『ヴァージン・チチ』で南国気分に!お酒が苦手でも飲めるカクテル?

2020.08.10

有名なカクテル「チチ」のノンアルコール版カクテル「ヴァージン・チチ」。お酒に弱い、または全く飲めないという人でも楽しめるデザート感覚のカクテルです。この記事ではヴァージン・チチの特徴や飲み方、レシピと材料についてご紹介します。

南国気分を味わえる『ヴァージン・チチ』

ヴァージン・チチは、トロピカルテイストで女性人気が高いカクテル「チチ」から、ウォッカを抜いて作るノンアルコールカクテルです。

チチのカクテル名は、フランス語で「女性用ブラウスの胸元にあるフリル」という意味がある「シシ」が語源です。その後、アメリカでは「粋な」「かっこいい」「気取ってる」という意味のスラングとして使用されるようになりました。

味や香りの特徴

レシピの元であるカクテル「チチ」はとても口当たりがよく、甘くて濃厚な味わいが魅力です。ヴァージン・チチはウォッカが入っていない分、チチよりもさらに飲みやすくスイーツのような味わいとなります。フレッシュなパイナップルジュースとミルキーなココナッツのハーモニーを楽しめます。

美味しい飲み方

テイストは甘口で、飲むタイミングはいつでもお好きな時(オールデイ)がベストです。食前や食後はもちろん、おやつとしても最適です。ホームパーティや女子会で振舞っても喜ばれます。お酒を控えている妊婦さんや、お子さんにもおすすめ。

『ヴァージン・チチ』の作り方(レシピ)

自宅で簡単に作れるヴァージン・チチのレシピをご紹介します。シェイカーが無い場合はマドラーで混ぜて作ることも出来ます。

使用する材料(大型グラス使用/1杯分)

  • パイナップルジュース 80ml
  • ココナッツミルク 45ml
  • カットパイナップル 1片
  • マラスキーノチェリー 1個

グラスはワイングラスやオールド・ファッションド・グラス(ロックグラス)など口が広いものなら何でも使用できます。材料には含まれていませんが、通常クラッシュド・アイスを使用します。

作り方(手順)

  1. グラスにクラッシュドアイスを入れておく。
  2. パイナップルジュース、ココナッツミルクをシェイカーに入れる。
  3. シェイクしてグラスに注ぎ入れる。
  4. カットパイン、チェリーをカクテルピンに刺して飾る。
  5. 蘭の花とストロー2本を飾り完成。

飾り用に蘭の花、ストロー2本があるとより南国チックで華やかな見た目になります。おもてなし用に作る場合は、飾り番傘やユニークな形のストローを飾っても良いですね。

簡単アレンジレシピ

ココナッツミルクの代わりに、ココナッツパウダーやココナッツシロップを加えた牛乳を使っても美味しく仕上がります。アルコール入りを楽しみたい場合、ウォッカを加えると「チチ」になり、ウォッカをラムに変更すると「ピニャ・コラーダ」になります。シーンによってアルコールの有無や味わいを簡単に変更出来てとても便利です。

『ヴァージン・チチ』に使う材料はこちら

ヴァージン・チチにおすすめのパイナップルジュース、ココナッツミルク、マラスキーノチェリーをご紹介します。

デルモンテ パイナップル ジュース

厳選した完熟パイナップルを、独自の製法で絞ったパイナップルジュース。デルモンテの商品はさっぱりした味わいと豊かな香りが特徴で、トロピカルカクテルにぴったり。カップ1杯で一日のビタミンCの半分を摂取出来るため、健康に気使う人にもおすすめです。

  • 容量:750ml×6本
  • 参考価格:¥2003(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ユウキ ココナッツミルク 400g

コクがありとても濃厚な味わいが特徴のココナッツミルク缶。乳化剤・酸化防止剤・漂白剤が一切含まれておらず、ココナッツ本来の色と味わいを楽しめます。ドリンクやスープなどの料理、デザートやお菓子など幅広く使用できます。

  • 容量:400ml
  • 参考価格:¥340(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

明治屋 マラスキノチェリー

厳選したさくらんぼをシロップにつけた、シンプルなマラスキノチェリー。形が良く歯ごたえがしっかりしている果肉が特徴です。鮮やかな色が美しくカクテルやお菓子のデコレーションにおすすめです。

  • 容量:170g
  • 参考価格:¥540(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

お酒が苦手ならヴァージン・チチがおすすめ

ヴァージン・チチは優しい甘味とミルキーな味わいが魅力のノンアルコールカクテルです。誰もが飲みやすく、ちょっとしたリラックスタイムやお酒飲んだ気分になりたいときにおすすめです。気軽に作れてとても美味しいので、ぜひ試してみて下さい。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME