ブランデーで作るハイボール。フレンチハイボールの魅力とは?

2020.04.09

ウィスキーを炭酸で割る飲み方は誰もが知っている「ハイボール」ですが、同じようにブランデーを炭酸で割る飲み物を「フレンチハイボール」といいます。葡萄の香りがはじけて美味しいカクテルですが、おすすめの作り方や飲み方を詳しくご紹介していきます。

「フレンチハイボール」とは

ブランデーのハイボールは『フレンチハイボール』とよばれ、ブランデーの一種である『コニャック』をベースに作るカクテルです。ブランデーの甘く芳醇な香りが感じられ、いつも飲んでいるハイボールとはまた違った味わいが感じられます。

ハイボールとの違いは?味はどう違う?

「ウイスキーとブランデー、違いは何?」と言われるとよくわからないという人も多いのではないでしょうか?

ウイスキーとブランデーの違いはいろいろありますが、最大の違いは「原料」にあります。ウイスキーは麦や大麦・とうもろこしなどを原料にしていますが、ブランデーは葡萄などの果実を原料にしています。

そのため、『フレンチハイボール』は果実らしい甘い香りがして、フルーティな味わいに仕上がるのです。

フレンチハイボールの作り方

それではさっそくコニャックと炭酸でフレンチハイボールを作ってみましょう。コニャックの芳醇な香りが楽しめて、とても優雅な気分になりますよ。ホームパーティなどでは、お洒落で華やかなおもてなしドリンクにもなります。

基本のレシピ

まずグラスに氷をたっぷり入れましょう。次にお好きなコニャックを20mlほど注いで冷えた炭酸を注ぎます。作り方はとても簡単なので是非ためしてください。

アレンジレシピ

フレンチハイボールはアレンジも豊富です。オレンジピール、レモンスライス、ショウガスライス、リキュールなど、実に様々なアレンジがあります。

リキュールをプラス

ミントリキュールやココナッツリキュールを加えると、また新しい味わいが生まれます。リキュールにはフルーツ系、ナッツ系、ハーブ系などがあり無限大のアレンジが広がります。

フルーツをプラス

葡萄を原料として造られているコニャックはフルーツとの相性がとても良く、オレンジやレモンはもちろん、ラズベリーやクランベリーなどのベリーとも合います。

グラスに氷をたっぷり入れて冷えた炭酸で割ります。スライスしたオレンジとコニャックを入れると、たちまちお洒落で美味しいカクテルの出来上がりです。コニャックをクランベリージュースなどで割ってレモンスライスを添えたり、様々なアレンジがあります。

おすすめの等級は?

ウィスキーと同じようにブランデーも熟成年数によって以下のような等級があります。

  • スリースター
  • V.S「Very Special」(熟成年数4~7年)
  • V.S.O.P.「Very Superior Old Pale」(熟成年数7~10年)
  • ナポレオン(熟成年数12~15年)
  • X.O.「Extra Old] (熟成年数20~25年)
  • Hors dage「オール・ダジュール」(XOよりクオリテが高いもの)

フレンチハイボールはリーズナブルなブランデーでも十分に美味しく作れます。でも時にはワンランク上のコニャックで、例えば「ヘネシーV.S.O.P」や「レミーマルタンV.S.O.P.」などで飲んでみるのもおすすめです。

炭酸だけじゃない。ブランデーの飲み方

ブランデーはストレートで飲むのが基本ですが、炭酸で割ると美味しいフレンチハイボールが作れることがわかりました。炭酸で割るだけではなく、他にもまだまだ色々な飲み方があります。

水割り

他の様々な蒸留酒同様、ブランデーも自分好みの濃さで作れる水割りが定番の飲み方になります。グラスに水をたっぷりと注ぎ、ブランデーと水を1:3または1:4の比率で入れればOK。比率はお好みで調節してください。

トワイスアップ

ブランデーの芳醇な香りを楽しみたい時は、グラスに氷を入れずに、ブランデーとよく冷えたお水を1対1で割ってみてください。

この飲み方を『トワイスアップ』といい、ウイスキーの飲み方としてはよく知られた飲み方です。ストレートで飲むよりトワイスアップの方が香りが豊かに広がるともいわれています。作り方は簡単ですのでお試しください。

お湯割り

水割りも美味しいですが、寒い時に飲むお湯割りは身体がポカポカに温まりますよ。ブランデー特融の芳醇な香りが立ち込めてリラックス効果も抜群です。海外では、風邪のひき始めにホットブランデーを飲むという習慣もあるほどです。

ニコラシカ

ブランデーで簡単に作れるカクテルといえば「ニコラシカ」です。作り方は、グラスにブランデーを注ぎ、輪切りのレモンをグラスに蓋をするように乗せるだけという超簡単なカクテルです。

口の中をレモンと砂糖で整えてブランデーを飲むというスタイルで、お口の中で完成する、なんともユニークなカクテルなのです。「ニコラシカ」のように気取らずに簡単に作れるカクテルもあるのです。

サイドカー

ブランデーベースのカクテル「ニコラシカ」と並ぶポピュラーな飲み物です。香りはオレンジかフレッシュなレモンを使われます。口当たりがよく爽やかで飲みやすいので女性に大人気。

実は「サイドカー」はバーテンダーの腕が試されるカクテルともいわれています。ネーミングが覚えやすく、お洒落で美味しいカクテルなので、是非「サイドカー」をオーダーして、お味を比べてみてください。

ジャックローズ

林檎を原料として造られたブランデーの一種・カルヴァドスを使ったカクテルで、1900年代初頭にニュヨークで生まれたといわれています。美しい赤い色のロマンティックなカクテルです。ちなみに映画「タイタニック」の主人公の青年と恋人の名前から付けられたカクテルという説もあります。レシピは以下の通りです。

色々な飲み方をお楽しみください

ブランデーとソーダで作る「フレンチハイボール」は、コニャックの葡萄の風味が感じられて爽やかで美味しいカクテルです。ウイスキーで作るハイボールも美味しいですが、ちょっとお洒落に優雅な時を楽しみたいときは是非「フレンチハイボール」をお試しください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME