コーヒー用マグカップを選ぶなら『保温性』を重視!容量別のおすすめ紹介

2020.03.18

仕事や外出先、アウトドアなど、さまざまなシーンでコーヒーを楽しむには、保温性のあるマグカップがおすすめです。マグカップ選びのポイントや、おすすめ商品を紹介するので、参考にしてお気に入りを選びましょう。

保温性が高いマグカップ選びのポイント

マグカップを保温性で選ぶにはポイントがあります。紹介するポイントを押さえれば、快適で使いやすい商品選びが可能です。より充実したコーヒータイムのために、ぴったりのものを選びましょう。

マグカップの素材や機能性をチェック

保温性を基準に選ぶなら、素材や機能性はまず確認すべきポイントです。

例えば、ステンレス真空二重構造は、魔法びんと同じ仕組みで温度をキープするので、長時間、温かいものを温かく、冷たいものを冷たく保つのに役立ちます。

同じ耐熱ガラスでも、二重構造になっているものの方が温度を維持しやすくなります。二重構造は中に空気の層ができることで、中身が冷めたりぬるくなったりしにくくするのです。

また、温かさは上へ逃げていく性質があるので、蓋付きだと、さらに冷えにくくなるでしょう。

加えて保温性を重視するなら容量もポイントです。小さめよりも大きめのものの方が冷えにくくなるので、容量300ml以上をおすすめします。

倒れにくいデザインを選ぶ

コーヒーが入ったマグカップの転倒は避けたいものです。特にパソコンや書類のあるオフィスのデスクに置くなら、倒れにくく安定していることが重要でしょう。

ある程度の重さがある・寸胴型か底が広くなっていて安定感がある・底が滑りにくい素材でできている、といったものがおすすめです。

逆に、軽くて、底に向かって幅が狭まっているような華奢なデザインのものは、ちょっとぶつけただけでも倒れてしまいます。

倒れにくければ、仕事中でも安心して使えるでしょう。

手入れが楽な構造か

毎日コーヒーを飲むなら、マグカップも当然毎日使います。そのため、簡単にお手入れできる商品であることも大切です。丸洗いできるものなら、常に清潔を保てます。

また、食洗機が使えれば、他の食器と同じように洗浄も可能です。手洗いの場合、できるだけ構造がシンプルな方が洗いやすくおすすめです。蓋に凹凸がないものや角がないものだと、汚れを落としやすいでしょう。

カフェに最適な1杯サイズのマグカップ

小さめサイズのマグカップは、コーヒーカップ1杯分にちょうどよいサイズです。そのため、カフェに持参する『マイマグ』としても活躍します。

マイマグで割引制度のあるカフェもあるので、持参してお得にコーヒーを飲みましょう。

STANLEY 真空マグ 230ml

飲み切りサイズの『STANLEY 真空マグ』は、温度を保ちやすいのはもちろん、密閉性もあります。そのため、バッグにいれて持ち歩くことも可能です。カフェやコンビニでコーヒーをマイマグに入れてから出社、という使い方もできるでしょう。

デスクで仕事中に、休日に出かけた公園のベンチで、キャンプやピクニックなどアウトドアで、さまざまなシーンで活躍します。

  • 商品名:STANLEY 真空マグ 230ml
  • 価格:2700円(税込)
  • Amazon:商品ページ

アスベル 真空断熱マグカップ 330ml

コーヒーを直接ドリップできる『アスベル 真空断熱マグカップ』は、真空断熱構造と蓋で、淹れたての温度をそのままキープできます。

もちろんアイスコーヒーの温度を最適にキープすることも可能です。結露もしにくいので、デスクが濡れる心配もありません。

蓋はスライド式で開けられるため、開閉の手間は最小限です。片手で開け閉めできるので、パソコン操作をしながらでもすぐにコーヒーを飲めます。

  • 商品名:アスベル 真空断熱マグカップ 330ml
  • 価格:1455円(税込)
  • Amazon:商品ページ

サーモス 保温マグカップ 350ml

魔法びんと聞いて浮かぶメーカーの1つが『サーモス』です。そんなサーモスの『保温マグカップ』は、温度を長時間保ちます。できるだけ長く温かいまま、冷たいまま飲み物を楽しみたいという人におすすめです。

真空断熱構造に加え、蓋も付いているので上から熱が逃げていくのを防ぎます。さらに外側は熱くならないため、持ちやすいでしょう。本体部分は食洗機でも洗えるので、他の食器と一緒に洗い、清潔を保てます。

  • 商品名:サーモス 保温マグカップ 350ml
  • 価格:1552円(税込)
  • Amazon:商品ページ

たっぷり飲める大容量サイズ

1度にたくさんコーヒーを淹れるなら、大容量のマグカップを選びましょう。温度を長時間キープできる商品の場合、保温・保冷で最後まで楽しめます。

ONEISALL マグカップ 蓋付きマグ 450ml

ころんと丸みのあるフォルムが特徴の『ONEISALL マグカップ 蓋付きマグ』は、クラシックなデザインが魅力です。

真空断熱構造で保温保冷ができることはもちろん、450mlの大容量で、『仕事をしているときは常にコーヒーが手元に欲しい』『いちいちコーヒーを淹れにいくのが面倒』という人にぴったりです。

密閉性はないので持ち運びには向いていませんが、移動が少ないときには、ぴったりでしょう。

  • 商品名:ONEISALL マグカップ 蓋付きマグ 450ml
  • 価格:2799円(税込)
  • Amazon:商品ページ

マイティーマグ 470ml

『マイティーマグ』は、「NEVER SPILL AGAIN(もうこぼさない)」をテーマとした、アメリカ生まれのマグカップです。

底に吸盤が付いていて、デスクやテーブルにぴったりとくっつきますが、飲むときには、取っ手を持ち上げるとロックが自動的に解除される仕組みです。温度のキープはもちろん、電子レンジで温め直すことも可能です。

黒やレッドのほか、さまざまなカラーバリエーションがあります。

  • 商品名:マイティーマグ 470ml
  • 価格:3765円(税込)
  • Amazon:商品ページ

マグカップで快適なコーヒータイムを

コーヒーを飲むときには、マグカップがおすすめです。特に、温度が保てるものなら、仕事や勉強をしながら飲むのにも向いています。

蓋付きで密閉性があれば、アウトドアシーンでも活躍するでしょう。マグカップは、さまざまなシーンで役立つのです。

高い保温性のある商品を参考に、自分のスタイルに合ったものを選びましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME