人気カクテル『マタドール』とは?名前の由来やおうちレシピをご紹介!

2020.07.01

フルーツの甘みと酸味、テキーラの香りを楽しめる「マタドール」。テキーラがあまり得意ではない人でも飲みやすい味わいのカクテルです。この記事では、マタドールの特徴やカクテル名の由来、レシピとおすすめの材料についてご紹介します。

爽やかな味わいのカクテル『マタドール』

マタドールは、テキーラベースにパイナップルジュースとライムジュースを加えて作るシンプルなカクテルです。

マタドールの由来は「闘牛士」

名前のマタドールには、「闘牛士」という意味があります。通常「闘牛士」は「トレアドール」呼ばれますが、マタドールは闘牛場で牛にとどめを指す、主役の闘牛士のことを指します。名前の通り、闘牛場の風のように爽やかなカクテルですが、由来は諸説あり正式な歴史は明らかになっていません。

マタドールの味わい

マタドールのテイストは中甘辛口です。闘牛士が由来になっていると聞くと、その力強さからきついお酒をイメージするかもしれませんが、パイナップルやライムの甘い風味がテキーラとうまく調和して、とても飲みやすいフルーティーな味わいです。

マタドールのアルコール度数

飲みやすいとはいえ、アルコール度数の高いテキーラがベースになっているので、マタドールのアルコール度数は度数は15%前後。ロングカクテルに分類され、TPOはアペリティフ(食前)が推奨されていますが、食事中や食後など、いつでも好きな時に楽しめます。

甘くてジューシーなパイナップル、爽やかな酸味のライムジュースがテキーラの癖を包み込み、とてもフルーティーで飲みやすい口当たりです。とはいえアルコール度数でいえば日本酒や赤ワインと同じくらいなので、飲みやすいといっても飲み過ぎには注意が必要です。

お酒が苦手な方が飲む場合には、注文の際に「テキーラ少なめで」と注文すると良いかもしれません。

マタドールの作り方

自宅でカクテルを作るというマタドールの標準的なレシピと材料をご紹介します。とてもシンプルなカクテルのため、材料の品質が味わいに大きく影響します。テキーラはぜひお好みの銘柄を用意してみてください。

マタドールの材料(シャンパングラス使用/1杯分)

  • テキーラ 30 ml
  • パイナップル・ジュース 45 ml
  • フレッシュ・ライム・ジュース 15 ml

グラスはレシピによって、ロックグラスを使用する場合があります。グラスの容量によって氷の量が変わる(度数が変わる)ためお好みで選びましょう。パイナップル・ジュース、ライム・ジュースは生絞りしたフレッシュ果汁がベストです。

お酒に弱い方やテキーラの風味が苦手な方は、テキーラの量を減らしジュースの量を増やして調整しましょう。ライムジュースが家にない場合は、レモンでも代替できます。

マタドールの作り方

  1. グラスにクラッシュドアイスをたっぷり入れる。
  2. 材料をシェイクし、グラスに注ぎ入れる。

各材料をシェイカーでよくかき混ぜ、氷の入ったグラスに入れるだけです。パインの切れ端をグラスに載せると、より華やかな雰囲気となります。

アレンジポイント

せっかく作るなら美味しく飲みたい!と思われる方は、使用するテキーラにこだわってみましょう。テキーラは主に2種類あり、種類によって味や風味が異なります。

簡単アレンジレシピ

マタドールは提供されるお店によって材料の比率が様々で、作り手が自由にアレンジを楽しめるカクテルです。度数はテキーラの量で、酸味はライムジュースの量で調節しましょう。

また、ライムジュースはレモンジュースに変更される場合もあります。おもてなし用に作るなら、パイナップルなどのカットフルーツやレモンスライスを飾るのもおすすめです。

ホワイトテキーラ

マタドールを作るなら、ホワイトテキーラを使うことが一般的です。熟成という過程がない分、原料であるアガペのかぐわしい香りを堪能できるため、テキーラ特有のキレのある風味を味わえます。マタドールを作る場合は、パイナップルジュースの美しい黄金色がそのまま反映されるため、見た目もとても良くなります。

ゴールドテキーラ

蒸留後に熟成したものはゴールドテキーラといいます。熟成させればさせるほど、濃い褐色に変化します。ゴールドテキーラをマタドールに採用すると、キレがあるというよりはまろやかで濃厚な味わいとなります。テキーラの味わいが苦手という方は、ゴールドテキーラの方が適しています。

【関連記事】テキーラのおすすめ銘柄14選。定番から初心者におすすめしたい銘柄まで

『マタドール』作りにおすすめの材料

マタドール作りに最適な材料(ジン・ライムジュース・パインジュース)をご紹介します。

クエルボ・エスペシャル・シルバー

テキーラの有名ブランド「ホセ・クエルボ社」が製造するプレミアム・シルバーテキーラ。熟成原酒を使用しておらず、キレのあるすっきりした口当たりとアガヴェの味わいを楽しめます。ストレートやロックでいただくのはもちろん、カクテルベースにも最適なテキーラです。

  • 容量:750ml
  • 参考価格:¥1,831(税込)
  •  Amazon 商品ページはこちら

デルモンテ パイナップル ジュース

厳選した完熟パイナップルのみを使用し、独自の製法で仕上げた100%ジュース。デルモンテの特徴である、さっぱりした味わいと豊かな香りを楽しめます。トロピカルカクテルの他、ケーキやアイスなどスイーツの材料としてもおすすめです。

  • 容量:750ml×6本
  • 参考価格:¥1,941(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

ポッカサッポロ 業務用ライム100%

メキシコ産ライムを使用した100%ジュース。カクテルにプラスするだけで、まるで青果ライムのようにフレッシュな香りと味わいを楽しめます。必要な分だけ使えて、デザートや揚げ物など幅広い料理に活躍します。

  • 容量:720ml
  • 参考価格:¥891(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

マタドール以外のテキーラを使ったカクテル

テキーラを使用したカクテルはマタドール以外にも多数存在します。

フローズンマタドール

先ほど紹介したマタドールの材料と氷を、ジューサーで攪拌(かくはん)したシャーベット上のカクテルです。爽快感抜群で、夏場など涼みたいときにぜひ試したい一品です。

マルガリータ

テキーラを使用したカクテルの中でも、特に有名なカクテルな1つです。テキーラの辛味とホワイトキュラソーの甘味がまじりあい、そこにライムジュースの爽快感とグラスのふちにまぶした塩のしょっぱさがアクセントになってくれます。

マルガリータは特にアメリカではバーの定番として大人気カクテルでもあります。材料とシェーカーさえあれば自宅でも簡単に作れますので、ぜひ作ってみてください。

マタドールは飲みやすさが魅力

テキーラはアルコール度数が高いので、苦手意識を持たれている方もいるかもしれませんが、マタドールのようにジュースなどと組み合わせる事で、格段に飲みやすくなります。マタドールを飲んだことが無い方は、ぜひ一度マタドールの美味しさを味わってみてください。

【関連記事】『スロー・テキーラ』ってどんなカクテル?名前の意味や作り方まとめ

【関連記事】美しき【テキーラサンライズ】の魅力。実はあのロックスターが愛飲していた?

【関連記事】テキーラベースでは世界最古?飲みやすい大人のカクテル【メキシカン】を味わう

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME