのような形状で、すりきり1杯の量を計れるものなどがあります。

ひと口にコーヒースプーンと言っても、計量に特化したスプーン・通常使いのスプーンというように用途が全く違います。コーヒースプーンを選ぶときには、目的に合ったコーヒースプーンを選ぶのが大切と言えるでしょう。

飲む時に用いるコーヒースプーンの選び方

飲む時に用いるコーヒースプーンには、さまざまな材質が使われており特徴や価格が変わります。それぞれの特徴を覚えれば、自分に合ったコーヒースプーンが選べるでしょう。

おしゃれなシルバー製

シンプルなデザインで高級感のあるシルバー製のコーヒースプーンは高級カトラリーの代表格と言えます。シルバー製はほどよく柔らかいので、装飾が施しやすく。繊細なデザインが多いのもポイントです。

また、銀イオンには抗菌作用があるため、衛生面でもメリットがあります。やや高価ですが、お手入れをすれば長く使えるスプーンです。お茶が好きな人にギフトとして贈ることもできるシルバー製は、高級感のほか実用性もあり多くの人が愛用しています。

スタンダードな洋白銀

最も一般的な銅・亜鉛・ニッケルの合金に銀メッキを施したタイプが洋白銀器です。光沢や色が銀にとても似ていることから、洋銀・ニッケルシルバーなどの呼び名があります。柔らかく加工性に優れている特徴から、細かいデザインに対応できるためおしゃれなものが多くあるのも特徴です。

ホテルやレストランで多く見かけるタイプで、手触りが良く、純銀製と区別がつかないほど似ているため高級感を感じられるでしょう。素材の特徴によってデザインしやすいことから見た目が良く、使いやすさも確保しながら安価で購入しやすいのもメリットです。

できる限りコスパを抑えて高級感を演出したいときなどに、便利な素材と言えるでしょう。

木製や陶器製

少し変わったコーヒースプーンには、ホーロー製や陶器製のスプーンがあります。匂いが付きにくい特徴を持っており、銀や洋白銀とは違ったカジュアルな雰囲気を持っているのも特徴です。ただし、銀や洋白銀よりも耐久性が若干低いので注意しましょう。

木製のコーヒースプーンは、手に持ったときに冷たく感じず、木製ならではの温かみを感じられます。寒い時期には重宝するでしょう。また、木製のものは同じ製品でも色や模様に違いがあります。スプーンそれぞれの色合いや模様を楽しめるのもメリットです。

コーヒースプーンのマナーを知ろう

コーヒースプーンを使うときに知っておきたい、『スプーンの基本マナー』を紹介します。厳密に決められたものではありませんが、紳士淑女のテーブルマナーとして覚えておきましょう。

スプーンの位置や置き方と向き

スプーンは、ソーサーの上に、飲む人がスプーンの柄を右手で取れるようにセットしましょう。日本ではスプーンをカップの手前に、欧米ではカップの奥にスプーンをセットするのが主流です。カップの持ち手が左側にくるときには、右サイドにセットされているケースもあります。

セットされているスプーンを使わないときや、または使った後は『カップの後側』に置きます。コーヒーを味わう邪魔をしない位置に置くようにしてみましょう。絶対的なルールではありませんが、マナーを守った立ち振る舞いは大人としての魅力を引き立てるので、覚えてみてください。

入れっぱなしにしない

ここで注意しておきたいのが、使ったスプーンをそのままコーヒーカップに入れっぱなしにしないことです。入れっぱなしにしてしまうと飲むときに邪魔になるほか、スプーンとカップによってカチャカチャと音がしてしまいます。

コーヒーでおもてなしを受けるときの喫茶作法としては、他にも以下のものがあります。

  • スプーンでカップの縁は叩かない
  • スプーンでコーヒーをすすらない
  • スプーンをカチャカチャさせない

カップは必ずソーサーに戻し、音を立てて飲まないのも作法です。喫茶作法もしっかりと覚えて振る舞えば、大人の男性として磨きがかかるでしょう。

計量スプーンの選び方

計量スプーンタイプのコーヒースプーンを選ぶときにチェックしておきたいポイントを3つ紹介します。使い勝手も変わってくるので、目的に合わせて選べるようにチェックしてみてください。

スプーン型とスコップ型

計量スプーンタイプのコーヒースプーンには、スプーン型とスコップ型があります。

スプーン型は、計量スプーンのような形をしており、持ち手の先についているスプーン部分で計量します。すりきり1杯が規定のグラム数で決められているタイプや、スプーンの内側についた目盛りで計量できるタイプなどがあるので、使いやすさで選ぶのがよいでしょう。

スコップ型は、その名の通りスコップのような形で、すりきり一杯で手軽にスコップに決められた規定量のグラム数を計れます。スコップ部分が若干長め、または横広など種類があります。

自分にピッタリ合うタイプが選べたら、次は細かく素材までチェックするのがおすすめです。

素材で選ぼう

使われている素材によってもティースプーン型と同様に違いがあります。以下は、代表的な素材と特徴です。

  • ステンレス製・・・サビに強く、使いやすさがある。お手入れも簡単で、食器洗い機にも対応できる。
  • 木製・・・温かみがあり、寒い時期でも冷たくなく便利。水洗いがしにくく、乾きにくいため数本用意しておくのがおすすめ。
  • 陶器製・・・色や柄が豊富でおしゃれなものが多い。衝撃で割れの心配があるが、お手入れは比較的しやすい。

他にも銅や銀を使ったスプーンもあります。お手入れのしやすさや、使い勝手を考え『もっとも使いやすい素材のもの』を選ぶのが良いでしょう。

計れる量を必ず確認

種類や素材にこだわるのも良いですが、もっとも大切なのは実用性です。スプーンで計れる量を必ず確認して把握しておくようにしましょう。

コーヒーの粉であれば、1杯分が約10gです。コーヒーは煎り方によってもグラムが変わりやすいので注意しましょう。

おすすめのコーヒースプーン

最後に、使い勝手が良くデザイン性の高いおすすめのコーヒースプーンを、飲むときのコーヒースプーン二つ、計るときのコーヒースプーン二つを紹介します。多種多様のスプーンがあるので、選ぶときの参考にしてみてください。

ワダコーポレーション コーヒースプーン

ワダコーポレーションが販売しているコーヒースプーンは、ステンレスで作られています。独自のエコクリーン加工を施し、水だけで汚れが落ちるため環境に優しくお手入れが簡単なのが特徴的です。

サイズは121mmで、使い勝手の良い大きさで使いやすさからも定評があります。

  • 商品名:ワダコーポレーション エコクリーン 18-8 和味 コーヒースプーン シルバー 全長121mm
  • 価格:660円(税込)
  • Amazon:商品ページ

貝印 コーヒー スプーン

貝印のコーヒースプーンは、ステンレススチールで作られたとても軽いタイプのスプーンです。5本セットで、コスパも良く買い揃えるにはちょうど良い価格と本数でまとまっています。丈夫で長持ちする素材を使っているため、長く愛用していけるでしょう。

1本の長さは130mmで小ぶりなため、ソーサーサイズからはみ出ないで綺麗に演出できる点も優秀です。

  • 商品名:貝印 kai コーヒー スプーン 5本組 NEWウィナー FA-5089
  • 価格:770円(税込)
  • Amazon:商品ページ

カリタ コーヒーメジャー

カリタが販売しているコーヒーメジャーは、1杯で10gを計量できる小型で便利なスプーンです。素材は銅で作られており、使い込めば使い込むほど味がでてきます。すくいやすく・投入しやすいよう形状に工夫が凝らされ、コーヒー豆から粉まで1杯分の計量が簡単にできるのも利点です。

日本製の銅メジャースプーンで、海外からも多くの人が注目している製品です。

  • 商品名:カリタ コーヒーメジャー 銅 10g #44001
  • 価格:704円(税込)
  • Amazon:商品ページ

カリタ コーヒーメジャー スコップ

カリタが取り扱うコーヒーメジャーのスコップタイプです。鉄製で、手の中に軽く収まるミニサイズで作られ使い勝手よいです。1杯で約10gの計量が可能で、持ち手は短めで持ちやすく、キャニスターに収納が可能なサイズという点もポイントです。

  • 商品名:カリタ コーヒーメジャー スコップ 10g #44079
  • 価格:935円(税込)
  • Amazon:商品ページ

コーヒースプーンを活用して素敵なカフェタイムを

コーヒースプーンは美味しく淹れるためにぜひ活用したいアイテムの一つです。スプーンのマナーや喫茶作法も一緒に覚えておけば、大人の魅力が引き立ちます。専用のコーヒースプーンを用意して、自宅でも本格的なカフェタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME