インスタントコーヒーだと侮るなかれ!ちょっとの手間で格段に美味しく淹れるコツ

2020.03.04

インスタントコーヒーは、コーヒーが飲みたいと思ったときにすぐに飲めるので、忙しい朝などにも助かります。しかし、少し物足りないと感じるときもあるのではないでしょうか。この記事では、ちょっとした工夫でおいしくなるインスタントコーヒーの魅力にせまります。

インスタントコーヒーの入れ方のコツは?

インスタントコーヒーは手軽ですが、豆から挽いたものやカフェの味には叶わず、物足りなさを感じることもあるかもしれません。実はインスタントコーヒーでもちょっとした工夫でより一層おいしいコーヒーを楽しむことができます。コツは特になく、誰でもできるのでぜひトライしてみてください。

お湯の温度に気をつけよう

アツアツのコーヒーが好きだからといって、お湯が沸いたらすぐにインスタントコーヒーに注いでいませんか?インスタントコーヒーは80~90℃のお湯で入れるのがポイントです。熱すぎると苦味成分が多くなってしまいます。苦くて熱いコーヒーが好みの人もいるかもしれませんが、まろやかな口当たりで香りが一緒に楽しめる80~90℃で入れてみましょう。

ちょっとだけ手間をかけるとおいしくなる

インスタントコーヒーにお湯を入れる前に少量の水で練ると、お湯を注いだときにしっかりと溶けるので、雑味のないまろやかなコーヒーができあがります。

また、苦味は嫌だけど熱いコーヒーが飲みたいという人は、80~90℃のお湯で入れたあとに、電子レンジで30秒~1分ほど温めると、苦味と酸味が抑えられた熱いコーヒーが楽しめます。

ほかにも、エスプレッソや深煎りのコーヒーが好きな人は、フッ素樹脂加工のフライパンを使ってインスタントコーヒーを煎るのがおすすめ。少し色が変わってきたかな?くらいがちょうどいいです。

安くて美味しいおすすめインスタントコーヒー

たくさんコーヒーを飲む人は、コスパなコーヒーやできれば安くたくさん手に入れたいですよね。安いだけじゃない!美味しいインスタントコーヒーをご紹介します。

定番のネスカフェ

インスタントといえばネスカフェのゴールドブレンド。50年以上愛される定番商品です。苦味やコクをもっと楽しみたいという人はコク深めのゴールドブレンドもおすすめです。後味すっきりで飲みやすいのに、価格も手ごろなのがうれしいですね。

  • 商品名:ネスレ ネスカフェ ゴールドブレンド インスタントコーヒー
  • 参考価格:975円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

スティックタイプならブレンディ

ペットボトルや水筒などでコーヒーを持ち歩く人もいますが、意外とバッグが重たくなります。しかしインスタントコーヒーをビンや缶を持ち歩くのはかさばりますよね。そんなときに便利なのがスティックタイプ。職場でコーヒーが飲みたいというときもデスクに忍ばせておけば好きなときに飲めます。ブレンディはコーヒーの他にカフェオレや紅茶オレ、ココアオレなど種類が豊富です。ホットでもアイスでも楽しめます。

  • 商品名:ブレンディ パーソナルインスタントコーヒー スティック
  • 参考価格:1,382円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

インスタントコーヒーはギフトにもおすすめ

インスタントコーヒーはギフトにも人気です。自分へのご褒美のもぴったりの少し豪華なインスタントコーヒーを見てみましょう。

マキシムのちょっと贅沢シリーズが人気

ブラジル産の最上級グレードのコーヒー豆を使った、マキシムのちょっと贅沢シリーズは、その名のとおり上品な香りと深いコクが楽しめるインスタントコーヒーです。香りや風味を保つために、冷凍したままコーヒーを真空状態で乾燥させるフリーズドライ製法なのもうれしいポイントですね。

  • 商品名:AGF プレミアム インスタントコーヒーギフト
  • 参考価格:3,110円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

ギフトなら自分では買わない高級コーヒーを

ギフトは普段自分でほしくても、贅沢だからと諦めているものがもらえたらうれしいですよね。おすすめはスターバックスのおしゃれな缶に入ったギフト。スタバのマグカップやタンブラーと一緒にプレゼントしてもいいですね。

  • 商品名:STARBUCKS スターバックス VIA コーヒーエッセンス ギフト
  • 参考価格:2,376円(税込)
  • 楽天 商品ページはこちら

インスタントコーヒーはあなどれない

インスタントコーヒーは簡単に作れて味も裏切りません。ただお湯を注いだだけでは少し物足りないなと思っている人は、インスタントコーヒーの入れ方を見直し、ちょっとだけ工夫してみてくださいね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME