『世界一高いコーヒー豆』はコピルアクじゃない?一杯4000円という高価格の秘密

2020.04.25

コピルアクと聞いただけでコーヒー豆のことだと分かる人は相当なコーヒー通です。ジャコウネコの糞から採取されるコピルアクは世界で一番高いコーヒー豆だと言われてきました。ところがその上をいくコーヒー豆があるそうです。世界一高いコーヒーについて調べてみました。

ネコがゾウに追い抜かされた?世界一高いコーヒー『ブラックアイボリー』

『コピルアク』は、ジャコウネコの糞から採取される希少価値の高いコーヒー豆です。普段コーヒーを飲まない方からすると聞きなれないでしょうが、コーヒー好きな人からすればその名を一度は聞いたことのある有名なコーヒー。その特殊な採集方法から希少性が高く、『世界一値段の高いコーヒー』という触れ込みで知られています。

しかし、上には上がいるとはこのこと。あまり知られていないようですが、コピルアクよりも高い値段のコーヒー豆が存在しているのです。そのコーヒー豆とは、『ブラックアイボリー』。

コピルアクはジャコウネコの糞から採取される豆ですが、このブラックアイボリーはゾウの糞から採取されています。こちらのブラックアイボリーは主にタイで製造され、1ポンド(約453g)あたり1,500ドル(約16万円)前後で取引されているそうです。コーヒー一杯あたり10gの豆を使用するとすると、1杯でなんと4,000円近くする計算になります。

ちなみにコピルアクは原産国によっても違いますが、およそ1ポンドあたり375ドル(約4万5千円)位なので、ブラックアイボリーがいかに桁違いに高いのかがわかりますね。

さしずめ俊敏なジャコウネコが巨大なゾウに追い抜かされたといったところでしょうか。

コピルアクを自分ヘのプレゼントに

ブラックアイボリーまで高価格になると、さすがにそうそう口にする機会はありません。調べてみたところ、国内で提供してくれるお店もほとんどないようです。

一方のコピルアクのほうは、まだまだ希少ではありますが、出してくれる店もちらほら見かけるようになりましたし、コーヒー豆ならコーヒー豆専門店や通販でも入手することができます。

毎日頑張っている自分へのご褒美として、コピルアクをゆっくり味わう時間をプレゼントしてみてはいかがでしょう。

世界一高くなくてもコピルアクは美味

希少なコピルアクを毎日飲んでいる人はいないと思いますが、コーヒー好きであれば一度は飲んでみたいコーヒーですね。

時にはプチ贅沢をしてコピルアクコーヒーで自分時間を楽しむ、という過ごし方もアリだと思いませんか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME