パチンコにおける期待値の計算方法とは?今日から使える情報をご紹介

2018.12.12

パチンコでの期待値とは一体何を意味するものでしょうか。ベテランのパチンコファンには勝つためには期待値を知ることが大切だ、という人がたくさんいるようです。期待値の意味するところや計算に必要な情報、計算する方法と注意点を解説しましょう。

パチンコにおける期待値とは何か

そもそもパチンコの期待値とは一体何を意味するものでしょうか。基本中の基本を分かりやすく説明していきます。

見込みを表したもの

パチンコにおける『期待値』とは、ひとことで言うと現金投資の額に対していくら見返りがあるかの理論上の見込みを表したものです。そこから割り出せる、その台で1時間遊んだ時の見返りの見込み額は『期待時給』と呼ばれます。

これは要するに台の値踏みと考えましょう。たとえば、生鮮食品を買うときに色ツヤを見て鮮度が高そうなものを選び、服を買うときに素材が良さそうで自分に似合うものを選ぶのと同じことなのです。

一見同じように見える台の差別化ができる計算です。少し複雑ですが、これをやるとやらないでは、短期間ではともかくとしても長い目で見ればトータルの勝率が変わってくると言われる重要項目なのです。

仕事量と期待値の違い

期待値と同様の計算法で出す『仕事量』と呼ばれる数値があります。計算法は同じでも決定的に違う部分があります。それは何でしょうか。

期待値はあくまで理論上の数値であって、実際の展開や引きといった要素が入り込む余地がありません。一方、仕事量は実践したときの具体的な展開、引き加減が反映される生きた情報だといえるでしょう。

ただし、そのまま比較すると結構なギャップが出ることも多いです。たとえば、大当たりが引けなければ、通常回転数が上がります。そうなると仕事量は増えますので、展開や過去にとれているデータを考慮しながら、数値を調整するとよいでしょう。

パチンコの期待値計算に必要な情報

パチンコの期待値を算出するのに必要な情報はどういうものでしょうか。ひとつひとつ説明しながら確認していきましょう。

台のトータルした確率と獲得した出玉数

台のトータル確率とは、機種ごとにさまざまであるスペックを意味します。回転数とか獲得出玉数のように他の要素に影響を受けない要素です。

これはパチンコ雑誌やインターネットのパチンコ関連サイトで調べれば、機種ごとにスペックが分かるようになっています。

獲得出玉数とは大当たりで得た玉数です。簡単に言うと右打ちを開始したところから左打ちに戻るまでのすべての獲得玉の数です。

1000円あたりの回転数と総回転数

1000円あたりの回転数を求める場合、大当たりの後にその出玉を用いて通常時を打ってはいけません。大当たりまでは正確に計測できても、大当たりの後からは千円あたり回転数の掌握が正確にできなくなります。

大当たりの出玉は別箱に分け、現金か再プレイで再開して正確に回転数を測りましょう。ただし非等価店で現金投資を重ねると不利になります。その場合は出玉を流しメモを取って再プレイに切り替え、交換による損は最低限に抑えるべきです。

総回転数とは、『理論的上回すことのできる回転の総数』を意味します。各機種ごとの設定によって、変化します。複数の実践データを稼働時間で割って1時間あたり回転数を出したうえで、総稼働時間を掛けて計算しましょう。

パチンコの期待値計算方法

それでは、実際にその期待値を計算する方法とはどのようなものでしょうか。これには自分で計算する方法と、ツールなどで簡単に計算する方法もあります。

計算式を使用する方法

パチンコの期待値を自分で算出するための計算式について説明します。

X=獲得出玉÷トータル確率

Y=250÷千円あたりの回転数

Z=(X–Y)×換金率

期待値=Z×総回転数(理論上の値)

そして、期待値に1時間で回せる回転数(理論上の値)を掛けると期待時給になります。

期待値計算ツールやアプリを使用する方法

パチンコの期待値計算ツールやアプリを活用すると、必要項目を入力すれば簡単に解が出ます。ネット上のサイトでいろいろなツールもありますし、スマホにインストールできるアプリも選べます。それらを活用するのもひとつの方法です。

期待値を算出する際の注意点

期待値を計算で求める際に、気をつけなければならないポイントがあります。大切な部分ですので確認しておきましょう。

期待値は見込みであって絶対ではない

パチンコは期待値がプラスだから絶対必勝だというわけではありません。期待値の効果がでるのは相当な回数をこなした後だと考えましょう。数回の実践だけでは目に見える結果は出にくいのです。

要するに、期待値とは平均的なものだからです。実際に期待値がプラスだからと頑張ってみても、引きが悪いとなかなか勝てません。それでも長期的に考えれば勝てるという判断ができます。もちろん期待値通りに必ずいくという保証もまたありません。

言わば勝てる可能性が少しでも高まるのが、期待値を念頭にした実践だと言っていよいでしょう。そこで重要になるのは、無駄打ちを極力避けるという基本です。

期待値計算方法を覚えて賢いパチンコを

パチンコの期待値の意味や、計算方法、注意点を確認しました。期待値はあくまでも見込みです。その値を知り、戦略を組んでプレイすることで、はじめて『期待値』を基準とした勝ち負けを考えることができます。ぜひ計算方法を覚えて、損をしない賢いパチンコを楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME