カンパリオレンジとはどんなカクテル?苦みと甘みのハーモニーを引き出すレシピ

2020.04.28

おしゃれなバーや飲食店でよく目にする『カンパリオレンジ』とは、どのようなカクテルでしょうか?カンパリオレンジが多くの人気を集めているのには理由があります。誰でも簡単に楽しめる作り方や特徴について紹介していきます。

大人気のカンパリオレンジとは

代表的なリキュールとして知られているカンパリですが、カンパリを使ったカクテルの中でも特に人気を集めているのが『カンパリオレンジ』です。

カンパリオレンジとは、一体どのようなカクテルなのでしょうか?まずは、基本的な特徴や風味について見ていきましょう。

カンパリとオレンジジュースのカクテル

カンパリオレンジとは、その名の通り、カンパリとオレンジジュースを混ぜて作られるカクテルです。

イタリア北部で生まれたカンパリと、南部特産のオレンジを混ぜ合わせていることから、イタリア統一の英雄ジュゼッペ・ガリバルディにちなんで『ガリバルディ』と呼ばれることもあります。

苦味と甘さの絶妙な味わい

カンパリオレンジの味の特徴を知るには、まずカンパリの風味を知ることが必要です。

カンパリには、多くの薬草が原料として使われています。そのため、ビールとは違った独特の苦味があるのが特徴で、好みも分かれることが多いです。

カンパリをロックなどで飲むと苦すぎるという人にぴったりなのが、カンパリオレンジなのです。オレンジの爽やかな酸味と甘さがカンパリ独特の苦味をやわらげ、絶妙な味わいを堪能できます。

ベースとなるカンパリの由来

カンパリはさまざまな薬草をもとに作られているリキュールであることに触れましたが、実は、詳細なレシピは発表されていません。

キャラウェイやコリアンダー、リンドウなどが使われているとされていますが、詳細がわからないのもカンパリの面白さです。

イタリア生まれのカンパリは、ガスパーレ・カンパーリによって開発されました。その後、息子のダーヴィデ・カンパーリによって『カンパリ』と名付けられます。

カンパリは独特の苦味があるリキュールなので、イタリア語の『苦い』を意味する『アマロ』という単語を使って、アマロ系のリキュールと呼ばれています。

カンパリオレンジの度数

お酒にはそれぞれアルコール度数があり、度数が高いと飲みづらいという人や、逆に度数が高い方が好みの人もいます。カンパリオレンジのアルコール度数はどのくらいなのでしょうか?

カンパリ本来の度数についてもまとめていくので、自分の体質に合わせて飲む際の参考にしてみましょう。

カンパリの度数は25度

カンパリの度数は、25度とされています。アルコール度数25度がどのくらいのものなのかわかりづらいと思うので、ほかの酒類の度数と比べてみましょう。

例えばワインの場合、通常のワインだとおおよそ10〜14度だとされています。日本酒は大体15〜16度で、度数が高いものだと20度前後になるといわれています。

これらと比較してわかるように、カンパリ本来のアルコール度数は高めだといえるでしょう。そのため、ストレートで飲むよりもカクテルの材料として使われていることも頷けます。

カンパリオレンジは7〜8度ほど

もともとのアルコール度数が高いカンパリですが、カンパリオレンジにすることで、アルコール度数を7〜8度まで落とすことができます。

これにより、度数が高いお酒が苦手な人でもカンパリの風味を楽しめるようになるでしょう。

カクテルのアルコール度数は、8度以下が低い、9〜24度が普通、25度以上が高いというように三つに分類できます。

数多くのバリエーションがあるカクテルの中でも、カンパリオレンジのアルコール度数は低い部類に入るため、非常に飲みやすいカクテルなのです。

カンパリオレンジの作り方

お酒が苦手な人でも比較的飲みやすく見た目もおしゃれなカンパリオレンジは、作るのも簡単です。

カンパリオレンジを作るときには、何が必要なのでしょうか?準備するものや作り方のポイントについてまとめていきます。

用意するもの

カンパリオレンジの材料は、1番簡単な方法だとカンパリとオレンジジュースのみでできあがります。ただし、そのときに用意したいのが『ロンググラス』です。

カクテルを楽しむときには、大きく分けて二つのグラスを使い分けます。グラスによって『ロングカクテル』『ショートカクテル』と呼び名が変わりますが、カンパリオレンジはロングカクテルとして作るのが一般的です。

ロングカクテルの特徴は、細長いグラスに氷を入れて作るという点です。氷を使うため温度を一定に保つことができ、味を引き締める効果があります。

カンパリオレンジを常温で作ってしまうと、オレンジの甘さがしつこくなってしまうので注意が必要です。

基本的な作り方

カンパリオレンジを作る際は、まず、用意したグラスに氷を入れます。その後、カンパリ→オレンジジュースの順にグラスに注いで、軽く混ぜれば完成です。

グラスによってそれぞれの分量は異なりますが、カンパリの風味を逃さずに飲みやすくできる割合はカンパリ1に対してオレンジジュース5くらいが目安だとされています。

カンパリの分量を増やせば、個性的な苦味を堪能できるため、好みに合わせて調整して作ると良いでしょう。

グラスに注ぐ順序を変えることで、見た目をおしゃれに楽しめる飲み方もあります。それが『プース・カフェ・スタイル』です。

プース・カフェ・スタイルとは、比重の違う材料を入れて層を作るカクテルのことで、カンパリオレンジにも用いることができます。

通常はカンパリを先に注ぎオレンジジュースを後から加えますが、この順を逆にすることで、オレンジジュースの上にカンパリが浮き、オレンジ色と赤色のきれいな層ができあがります。

作り方のポイント

カンパリオレンジを作るときには、おいしくなるポイントがあります。

その一つ目が『フレッシュオレンジ』を使うことです。オレンジジュースがメインになるこのカクテルでは、オレンジジュースの鮮度が重要なポイントとなります。

加糖されているジュースを使ってしまうと甘くなりすぎてしまう可能性もあるため、100%のフレッシュジュースを使うことで、本来のおいしさで楽しめます。

二つ目のポイントが『カットしたオレンジを使う』ということです。でき上がったカンパリオレンジに、カットしたオレンジを入れたりグラスに刺したりするだけで、見た目も、さらにおしゃれになります。

合わせて飲みたいカンパリカクテル

カンパリオレンジに関する具体的な情報についてまとめてきましたが、カンパリを使ったカクテルは、ほかにもたくさんの種類があります。

カンパリオレンジを飲んでみて、さらにカンパリを使ったカクテルを飲みたくなったら挑戦してみましょう。

世界中で知られているカンパリを使ったカクテルについて紹介します。

さっぱりとした味わい カンパリソーダ

カンパリ本来の味を最大限生かしつつも飲みやすく仕上がっているのが『カンパリソーダ』です。このカクテルも、ロングカクテルで楽しむカクテルです。

作り方もカンパリオレンジとほとんど変わらず、オレンジジュースの代わりに炭酸水を混ぜ合わせるだけです。

味がついていない炭酸を混ぜるため、さっぱりとした爽快感や、カンパリ本来の苦味・香りをすっきりと味わえるカクテルとして人気を集めています。

柑橘系の味わいを楽しむ カンパリトニック

炭酸水の代わりにトニックウォーターを混ぜて作られるのが『カンパリトニック』です。

トニックウォーターとはイギリス生まれの炭酸飲料で、そのまま飲むと、ほろ苦さと柑橘系の甘味がします。そのため、カンパリソーダが少し苦手という人でもおいしく楽しめるカクテルとされています。

甘みが苦手な人に カンパリグレープフルーツ

「カンパリオレンジでは甘すぎる」という人に試してもらいたいのが『カンパリグレープフルーツ』です。カンパリオレンジのオレンジジュースをグレープフルーツに変えるだけなので、簡単に作ることができます。

カンパリオレンジ同様、グレープフルーツジュースにはできるだけ100%のものを使うと、よりさっぱりとしておいしくなります。

さらに生のグレープフルーツを絞ったものを使うと、より柑橘感が増して甘さをおさえられます。

カンパリオレンジ作りにおすすめ

カンパリオレンジ以外のカンパリを使ったカクテルについてまとめてきましたが、カンパリオレンジを作る際に、おすすめの材料について紹介していきます。

比較的手に入りやすいカンパリやオレンジジュースを集めたので、参考にしてみましょう。

カンパリ リキュール 1000ml

カンパリといえば1番にイメージされるのが『カンパリ リキュール 1000ml』です。1860年に誕生して以降、150年以上変わらない秘蔵のレシピによって製造されているこの商品は、世界中で愛飲され続けています。

また、アーティストとのコラボ広告を打ち出していたカンパリは、アートとの繋がりが強いお酒としても有名です。現代でもその流れは受け継がれているため、おしゃれなパッケージの商品も多数誕生しています。

  • 商品名:カンパリ リキュール 1000ml
  • 価格:1620円(税込)
  • Amazon:商品ページ

キリン トロピカーナ 100%オレンジ

100%オレンジジュースとして、あらゆるシーンで活躍しているのが『キリン トロピカーナ 100%オレンジ』です。特徴は何といっても、果汁100%である点でしょう。

オレンジの中でも甘みの強いバレンシアオレンジのみが使用されているため、フレッシュでありながらも適度な甘みを楽しめます。

ビタミンCも豊富に摂取できるため、健康に気を使いたい人にもぴったりのオレンジジュースです。

  • 商品名:キリン トロピカーナ 100%オレンジ(24本)
  • 価格:2093円(税込)※1本あたり87円(税込)
  • Amazon:商品ページ

カンパリオレンジで苦味と甘みを楽しむ

カンパリオレンジは、見た目と味、両方を兼ね備えている人気のカクテルです。カンパリ独特の苦味が好きな人から、苦手だが挑戦してみたいという人まで幅広く対応しているのも魅力的です。

カンパリオレンジで、大人の苦味をおいしく楽しんでみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME