ウイスキーの飲み方『ミスト』とは?味わいの特徴とおすすめの銘柄3選

2020.04.15

ウイスキーの楽しみ方の1つ「ウイスキー・ミスト」。ストレートやロック、水割りなど定番の飲み方に飽きた際にもおすすめです。この記事ではウイスキー・ミストの特徴や飲み方(作り方)、おすすめの銘柄についてご紹介します。

ウイスキー・ミストとは?味わいや特徴

ウイスキー・ミストとは、ウイスキーの美味しい飲み方の1つです。ロックや水割りに比べて冷えやすく、グラスに霧(ミスト)が付くことから名付けられました。ウイスキーの琥珀色が氷の中で淡く光り、見た目にも美しい飲み方です。

ウイスキー・ミストの特徴

一般的には、オールドファッションド・グラス(ロックグラス)で提供されます。氷が急速に溶けることでグラスもウイスキーもキンキンに冷えるため、暑い夏におすすめです。時間をかけて味わうよりも、氷が解け切る前に飲み干すのが定番です。使用するウイスキーは様々ですが、どんな銘柄を使用しても総称してウイスキー・ミストと呼ばれます。

香りや味わいの違い

味わいは使用するウイスキーによって異なりますが、柔らかい口当たりと涼しげな見た目、香り高さが特徴です。最初はロック、後半につれて水割りに近い味わいを楽しめる飲み方です。氷が解ける過程で度数が下がり、お酒が弱い方でもいくらか飲みやすくなります。

ウイスキー・ミストの飲み方(作り方)

簡単にできるウイスキー・ミストの作り方と飲み方をご紹介します。お好みによってアレンジを加えたり、気分で材料を追加してミントジュレップにしても美味しくいただけます。

使用する材料(ロックグラス使用/1杯分)

  • ウイスキー 60ml
  • クラッシュド・アイス 1グラス
  • レモン・ピール(皮) 1片

繊細な香りを楽しめるため、ブレンデッドモルトなど個性が穏やかな銘柄がおすすめです。クラッシュドアイスはグラス1杯分たっぷり用意しましょう。レモンピールは無くでも問題ありません。

作り方(手順)

  1. ロックグラスにクラッシュドアイスを入れる。
  2. ウイスキーを注ぎ入れる。
  3. マドラーで混ぜる。
  4. お好みでレモンピールを絞る。

簡単アレンジレシピ

より冷たい状態で飲みたい場合は、シェイカーを使ってクラッシュドアイスとウイスキーをシェイクして飲むことも出来ます。ウイスキー・ミストに、ソーダとガムシロップ、潰したミントの葉を加えるとミントジュレップというカクテルになります。さっぱりした味わいがお好みの方はこちらのカクテルもおすすめです。

ミントジュレップ

  • メーカーズマーク(プレミアムバーボン)45ml
  • ソーダ20ml
  • ガムシロップ15ml
  • ミント5g
  1. ジュレップカップにガムシロップ、ミントを入れ、スプーンで叩く。
  2. ウイスキーを注ぎ入れる。
  3. クラッシュドアイスを2~3回に分けて加え、その都度ステアする。
  4. 追加でクラッシュドアイスをたっぷり盛り、飾りのミントを載せる。

ウイスキー・ミストにおすすめの銘柄3選

ウイスキー・ミストで飲むとより美味しくいただけるウイスキーをご紹介します。

バランタイン ファイネスト40度

世界160ヶ国以上で愛されている人気のウイスキー。清らかな味わいとバニラのような甘い香りが特徴で、ミストスタイルで飲むと香りの広がりを楽しめます。 品質が良く定番の銘柄のため、ウイスキー初心者にもおすすめ。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥1,132(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

 ジョニーウォーカー レッドラベル

35種類ものお酒をブレンドしたブレンデットウイスキー。華やかでありながら重厚感のあるバランスの良い味わいを楽しめます。ミストスタイルやロックスタイルはもちろん、カクテルベースにもおすすめの一品です。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥1,135(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

シーバスリーガル 12年

ブレンデットウイスキーの中では定番の銘柄です。リッチな味わいと柔らかい余韻、りんごのようにフルーティーな香りとヘーゼルナッツのような香ばしさが特徴。まろやかで優しい味わいは、ウイスキー・ミストでいただくのにぴったり。

  • 容量:700ml
  • 参考価格:¥2,707(税込)
  • Amazon 商品ページはこちら

繊細な香りと味を楽しめるミストスタイル

ウイスキー・ミストは、ウイスキーが持つ味わいや香りなどの個性を引き立ててくれる飲み方です。キラキラと光に反射する見た目も美しく、ちょっと贅沢な気分になれますよ。自宅で手軽に作れるため、ウイスキーが好きな方はぜひ一度ミストスタイルで味わってみて下さい。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME