大人の男なら知っておきたい!腕時計の『自動巻き』の仕組みとは。

2020.03.26

機械式時計には、ゼンマイの巻き方の違いにより自動巻き式、手巻き式の2つの種類があります。使用頻度や回数によっては、自動巻き式の方が便利に使えます。手巻き式との違いを知り、最適な機械式時計を選びましょう。

機械式時計の特徴

電池で動くクオーツ式時計に対し、機械式はゼンマイを巻くことで動く時計です。機械式時計には、その他にも以下の特徴があります。

機械式時計は2種類ある

電池が必要ない機械式時計を動かすためには、ゼンマイを巻く必要があります。このゼンマイの巻き方によって、機械式時計は2種類に分かれます。

一つは、自分で時計のゼンマイを巻く『手巻き式』、もう一つは自動的にゼンマイを巻き上げられる『自動巻き式』です。

一流ブランドの多くが機械式時計を採用

時計は、数多くのメーカーが多数のモデルを販売しており、安価で購入できる時計から、超高級ブランドのモデルまで、その選択肢は膨大です。

一流ブランドが販売する時計は、実はほとんどが機械式を採用しています。そのため、機械式時計の方がステータスが高い、と見る向きもあります。

自動巻き式時計の特徴

自動巻き式時計は、自分の手でゼンマイを巻く必要がない時計ですが、使用方法によっては『利便性を感じにくい』ことがあります。

そのため、自動巻き式時計を使用したい場合は、仕組みやメリット・デメリットをしっかり把握しておくことをおすすめします。

自動巻き式の仕組み

自動巻き式時計には、ローターが内蔵された自動巻き機構が採用されています。このローターは、時計を『身につけて動かすことによって回転』し、その動力を歯車などに伝えてゼンマイを回す仕組みとなっています。

そもそも機械式時計には、ゼンマイを巻くためのパーツである『リューズ』がケース側面に取り付けられています。機械式である自動巻き式時計にもリューズがあるので、手動でゼンマイを巻くことも可能です。

メリット・デメリット

自動巻き式時計の最大のメリットは、ゼンマイを『自分で回す必要がない』という点でしょう。手巻き式は、ゼンマイの巻きが足りなくなってくると、時刻に狂いやズレが生じることがあります。

しかし、自動巻き式なら身につけているだけでゼンマイを巻いた状態にしておけるので、より正確な時刻を表示できます。

デメリットは、『腕に装着している時間が少ないとゼンマイを十分に巻けない』点です。毎日使用していれば問題はありませんが、週に数日しか使わない、という場合はすぐに時計が止まってしまいます。

また、自動巻き機構が内蔵されている分パーツの数も増えるため、手巻き式時計よりもサイズが大きく、厚みがあるデザインになる点もデメリットです。パーツの数が多いことから、『修理費用が高くなる』こともあります。

ローターが内蔵されている自動巻き式は、衝撃にも弱いデメリットがあります。日常生活での腕の動作程度では問題ありませんが、過度に強い衝撃を与えたり、腕を振ったりするとローターが回りすぎてしまい、故障の原因になることがあります。

毎日使いたい人は自動巻きが最適

機械式時計を毎日身につけることを前提としているなら、自動巻き式時計はゼンマイを回す手間が必要なく、快適に使えるでしょう。

反対に、身につける時間が少ない人は、自動的に巻く時間も減ってしまうため、自動巻き式の利便性を感じるのは難しいかもしれません。

手巻き式時計の特徴

続いて、機械式時計のもう一つの種類である手巻き式時計の特徴とメリット・デメリットをまとめました。

手巻き式の仕組み

先述のように、手巻き式時計は手動でゼンマイを回すことによって動かします。

ゼンマイを巻き上げると、元に戻ろうとする力が動力となり、内部の歯車が回転します。この歯車により、時計が動く仕組みです。

メリット・デメリット

自動巻き式ほど多くのパーツを必要としない手巻き式は、『時計を薄くできる』メリットがあります。デザインにこだわる人なら、手巻き式の方がより多くのバリエーションから時計を選べるでしょう。

そして、ローターを使用してない構造なので、自動巻き式と比較すると衝撃に強いのも特徴です。

とは言え、機械式時計は基本的にクオーツ式よりも衝撃には弱いものなので、手巻き式でも『過度な衝撃を与えない』ように気をつけるべきです。

手巻き式のデメリットは、『ゼンマイを定期的に巻く必要がある』点です。巻くのを忘れると時計が止まってしまううえ、ゼンマイの巻きがほどけていくに従って時間の精度が落ちることがあるため、自動巻き式よりも精度の面で劣ると言えます。

究極の嗜好性を目指すなら

すでに紹介したように、高級時計ブランドの多くは機械式時計を採用しているところがほとんどです。その理由には、時計そのものの美しさも挙げられます。

多数のパーツを使って組み立てられた複雑な内部構造は美しく、高級ブランドではすべてを高度な職人の技術により手作業で組み立てられたものもあります。中には、資産価値が非常に高いモデルの時計も存在しているほどです。

そのため、機械式時計はクオーツ式よりも高いステータスを持ち、身につけているだけでその人の『品格を上げる』役割を果たしてくれることもあるでしょう。

自動巻き式時計をかっこよく身につけよう

自動巻き式時計は、サイズが大きくなりがちではありますが、見た目の美しさやステータスの高さが魅力です。毎日愛用できる、自分に合った時計を探してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME