ウイスキー初心者にこそ飲んでほしい「アイリッシュウイスキー」の魅力とは。

2020.04.17

強い度数と独特な風味で何かと敬遠されがちなウイスキー。しかし一口にウイスキーといっても、中にはお酒初心者にもおすすめできる飲みやすいものも存在しています。そんな飲みやすいウイスキーの1つが「アイリッシュウイスキー」。この記事ではアイリッシュウイスキーの特徴や人気の銘柄を紹介していきます。

アイリッシュウイスキーとは

ウイスキーは何百年もの昔から世界各国で愛されてきたお酒です。その種類、銘柄は今や数えきれないほどに増え続けています。

そんな中、ジャパニーズウイスキーなどと同様に、飲みやすいウイスキーとして人気を集めているのがアイリッシュウイスキーです。ここからはそんなアイリッシュウイスキーの特徴を紹介していきます。

アイルランドのウイスキー

アイリッシュウイスキーは、ウイスキーの聖地とも言われるアイルランドで作られています。

古くからウイスキーの国として栄えてきたイギリスの中でも、アイルランドにはスコットランドと並んで独自の製法を守りながらウイスキーを製造する蒸留所が数多く点在しています。

アイリッシュウイスキーの特徴

アイリッシュウイスキーの特徴は、前述にもある通り「飲みやすさ」にあります。

その最たる理由が風味です。アイリッシュウイスキーは製造の段階でウイスキーの香り付けに使用する燃料「ピート」が焚かれず、ウイスキー特有の煙っぽい風味「スモーキーフレーバー」が薄くなっています。

また(タイプにもよりますが)一般的な蒸溜回数は3回と多めなため、よりなめらかで雑味のない味わいになります。

そのためアイリッシュウイスキーはフラットな風味に仕上がり、ウイスキー特有の甘みが前面に出たまろやかな味わいを楽しむことができるのです。

リーズナブルなアイリッシュウイスキー

アイリッシュウイスキーはリーズナブルな銘柄も多く、スタンダードなアイリッシュウイスキーを探している方が気軽に試せる銘柄が多くあります。

そこでここからは、アイリッシュウイスキーの味わいを知れるリーズナブルな銘柄という基準で、おすすめの銘柄を2つピックアップして紹介していきます。

ジェムソン

『ジェムソン』は、世界的にスタンダードなアイリッシュウイスキーとして人気を集めている銘柄です。

アイリッシュウイスキーらしく、全体的にフラットでクセのない味わい。非常になめらかな口当たりとほのかな甘みが心地よく、アイリッシュウイスキーらしさを感じるにはぴったりの仕上がりとなっています。

ハイボールのベースとして使われることも多く、バーなどではおなじみの銘柄となっています。

  • 商品名:ジェムソン スタンダード
  • 価格:1,853円
  • Amazon:商品ページ

タラモア デュー

『タラモア デュー』は、ジェムソンと並び世界中で愛されている人気銘柄です。原材料である穀物特有の香ばしさの中に、アイリッシュウイスキーらしい「わかりやすい甘み」が前面に出ています。

飲み方はストレートやロックがおすすめ。リーズナブルなノンエイジタイプもいいですが、気に入ったら『タラモア デュー 12年』などヴィンテージにも挑戦してみると、また違った表情が楽しめます。

  • 商品名:タラモア デュー
  • 価格:1,994円
  • Amazon:商品ページ

アイリッシュウイスキーの厳選銘柄

ここまではアイリッシュウイスキーの特徴や、スタンダードな銘柄を紹介してきました。しかしある程度舌の肥えた方は、よりアイリッシュウイスキーの良さを感じられる上質な味わいを楽しんでみたいはずです。

そこでここからは価格帯を無視して厳選した銘柄をピックアップして紹介していきます。

カネマラ

『カネマラ』はアイリッシュウイスキーの中で、唯一例外的に「ピート」を使用して香りづけをしている銘柄です。

ピートの効いたウイスキーといえばスコッチが思い浮かぶかもしれませんが、『カネマラ』のピート香はスコッチほど立ち上がりが早くなく、ゆったりと香り甘みを引き立てるような印象です。また余韻はさっぱりとしているため、スモーキー感が口の中に残ることはもありません。ピートを用いながらもアイリッシュウイスキーの特徴を「上手く捉えた」仕上がりと言えるでしょう。

  • 商品名:アイリッシュウイスキー カネマラ
  • 価格:4,174円
  • Amazon:商品ページ

マイルドなウイスキーを楽しもう

アイリッシュウイスキーはアイルランドでしか作ることのできないウイスキーです。ウイスキーでは一般的な「クセ」を感じさせないマイルドな仕上がりが特徴となっています。お酒を飲み始めて間もない方でも楽しめるはずです。この記事をきっかけに、マイルドかつスウィーティなウイスキーを楽しんでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME